• はてぶ
  • あとで
ローカルがオススメする!女子の“好き”が詰まった街サンフランシスコを巡る3泊5日プランはこれだ

みなさんはアメリカの西海岸といえばどこを思い浮かべますか。今、トレンドの発信地としても注目され、オシャレカフェや美しい街並みなど見所がたくさん詰まったサンフランシスコは、ぜひ訪れたい観光地の一つです。今回は、カリフォルニア元居住者の筆者がサンフランシスコ出身の友人からオススメされて旅した3泊5日プランをご紹介します。今後の旅行の参考にして下さいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

サンフランシスコ

サンフランシスコは、旅行のリピーターが多いカリフォルニアの街として知られています!なぜなら、可愛らしいケーブルカーが街を走り、美しいビクトリアンハウスや活気に満ち溢れたフィッシャーマンズワーフ等、テイストの異なる見所がつまった街なんです。まさに、街自体が一つのテーマパークのような場所とも言われています!今回はそんなサンフランシスコの定番からローカルおすすめの穴場までを巡る旅行プランをお伝えします。

『1日目午後』Alamo Square(アラモスクエア )

サンフランシスコは日本から直行便で最短9時間10分で到着することができます。
サンフランシスコの3泊5日プランでまず最初に訪たいのは、アラモスクエア Alamo Squareです。美しいサンフランシスコ名物ビクトリア建築が有名なエリアであの有名な「フルハウス」の舞台になったことでも知られていますよ。
隙間なく並ぶビクトリア様式の住宅から見えるダウンタウンの風景は、ここでしか楽しめないコントラストで訪れる多くの人を魅了すると評判です。広場では、読書する人、昼寝する人、コーヒーを飲む人々が思い思いの時を過ごしていますよ。

803 Fillmore St, San Francisco, CA , USA

写真を投稿する
3.02 00

『1日目午後』The Mill

サンフランシスコ3泊5日プランで、美しい街並みを堪能した後は、アラモスクエアから程近いThe Millに向かいましょう。こちらのカフェには、製粉機とパンを焼くオーブンがあり、ベーカリーが併設されているんです。
こちらのカフェは、地元の人に愛されているとっても素敵な雰囲気のカフェです。ゆったりとした時間が流れる店内で、美味しいコーヒーやパン、ピザを楽しんでみてはいかがでしょうか。

736 Divisadero St, San Francisco CA 94117-1504

写真を投稿する
3.05 00

『2日目午前』Mr HOLMES BAKE HOUSE

2日目の最初に訪れたいのは、Mr HOLMES BAKE HOUSEです。こちらでぜひゲットしたいのは、クロワッサンのサクサク感とマフィンのしっとり感を楽しめるハイブリッドスイーツ「クロフィン」です。こちらのお店はとても混み合うので、午前中に訪れて、ぜひ人気のクロフィンをいただいてみてはいかがでしょうか。
こちらのお店は、クロフィン以外にも絶品ベーカリーが数種類あるので、選ぶ楽しみもありますよ。

1042 Larkin St, San Francisco, CA

3.44 112

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

『2日目午前』Lombard Street(ロンバート ストリート )

次に訪れたいのは、Lombard Street(ロンバート ストリート )です。こちらの道は「世界一曲がりくねった坂道」と言われています。坂の隣に歩行者用の道も併設されているので、横からゆっくりと道路を見ることもできますよ。
こちらは特に色鮮やかな紫陽花がたのしめる季節がおすすめです。また、この道路の上はケーブルカーが走っていて、サンフランシスコらしい景観を一度に2つ楽しむことができるエリアでもあります。

1305 Lombard St, San Francisco, CA , USA

写真を投稿する
3.02 00

『2日目午後』Alcatraz Island(アルカトラズ島 )

次に向かいたいのは、サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島です。アルカトラズ島には、悪名高い旧刑務所の跡地があり、有名なハリウッド映画の舞台になったことでも知られています。こちらは、毎年100万人以上が訪れる有名スポットでもあります。
島はツアーに参加しないと入れないので、ウェブサイトなどからチケットを事前に手配することをおすすめします。こちらの島は、早い流れと冷たい水温の海に囲まれていて、脱獄不可能であると言われていたらしく、そのような島の環境や当時の様子をツアーでたっぷり知ることができますよ。

『2日目午後』Pier 39(ピア39 )

アルカトラズ島 を楽しんだ後は、おみやげ物やレストランも迷ってしまうほどたくさんあるピア39に向かいます。こちらはサンフランシスコの数ある観光地の中でも最も人気のある観光地の1つです。ショッピング以外にも、野生のアシカや大道芸などエンターテイメントもたくさん詰まったエリアです!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Miketrip今まで行った旅行先を中心にご紹介します。コーヒーと青い海が好きです。

このまとめ記事に関して報告する