• はてぶ
  • あとで
東京メトロで絶景ツアーに出かけよう。東京都内の“史上最安”で見られる絶景9選

東京メトロ「TOKYO METRO 90 Days FES!スタンプラリー」のスペシャル企画として実施されている、東京メトロ沿線の絶景を紹介する「史上最安の絶景ツアー」。東京であることを忘れるほど美しい、知られざる東京の絶景が紹介されているんです。今回は、その9つの絶景たちをご紹介。“史上最安”で美しい絶景を見に行きませんか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

東京メトロで行ける「史上最安の絶景ツアー」とは

1927年12月30日(金)に東洋初の地下鉄として上野駅~浅草駅間が開通してから90周年を迎える東京メトロ。そんな東京メトロでは、そんな90周年を記念したイベント「TOKYO METRO 90 Days FES!スタンプラリー」が開催されています。
そんな「TOKYO METRO 90 Days FES!スタンプラリー」のスペシャル企画として、2017年12月19日(火)より、東京メトロ沿線の絶景を巡る「史上最安の絶景ツアー」があるのを知っていますか?今回はその中で紹介されている、東京メトロで最安170円で行ける9つの絶景スポットをご紹介しちゃいます。(※東京メトロに乗車し、移動の際にかかる金額が170~310円の範囲で選定)

①荒川河川敷/北千住駅など

丸ノ内線 東京駅から200円

1つ目にご紹介するのは、北千住駅から徒歩15分の千住新橋などから見られる「荒川河川敷」の絶景です。注目してほしいのは、日本最大の川幅を誇る荒川が作り出す広い空。天気がいい日の夕方、水面にキラキラと夕陽が映し出され、空も水面も空間全体が真っ赤に染まる瞬間が、とっても幻想的なんです。
河川敷で走る人々、野球やサッカーを楽しむ子どもたち、風にそよそよとなびくススキや雑草たち。ごく当たり前だけどなぜか暖かい…そんな光景とともに、都会の喧騒から離れた夕方マジックアワーはいかがでしょうか。

詳細情報

東京都葛飾区小菅1

3.01 219

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②カトリック麹町聖イグナチオ教会/四ツ谷駅

日比谷線 六本木駅から170円

2つ目にご紹介するのは、四ツ谷駅より徒歩1分の所にある「カトリック麹町聖イグナチオ教会」。螺旋階段の壁にそってはめられた7枚のステンドグラスが美しいですよね。最後の晩餐や磔刑の場面など、イエスの一生を描かれた光の世界が堪能できるんです。まるで海外にワープしたかのようですよね。
時間帯によって変わる光の差し込み方や色の柔らかさ、その圧倒的な美しさは人々を魅了します。どんな天候の日でも綺麗ですが、晴れた日に見るのがおすすめです。聖イグナチオ教会には、この7枚の他にも主聖堂など様々なところにステンドグラスがあるんです。実は1枚1枚すべてにストーリーがある光の世界、その美しさは東京随一ですよ。

詳細情報

東京都千代田区麹町6-5-1

3.25 239

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③旧岩崎邸庭園/湯島駅

銀座線・半蔵門線・副都心線 渋谷駅から200円

3つ目にご紹介するのは、湯島駅より徒歩3分の所にある「旧岩崎邸庭園」です。坂道を上った先に突如として現れる洋館は、鹿鳴館などを手がけたジョサイア・コンドルの設計により、1896年岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として建てられたものです。
館内には、17世紀の英国ジャコビアン様式の見事な装飾、英国・ルネサンス様式やイスラム風のモティーフなどが採り入れられたモダンさが随所に見られ、横に併置された和館との巧みなバランスは、世界の住宅史においても希有の建築と評されているのだそう。100年以上たってもなお変わらない優雅さがそこにあります。

詳細情報

④新宿御苑/新宿御苑前駅

丸ノ内線 東京駅から200円

4つ目にご紹介するのは、新宿御苑前駅より徒歩5分の「新宿御苑」です。御苑の特徴は、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園、日本庭園をたくみに組み合わせた庭園と御苑内に広がる約1万本の樹々たち。その庭園は日本における近代西洋庭園の名園と呼ばれ、木々たちがそれを力強く彩ります。
整備された庭園、鬱蒼と茂る森、並木道。ここが都会の真ん中であることを思わず忘れてしまうほどの、広さ58.3ha、周囲3.5kmの広大さにきっと驚くはずです。春はお花見、秋は紅葉散策におすすめですよ。

詳細情報

⑤東京カテドラル聖マリア大聖堂/江戸川橋駅

丸ノ内線 東京駅から170円

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する