• はてぶ
  • あとで
空ってここまで鮮やかになるの。アンコール遺跡のサンライズ・サンセットポイント6選

カンボジアといえば、アンコールワットなどの遺跡巡りをまず想像する方が多いと思います。もちろんシェムリアップの観光は、遺跡巡りがメインなのですが、忘れてはいけないのが「サンライズ鑑賞」と「サンセット鑑賞」です。アンコール・ワットで、太陽が昇る前からスタンバイして美しい朝焼けを見るのは非常に有名ですが、他にも朝焼けがきれいに映る池や、遺跡からサンセットを眺められるスポットがあります。そこで、シェムリアップ近辺のおすすめのサンライズ・サンセットポイントを6つご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.アンコール・ワット

photo by travelvibes
1つ目にご紹介するのは、「アンコール・ワット(Angkor Wat)」です。アンコール・ワットの朝焼けは世界的にも非常に有名なため、早朝5時頃から多くの人が集まります。様々なポイントから見ることができますが、一番のおすすめは、遺跡に向かって左側にある聖池の後ろから眺めることです。
風がなければ、池に遺跡のシルエットが反射し、”逆さアンコールワット”を見られます。また、朝焼けが池を照らし鮮やかな色に変化する姿も息をのむほど美しいです。両サイドに立っているヤシの木は、写真映えするシルエットを演出しているので、少し広角に写真を撮ってみるのもおすすめです。

詳細情報

2.プノン・バケン

photo by travelvibes
2つ目にご紹介するのは、「プノン・バケン(Phnom Bakheng)」です。ここは、サンセットの観光名所とされています。丘を登ると、360度のパノラマで、ジャングルに埋もれる「アンコール・ワット」や、シェムリアップの街を見渡すことができます。
photo by travelvibes
「プノン・バケン」は、アンコール遺跡群の中で最も高い位置から夕日を眺められるため、サンセットの時間帯には多くの人が集まります。300人以上は入場規制が行われるので、夕日を見に行く際は、2時間ほど前からスタンバイする必要があります。美しい遺跡のシルエットと雄大なサンセット、どちらもいれて写真を撮るためには、少し場所取りに苦戦するかもしれません

詳細情報

3.プレ・ループ

photo by travelvibes
3つ目にご紹介するのは、「プレ・ループ(Pre Rup)」です。遺跡は、ピラミッド型になっており、急な階段を登ると、カンボジアの平原を望むことができます。「プノン・バケン」と同様アンコール遺跡のサンセットポイントとして有名です。プレ・ループから見える夕日はジャングルの中に消えていくため、日没の瞬間を見ることはできませんが、鮮やかな色に変化していく美しい空に感動します。
photo by travelvibes
先ほど紹介したプノン・バケンのように人数制限はありませんが、夕日の時間帯にむけて多くの観光客が遺跡の上でスタンバイします。日中は日影がほとんどなく、かなり暑いので対策が必要です。サンセットと同時に月も現れ、夕日が完全に沈むと、月の明るさが目立ち、月とコラボした遺跡の写真は幻想的なものとなります。

詳細情報

Pre Rup, Siem Reap, Cambodia

3.14 349

4.トンレ・サップ湖

4つ目にご紹介するのは、「トンレ・サップ湖(Tonle Sap Lake)」です。東南アジア最大の湖で、雨季には琵琶湖の10倍以上の大きさになるんだとか。トンレ・サップ湖では、ボートに乗って10万人以上のカンボジア人が水上で生活する姿を見ることができます。
沖に出たところでサンセットを鑑賞します。ボートに乗ってトンレ・サップ湖から眺める夕日は、水面に反射し、水平線に沈んでいく姿が非常に美しいです。アンコール遺跡からだと、たくさんの人がいて場所取りが大変ですが、トンレ・サップ湖からなら、誰にも邪魔されることなく静かな自然の中で夕日鑑賞ができます。

詳細情報

Tonlé Sap, Cambodia

3.43 7164

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5.プノン・クロム

photo by travelvibes
5つ目にご紹介するのは、「プノン・クロム(Phnom Krom)」です。丘の上にあるため、ひたすらに長い坂道と階段を登らなければいけません。しかし、登っている途中は、町を見渡すことができ、断崖絶壁で生活するヤギの群れに遭遇することもあります。
photo by travelvibes
頂上に到着すると、180度開けるスポットがあります。そこで夕日が沈むまでスタンバイ。雲が多くて、夕日が隠れてしまう日もあるかと思います。しかし、夕日が沈んだ後10分ほど粘ってみてください。空が徐々に鮮やかな色に変化し、美しい夕焼けが見れるかもしれません。

詳細情報

Angkor Archaeological park, Cambodia

3.28 12

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6.スラ・スラン

6つ目にご紹介するのは、「スラ・スラン(Srah Srang)」です。ここは、なんと900年ほど前に王が沐浴するために作られた池です。アンコール遺跡群の中でも有名な「バンテアイ・クデイ」の向かいにあり、遺跡巡りに疲れた身体を休めるにも良い場所です。この池は、沐浴のためと言っても、王のレベルになるとかなりの大きさです。
朝日鑑賞でメジャーなのは、やはり「アンコール・ワット」ですが、落ち着いて日の出を見たいという方には穴場の「スラ・スラン」がおすすめです。スラ・スランでは、サンセットも見ることができ、池に鮮やかな朝焼け、夕焼けが映る光景は、昔の王も眺めたものだと思うと感慨深いですね。

詳細情報

Siem Reap, Cambodia

3.11 16

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

こんな空、今まで見たことがない。

いかがでしたか?カンボジア、シェムリアップでは、遺跡巡りだけでなく、朝日鑑賞や夕日鑑賞も素晴らしい思い出になります。水面に映る朝焼け、遺跡の上から見る夕焼け、水平線に消えていく夕日など、スポットごとに違う景色が楽しめるはずです。
(※掲載されている情報は2018年2月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する