• はてぶ
  • あとで
女子旅するなら四国に決まり!四国のおすすめフォトジェニックスポット12選

女子旅に必要不可欠な写真映えする美しくて素敵なスポット。実は四国には、とても美しい絶景はもちろんのこと、女子旅にぴったりなおしゃれなスポットやたくさんの写真を撮りたくなるスポットがあるんです。今回は、女子旅で行きたい四国の12のおすすめスポットをご紹介します。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 父母ヶ浜 / 香川

最初にご紹介する女子旅で行きたい四国のスポットは、香川の「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」です。香川屈指の美しいビーチであるこちらは、まるであのウユニ塩湖のように美しい絶景を見ることができると話題なんです。
空の色が「天空の鏡」のように水面に美しく映ります。ぜひこの幻想的な景色を写真に収めてみてくださいね。また、こちらのビーチは夕日が美しいことでも有名で、「日本の夕陽百選」にも選ばれています。公式ホームページには絶景の見頃カレンダーも掲載されているので事前にぜひチェックしてみてください。

詳細情報

香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3

4.38 46880

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. 豊島美術館 / 香川

続いて2番目にご紹介するのは、「豊島(てしま)美術館」です。香川の離島・豊島にあるこちらのアートスポット。自然に溶け込み、水滴のような形をした建物が目印です。見どころの多い豊島でも、とくにチェックしておきたいスポットです。
豊島美術館を訪れたら、併設されているカフェも見逃せないポイントです。コンクリート調の無機質な空間の天井には丸い窓がついていて、不思議と落ち着く空間が広がっています。とてもフォトジェニックと話題ですよ。県外からも多くの観光客が集います。

詳細情報

香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃607

3.50 12128

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3. 四万十川 / 高知

続いて3番目にご紹介するのは、高知県高岡郡の「四万十川(しまんとがわ)」です。四国の中で最も長く、また流域面積も2位を誇るこちらの川。本流にダムが建設されていないことから、「日本最後の清流」とも言われています。
四万十川といえば、そんな清流にかかる橋「沈下橋」も見所です。橋脚が低く、欄干がないので、周りの美しい景色に溶け込んだ景観を見ることができます。本当に綺麗で美しい景色を堪能するためには、遊覧船がおすすめです。

詳細情報

4. 砂浜美術館 / 高知

続いて4番目にご紹介するのは、「砂浜美術館」です。高知にあるこちらのスポットは、その名の通り砂浜自体が美術館となっています。建物を作るのではなく、砂浜そのものが美術館なんてとてもユニークですよね。アート初心者の方も楽しめる女子旅スポットです。
そんな砂浜美術館で特に有名なのが、例年5月ごろに開催される「Tシャツアート展」です。広い砂浜にたくさんのTシャツが展示され、風に揺れる景色は圧巻です。今シーズンの開催は2022年5月1日(日)~5月5日(木)となっており、ゴールデンウイークのおでかけにおすすめです。

詳細情報

高知県幡多郡黒潮町入野

4.00 7108

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

高知県幡多郡黒潮町浮鞭3573−5

3.00 06

5. 大塚国際美術館 / 徳島

続いて5番目にご紹介するのは、徳島県鳴門市にある「大塚国際美術館」です。こちらのスポットは、日本最大級の常設展示スペースを誇る“陶板名画美術館”。忠実に再現された、西洋名画の陶板複製画が約1,000点展示されています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cobito_15こびと

このまとめ記事に関して報告する