• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
隠れた山梨名物『ほうとう』『ワイン』『温泉』おすすめ30選!

山梨といえば、富士山・武田信玄・信玄餅・くろ玉・鳥もつ煮などの郷土料理、甲斐サーモンなどたくさんの名物がありますが、私たち地元民の中でもおすすめなのが、やはりほうとう・ワイン・温泉じゃないでしょうか! 今回は、笛吹・石和温泉(石和)エリア・甲府エリア、山梨・甲州・勝沼エリア、河口湖・山中湖エリアに分けてのご紹介! 有名店・老舗から地元民だからこそ知っている新しいお店、穴場スポットなど見所、おすすめポイントをまとめてみました! ぜひ山梨県をご堪能ください!

このまとめ記事の目次

山梨県の魅力とは

PIXTA
富士の国『やまなし』

近年、SNSなどでも盛り上がっていますが、住みたい都道府県ランキングで最下位を記録するなど、私たち地元の人間としては『何故?』と言いたくなるような現実。

確かに都会などの便利な部分は、困ることもありますが、その分都会にはない大自然などの魅力がたくさんあります!

富士山に始まり、八ヶ岳や南アルプスといった魅力ある山々が周りを取り囲み、広大な甲府盆地のおかげで寒暖差があることで、果物がとーっても美味しくなり、そして温泉施設も各地にあります!

食べ物で言っても、海が無いからこそ川の恵みを大事にした『甲斐サーモン』、『ほうとう』や『鳥もつ煮』を代表とする郷土料理、それから日本ワインの発祥地としても有名!

今回は、そんな山梨の魅力の中から『山梨×ほうとう』『山梨×ワイン』『山梨×温泉』をキーワードに、私たち『地元民』だから知っている山梨の魅力・おすすめを名店・老舗・新店舗・穴場スポットを紹介したいと思います!

ほうとうとは

私たち山梨県民の郷土料理・ソウルフードの定番が『ほうとう』です。

今でこそ、観光地にはたくさんの『ほうとう』店がありますが、もともとは冬至の時期に家で麺から作って食べるものでした。だからこそ、地元民が一番おすすめするほうとうは、自分の家の食べなれた味かもしれないですね。

名前の由来は、いくつかありますが、甲斐の国の最も有名な将軍『武田信玄』が、刀で具材をカットしたという逸話から『宝刀』と書かれていたのがいつしかひらがなの『ほうとう』となったという話が一番好きなエピソードです!

『ほうとう』と『うどん』の違い

よく『ほうとう』って『うどん』と何が違うのって聞かれます。

形が違うと思っている人が多いとは、思いますが生地を作る工程で違いがあるんです。
どちらも小麦粉を練って作りますが、決定的に違うのは『ほうとう』の麺には塩分を入れないんです。さらに、『うどん』や『きしめん』などは生地を寝かせますが、『ほうとう』は生地を作ったらすぐさま切ります。

この2つの行程の違いによって、『ほうとう』の麺はグルテンの形成が弱いためモチモチとした食感が生まれるんです。
そして、出来た麺を生のまま一緒に煮込むため、打ち粉が汁に溶け込み、煮込むことで麺のデンプンが溶け出し、トロッとしたお汁が、『ほうとう』の美味しさの一つですね!

山梨の『ワイン』

日本で唯一、ワイン産業振興特区に指定されている"山梨県"

古くは、縄文時代中期に使われていた形跡のある酒造具が発見されたり、1483年(文明15年)ごろにワインを飲んだという記録もあるぐらい歴史があります。勝沼周辺では、江戸時代の後期から甲州ぶどうを栽培し、明治の初めごろには、現代に近い形のワイン醸造が行われ始めました。この時代が、日本の近代ワイン醸造の発祥と言われています。

中でも『甲州』というぶどうの品種で作られる白ワインは、現在世界的にも認められるようになり、2016年には世界的にも有数のワインコンクールにこの『甲州』種の白ワインがプラチナ賞を取るぐらい、今現在世界的にも目が向け始められています。

山梨の『温泉』

日本の中心にある4大プレートの『太平洋プレート』『フィリピン海プレート』『北アメリカプレート』『ユーラシアプレート』が交差する山梨の地中からは、ラジウム含有量が世界一と言われる泉質が最も有名ですね。

さらには、甲斐の将軍 武田信玄公の隠し湯なども各地にあり、歴史も楽しめるのが人気の一つでもあります。

山梨の温泉は、いろいろ疾患に効能がある温泉がたくさんあります。
今回は、中でも『地元民』の私たちがおすすめしている温泉を選りすぐりご紹介していきます。

笛吹・石和温泉・甲府エリア

ほうとう

[1]甲州ほうとう 百間/石和温泉(石和)

甲州ほうとう 百間
こちらは、山梨県内の農家が始めたお店ということもあって、昔ながらの製法で作られているという自家製のお味噌がとっても優しい味で美味しかったです!

さらに、おすすめの自家製のプリンを食べてみたのですが、とても濃厚かつどこか懐かしい味。こちらのお店で飼われている平飼いのにわとりが産んだ新鮮卵を使っているとのこと。他では食べられない濃厚さが忘れられません。
最近までしらなかったのですが、たくさんのほうとうを食べ歩いている私にとってもびっくりするぐらい美味しかったです。さらに、外観も古民家風で、前面ガラス張りのお店で開放感がとても居心地の良いお店でした。

ほったらかし温泉や桔梗屋のアウトレット工場からとても近く、穴場なお店です!

新しいお店を開拓したいほうとうファンには、とってもおススメです!
  • 山梨県笛吹市春日居町小松1169-2
  • 05055937543

[2]甲州ほうとう 小作 甲府駅前店/甲府

ほうとうの老舗といえば"小作"の名前が一番有名ではないでしょうか。

特にこちらの駅前本店は、仕事帰りの地元サラリーマン達もぷらりと立ち寄るような安定感のある味です。
特徴てきなのは、やはり麺ですね。
独自の配合でのびずらく、いつまでももちもちした食感がたまりません。

小作 甲府駅前店 (こさく)

甲府の駅前にあるので、電車の待ち時間や武田神社、昇仙峡の帰りにぷらりとよりやすいですね。

他にも、河口湖・山中湖・石和温泉・竜王・諏訪[長野]など各地観光地にも点在しているので、はじめてほうとうを食べるという人にはおすすめです!
  • 山梨県甲府市丸の内1-7-2
  • 055-233-8500

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する