• はてぶ
  • あとで
きっと夜空がもっと好きになる。2018年に見ておきたい天体イベントまとめ

流れ星に祈ると願いが叶うなんて言い伝えは聞いたことはありますよね。満月であったり満点の星空などの天体のイベントになんだか心は惹かれませんか?今回は2018年に見られる思わず息を呑むような天体イベントまとめを紹介します。(※掲載されている情報は2018年1月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①皆既月食【1月31日・7月28日】

1月31日の皆既月食は日本中で観測することができ、東南東の空で20時48分にかけ始め、21時51分に南東の空で皆既食となります。皆既食となった月は“赤銅色”と呼ばれる、赤黒い色に見えます。いつもとは違う妖しい雰囲気が漂う月を楽しみましょう。
7月28日の皆既月食は、未明から明け方にかけて皆既月食が起こるので、月食の状態のまま月が西へ沈んでいく「月入帯食」となる面白い光景を見ることができます。ちなみに7月28日の満月は1年間で最も小さい満月です。

②ブルームーン【1月31日・3月31日】

「ブルームーン」という単語に馴染みのある人は少ないのではないでしょうか。ブルームーンとは、1ヵ月間に2度満月が見える時の2度目の満月のことをさします。なので、決して月が青く見えるわけではないですよ。
2018年は1月31日と3月31日の満月がブルームーンにあたります。ちなみにその影響で2月には満月の日が1度もありません。ブルームーンには「見ると幸せになれる」という言い伝えがあるのでぜひ見ておきましょう。

③4月こと座流星群が極大【4月23日】

1月のしぶんぎ座流星群(2018年は1月3日~4日に終了)以来の、主要流星群である4月こと座流星群。流星群の中ではかなり歴史のある流星群のひとつであり、最初の記録は今から2000年以上も前の中国で記録されているほどです。
2018年はここ数年では最高条件であり、極大時刻頃は月明かりもなく輻射点高度も十分とされていますが、出現数は多くなく、突発出現がない限りはそこまで多くの数の流れ星を見ることは難しいと言われています。

④みずがめ座η(エータ)流星群が極大【5月6日】

みずがめ座η(エータ)流星群はなかなか馴染みのない流星群ですが、3大流星群に次ぐ規模で毎年活動しているんです。見頃は極大の日を中心として2~3日間の未明とされており、比較的長い期間見られます。
1時間当たり5個程度の出現だと見込まれていますが、極大の前後2~3日間の、夜半過ぎに月が沈んでから夜明けまでは、月明かりに影響されることなく、条件よく流れ星を観測できます。極大当日より極大の前のほうが、月が早く沈み、好条件の時間が長く続きます。

⑤火星の大接近【7月31日】

火星と地球が接近することはしばしばあり、前回、火星と地球に接近したのは2016年5月31日で、距離は約7500万kmで中接近程度でした。しかし今年は約5800万kmまで距離が縮まって「大接近」となります。宇宙の距離は途方もなく想像しづらいですが、こんなにも接近するのは2003年以来なんですよ。
7月31日の16時50分頃なので、最接近を肉眼で捉えることは難しいかもしれませんが、すぐに遠くに行ってしまうわけではないので、その晩の夜空には燦々と輝く火星を肉眼でも確認できることでしょう。

⑥ペルセウス座流星群が極大【8月13日】

ペルセウス座流星群(ペルセ群)は1月のしぶんぎ群、12月のふたご群と並んで「3大流星群」と称され、通常であれば年間最大級の群としてもっとも有名な流星群です。天上のペルセウスは、右手に剣、左手にはメドゥーサの首を持っている。
13日の未明には1時間当たり40個~50個程度の流れ星が流れるほどの活発な活動が期待できるそうです。ペルセウス座流星群の特徴は速い・明るい・痕を残すといったド派手な流星群です。

⑦中秋の名月【9月24日】

秋の天体イベントの中でも特に耳にするのが中秋の名月。中秋の名月とは、太陰太陽暦の8月15日の夜の月のことをいいます。日本では平安時代頃から貴族などの間で観月の宴が開かれ皆で月を眺めていると言われています。
多くの方が"中秋の名月=満月"と思い込んでいるかもしれませんが、必ずしも中秋の名月が満月とは限りません。今年は中秋の名月から1日後の25日に満月を迎えます。といってもほぼ満月なので、天候さえ良ければ満月と遜色のない美しい月を楽しむことができるでしょう。

⑧オリオン座流星群が極大【10月21日】

オリオン座流星群は秋を代表する流星群です。その活動ぶりは何とも安定感を覚えるもので、出現数は3大群に次いで多いです。また、極大が比較的なだらかなため極大の前後数日は同程度の活動が見られます。オリオンは海の神ポセイドーンの子で優れた猟師でした。
極大の頃には毎年安定して1時間当たり10~20くらいの出現が見られることができます。2018年は4日後の25日に満月になってしまいますが、未明に月が沈んだ後は条件がたいへんよいとされています。1時間に5~10個程度の出現だと見込まれています。

⑨おうし座北流星群が極大【11月12日】

おうし座流星群は南群と北群に分けられており、北群が11月12日頃に極大となる見込みです。おうし座流星群の特徴として決して数は多くないものの活動期間が長いので運が良ければ月明りがあまりないときには流れている様子を見られるかもしれません。
おうし座流星群が流れる11月上旬は、2018年11月8日が新月なので観測条件は比較的良いと思われます。おうし座流星群は活動期間が長いため、満月前後の月明かりが少ない時期に、南北両群合わせて1時間に5個程度の出現だと見込まれています。

⑩しし座流星群が極大【11月18日】

しし座流星群は過去に幾度もの華々しい流星雨を降らせ、流星研究の発端となった流星群です。その流星雨のすさまじく最近では、1966年に1時間当たり15万個でした。(1秒間に40個)そのような流星雨のチャンスは西暦の下2桁が33の倍数の年前後にやってきます。
下2桁が33の倍数ではない2018年なので多くの流星雨のような光景を見ることは出来ませんが、天体の条件はまずまずとされています。1時間当たり5個程度の出現だと見込まれています。

⑪ふたご座流星群が極大【12月14日】

ふたご座流星群は、毎年安定して多くの流星を見せる群で、1月のしぶんぎ群、8月のペルセ群と並んで「3大流星群」と称されます。その出現数は、もはやペルセウス流星群をも凌ぎ、年間最大の群といっても過言ではありません。ギリシア神話の双子ディオスクーロイが星座になったといわれています。
近年では、条件が整えばかなり多くの流れ星を見ることができ、2018年は夜半前に月が沈んだ後は条件がたいへんよいとされているので、1時間に40~50個程度は見れると言われています。

⑫ウィルタネン彗星の地球最接近【12月16日】

流星群とは一味違う天体イベントである彗星も今年の12月に見ることができます。46P/ウィルタネン彗星という彗星が地球に最接近して3等級まで明るくなるので、肉眼で観察できるかもしれません。
冬の星座として有名な「おうし座」の近くを移動するということなので事前におうし座の場所を確認しておくことをおすすめします。アニメの世界のような尾をひく彗星の姿が見られるかもしれませんよ。

夜空に恋をしよう!

思わず見惚れてしまう天体イベント。2018年も素晴らしい天体イベントがたくさんあるので時間があったら空を見上げましょう。
(※掲載されている情報は2018年1月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Zaibatsu-KaitaiSUISUI星人

このまとめ記事に関して報告する