• はてぶ
  • あとで
中世へとタイムスリップ!古都プラハのおすすめ観光スポット15選

「百塔の街」の異名を持つ、チェコ共和国の首都プラハ。中世からの戦禍、ナチスドイツの支配、プラハの春と激動の時代を繰り返しながらも破壊されずに残った千年の都プラハには、世界の人々を魅了するおすすめ観光スポットが数多く存在します。オレンジ色の屋根に統一された家々、その家と家の間を縫う石畳の小路、軒を連ねる小さな雑貨店や地元民に愛されるパブ・・・。街を歩くだけでワクワクする古都プラハの魅力がギュッとつまった観光スポット15選を自信をもっておすすめします!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①プラハ城/フラッチャニ地区

おとぎの国に来たような街並みにあって,このプラハ城に入ると厳粛な中世の世界に変わります。

出典:www.tripadvisor.jp
9世紀頃に創建され何世紀にも渡って増建築を繰り返されたプラハ城には、ロマネスク様式やゴシック様式など様々な建築様式の建物が立っていて、美しい景観をなしています。
護衛兵の交代式で人気を集める巨人の門をはじめ、城内には多くの美しい庭園に、教会、宮殿、旧王宮など見るべき定番スポットがたくさん。特に、カラフルな家が並ぶ黄金小路に聖ヴィート大聖堂は城を訪れたのなら必見です。
ツアーを上手に利用して、ぜひ旧王宮内や大聖堂内を見てまわってください。
「千年の都」と呼ばれる街を見守り続けたプラハ城。長い歴史を感じられる場所です。
【施設名】プラハ城
【チェコ名】Prazsky hrad
【アクセス】地下鉄AラインMalostranská(マロストランスカー)駅から徒歩15分、またはトラム22番Pražský hrad下車徒歩2分
【営業時間】4~10月 5:00~24:00、11~3月 6:00~23:00
      ※上記は敷地の時間。ほか各施設により異なる。
【ツアー】
コースA 聖ヴィート大聖堂・旧王宮・プラハ城についての展示・聖イジー教会・黄金小路・ダリボルカ・火薬塔・ロジュンベルク宮殿/大人 350コルナ 子ども・学生 175コルナ
コースB 聖ヴィート大聖堂・旧王宮・聖イジー教会・黄金小路・ダリボルカ/大人 250コルナ 子ども・学生 125コルナ
コースC 聖ヴィート大聖堂の宝物展・王宮美術館/大人 350コルナ 子ども・学生 175コルナ
※撮影可。しかし一部撮影不可、もしくは料金支払い。
※一部フラッシュ、三脚使用禁止。

②聖ヴィート大聖堂/プラハ城内

もちろん建物内も圧巻。
ステンドグラスを通った光が七色に空間を照らしているのです。

出典:www.tour.ne.jp

チェコの美術家、アルフォンス・ミュシャは作成したステンドグラスをはじめ、様々なステンドグラスが大聖堂内を彩っています。その景観は息を飲むほどの美しさ。

プラハ城内にそびえ立つ聖ヴィート大聖堂。巨人の門から入り、第1・第2中庭を抜けると突然視界に巨大な大聖堂が現れます。表の扉をはじめ、至る所に壮麗な彫刻が施されています。
威厳に満ちた内部は、全長124M、高さ33Mもあり、外部同様豪華な彫刻と極彩色のステンドグラスが神秘的な美しさを醸し出していて、19もの礼拝堂が立ち並んでいます。
中に入るのには料金を支払わなければいけませんが、世界の観光客を惹きつける観光スポットです。
ツアーもあるので、じっくり説明を聞きたい方は申し込むのをおすすめします。
【施設名】聖ヴィート大聖堂(プラハ城内)
【チェコ名】Katedrála svatého Víta
【アクセス】地下鉄AラインMalostranská(マロストランスカー)駅から徒歩15分
または、トラム22番Pražský hrad駅下車徒歩2分
【営業時間】9:00~17:00(11~3月は9~16時迄。全ての期間日曜日は12時~)

③カレル橋/旧市街&マラーストラナ

神聖ローマ皇帝が創り上げた美しき帝都

出典:www.hankyu-travel.com
ゆったりとプラハ市内を流れるヴルタヴァ川にかかるカレル橋はプラハのシンボル的存在です。
ゴシック様式の橋の上には30組の彫像が並んでいて、野外の美術館とも呼ばれています。日本にもゆかりのある、フランシスコ・ザビエルの彫像もあります。
また、チェコで人気のある歴史上の人物の一人、ヤン・ネポンツキーの彫像もあり、その下のレリーフに触れると幸せが訪れるという伝説があります。そこには毎日観光客の長蛇の列があるので、幸せを手に入れたい方は根気よく並んで待ってみてください。
彫刻群も必見ですが、路上で演奏している音楽隊、手作りのアクセサリーや雑貨を売っている露店など楽しみどころ満点です。
昼間は多くの人で賑わっていますが、早朝は人があまりいません。早起きして静寂の中のカレル橋を散歩してみるのも素敵です。

チェコはヨーロッパの中では治安がいいほうですが、カレル橋の上では観光客を狙ったスリ事件が多いので、手持ちのバッグ等には気を付けてください。
【名前】カレル橋
【チェコ名】Karlův most
【英語名】Charles Bridge
【アクセス】
・旧市街側―地下鉄メトロAラインStaromestska(スタロムニェストスカー)駅から徒歩5分。
またはトラム17番か18番で同名停留所下車、徒歩5分。
・マラー・ストラナ側―トラム12,20,22,23番でMalostranske namesti(マロストランスケー・
ナームニェスティー)駅下車、Mostecka(モステツカー)通りを抜けて徒歩3分。

④旧市街広場/旧市街地区

朝の空気も、大道芸も盛り上がっている昼の賑わいも、夕方のオレンジに染まる美しさに、夜にライトアップされたまた別の色合いも、全部が素敵です!

出典:www.tripadvisor.jp

ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロック、ロココ…といった異なる建築様式の建物が見事なハーモニーを奏でている奇跡的な広場

出典:www.ab-road.net
多くの観光客で賑わう旧市街広場は、多くのレストラン、お土産屋、カフェが立ち並び、大道芸人が道行く人々を楽しませています。ボヘミアングラスの店、可愛いチェコ雑貨が並ぶショーウィンドウにお買い物の誘惑に勝てなくなります。特に東欧雑貨が大好きな人には、予算がいくらあっても足りなくなってしまうでしょう。
歩き疲れたら、オープンテラスの席でコーヒーやチェコビールを味わいながら、建築美に身をゆだねてみるのもプラハでの旅の醍醐味。

一年中いつ行っても楽しい旧市街広場、しかしクリスマスシーズンに行くこともおすすめします。理由は一つ、クリスマスマーケットがあるからです!広場中がイルミネーションで彩られ、広場にクリスマス市が行われる風景は日本では味わえないもの。寒空の下で飲むホットワインは格別です。
【名前】旧市街広場
【チェコ名】 Staromestske namesti
【英語名】Old Town Square
【アクセス】地下鉄メトロAラインStaromestska(スタロムニェストスカー)駅から徒歩3分。

⑤天文時計/旧市街広場内

毎正午に動き出す天文時計。多くの観光客がそれを見ようと早くから場所を陣取ります。どんなからくりがあるのか、わくわくしながら待つのも楽しみの一つです。

毎正午に動き出す天文時計。多くの観光客がそれを見ようと早くから場所を陣取ります。どんなからくりがあるのか、わくわくしながら待つのも楽しみの一つです。

プラハの天文時計は、世界の他のどの機械仕掛けにも見られない使徒の行列や彫像の移動、それに時間の表示などで人々を魅了し続けているのです。

出典:www.czechtourism.com

からくりが終わると音楽とともに鐘の音がプラハの街に響き渡って、なんとも素敵な気分を味わえます。

出典:www.tripadvisor.jp
美しい青が基調の天文時計は15世紀から時を刻み続けています。
文字盤は、古代ボヘミア時間、現代時間、黄道12宮と太陽と月の動きを表わしています。
1時間に1度、毎正時に「キリスト12使徒の行進」が時計台で始まり、そのからくりを一目見ようと20分前から時計台の周りには観光客が群をなしています。
ぜひ一番前を陣取って、美しい時計台が織りなす1時間に1度の人形仕掛けをご覧ください。
【名前】天文時計(旧市街広場内)
【チェコ名】 Pražský orloj
【英語名】Prague Orloj、またはPrague astronomical clock
【アクセス】地下鉄メトロAラインStaromestska(スタロムニェストスカー)駅から徒歩3分。

⑥ティーン教会/旧市街広場内

二本の塔が観光客の目をひくティーン教会は、旧市街広場の東に位置します。様々な時代の建築様式の建物が集まる広場で、見事な調和を生み出しています。

二本の塔が観光客の目をひくティーン教会は、旧市街広場の東に位置します。様々な時代の建築様式の建物が集まる広場で、見事な調和を生み出しています。

昼に見るティーン教会も黒い尖塔が荘厳な雰囲気なのですが、夜になると白色光に照らされてカッコよさ100倍。

出典:www.tripadvisor.jp
ティーン教会は実は通称、正式名所は「ティーン聖母教会」といいます。正面から見ると2つの鐘楼があるのが確認できます。その2つの鐘楼の間にあるティンパヌムに名前のとおり「聖母マリア像」が置かれています。
ティーン教会の井出立ちは堂々として古い歴史を感じさせる一方、おとぎ話に出てくるような印象も同時に持ち合わせています。
教会内部にも金箔で仕上げられた祭壇があり、多くの歴史的作品も見ることができます。
ただ、入口は正面に設置されておらず、わかりづらい場所にあるので、しっかり下調べをしてから訪れてみてください。
【名前】ティーン聖母教会
【チェコ名】 Kostel Panny Marie pred Tynem
【営業時間】10:00~13:00、15:00~17:00 ※日曜日: 10:30~12:00
【定休日】月曜日
【アクセス】地下鉄メトロAラインStaromestska(スタロムニェストスカー)駅から徒歩3分。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する