• はてぶ
  • あとで
お金をかけずに最高の旅!夜行バスで行く広島1泊2日プランはこれだ

東京から新幹線や飛行機で広島に行くとどうしてもお金がかかってしまう…。でもどうしても広島に行きたい!そんなあなたにぴったりなプランをご紹介します。お金がかからない、でも十分広島を楽しむことができるプランです。ぜひ参考にしてみてください。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目<8:30>広島駅周辺で朝ごはんを食べる

夜行バスで広島駅に着いたらまずは腹ごしらえ、これから始まる広島旅行を十分楽しむためにもしっかりと朝ご飯をいただきましょう。そこでご紹介したいのが「43(キャラントトロワ)」です。広島駅から徒歩約10分の場所にあるフレックスホテル広島の1階にあります。
モーニングタイムは7:00〜10:00で、宿泊者だけではなく一般の方でも気軽に立ち寄ることができるカフェになっています。東京でも人気があるカフェ「chano-ma」などを展開している商業藝術が手がけているお店の1つです。モーニングはビュッフェではなくサンドウィッチなどの軽食が用意されています。

詳細情報

<10:00>広島に訪れたらここは絶対。

広島平和記念公園

JR広島駅から路線バスに乗って約20分の場所にある「広島平和記念公園」です。1945年8月6日の原子爆弾投下の爆心地に近い場所に作られた、広島市中区にある市民公園です。戦争が終わってから70年経った今でも慰霊に訪れる人が絶えません。毎年8月6日には平和記念式典がこの公園で行われます。

原爆ドーム

photo by hasten_slowly
公園の敷地内には世界文化遺産の「原爆ドーム」や原爆投下の資料が展示されている「広島平和祈念資料館」などがあります。私たちがより良い未来を生きるために知っておかなくてはいけない、当時の様子や状況を知ることができます。広島に訪れたら是非一度立ち寄ってみてください。

詳細情報

<12:00>次はお昼ご飯へ。広島といえば…。

お腹がすいてきたこの時間には、絶品広島グルメでお腹を満たしましょう!広島の定番グルメ・お好み焼きを堪能できるのが、原爆ドームから電車で10分ほどの八丁堀駅にある「みっちゃん総本店」。“毎日でも食べられる、あっさりと飽きのこないお好み焼き”を長きにわたり提供している老舗です。
カウンター席に座ることができれば、目の前の鉄板でお好み焼きが完成していくのを見ることができます。多い日には1日800枚も焼かれるんだとか!店内に溢れる熱気とボリュームたっぷりで味も抜群のお好み焼きで、広島気分を満喫してみてくださいね。

詳細情報

<15:00>もう一つの世界文化遺産を見に。

次は広島市から廿日市に移動します。原爆ドーム駅前から路面電車に乗り広電宮島口駅で下車します。そこからフェリーに乗ると宮島に到着します。フェリーからは「厳島神社」が見えてきます。これが広島にあるもう1つの世界文化遺産です。
日本人からの人気だけではなく外国人の観光客が訪れてみたい場所のベスト3に入るほどの場所なのだそうです。満潮時と干潮時では「厳島神社」や「大鳥居」の見え方が全く違います。年間の潮汐表は宮島観光協会のホームページに詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

詳細情報

広島県廿日市市宮島町1-1 厳島神社

4.70 2714203

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

<20:00>格安旅行にはゲストハウスがおすすめ!

次の日に『尾道観光』するために宿泊先は尾道市で決定です。宮島の観光が終わったら尾道市に移動しましょう。格安旅行にするならホテルではなくゲストハウスに泊まるというのも一つの手段です。ゲストハウスはホテルのようにアメニティグッズなどがない代わりに、宿泊代が安く済むのです。
今回ご紹介したい「尾道ゲストハウスあなごのねどこ」は空き家を再生したゲストハウスです。昔ながらの家の雰囲気を味わうことができます。中には『あくびカフェー』という旅と学校をテーマにしている喫茶店兼交流スペースもありますよ。次の日のためにも1日目はこれで終了。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hruu__86フォトジェニックなお店を巡ることが大好きです。

このまとめ記事に関して報告する