• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
初めての高知(四万十川・足摺)で絶対にやるべき観光おすすめ7選

高知県南西部は「四国最果ての地」。到着まで長旅の分、四万十(しまんと)川や足摺(あしずり)岬など、山・川・海のここでしか体感ができない自然・日本の原風景が残っています。高知県南西部は面積が広く、エリア周りに苦労する事も。今回は四万十市を中心としてこの土地を効率的に満喫できるように、おすすめ観光スポットでやるべきことをまとめました。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

高知県南西部(四万十川・足摺)の観光のすすめ

大きなおすすめ観光スポットは「四万十(しまんと)川」と「足摺(あしずり)岬」。見どころが点在しているのでできるだけこの地域で1泊2日~2泊3日を確保する事をおすすめします。また地域内での移動手段が少ないため、原則レンタカーなどを借りて車での移動となります。
旅の中心となるのは四万十市の土佐くろしお鉄道・中村駅。岡山駅や高知駅から特急列車が走っており1本でアクセスができます。また高知空港からはレンタカーでの移動がおススメです。ベストシーズンは暖かい時期の5月~9月がおススメシーズンとなります。今回は土佐くろしお鉄道・中村駅を中心とした旅のおすすめをご紹介します。
  • 高知県四万十市駅前町7

1.四万十川の「岩間沈下橋」で日本の原風景に触れる

「日本最後の清流」と言われる四万十川。川と橋が織りなす、都会では絶対に触れる事ができない絵になる風景が最大の魅力のおすすめ観光スポットです。四万十川にかかる沈下橋とは、増水時に流される事がなく、川に沈むように設計された欄干のない橋。四万十川を象徴する風景です。
「岩間沈下橋」は土佐くろしお鉄道・中村駅からは車で約40分。途中、山道を通り道幅が狭い場所もあるので運転時には要注意です。四万十川の中流にかかり、CMやポスターにも使われるなど、四万十川の代表的な沈下橋です。
  • 高知県高知西土佐岩間

2.四万十川の「リバーアクティビティ」を楽しむ

雄大な自然、透き通った綺麗な川の水を活かした四万十川のリバーアクティビティはこの土地ならではの壮大さを味わう事ができるおすすめ観光スポットです。その中で「カヌー」は人気。各所でアクテビティの予約ができるので是非自分の行程に合ったカヌーアクティビティを探しましょう。
おすすめは「カヌー館」です。土佐くろしお鉄道・中村駅からは車で約50分と少し遠めですが、1日(8km)・半日(4km)の2タイプのカヌーツーリングがあります。特に1日カヌーツーリングはゴールが「岩間沈下橋」で、特に後半部は人工物も殆どない、真の自然を体感する事ができます。
rakutenで見る 他の提供元を表示4件
  • 高知県四万十市西土佐用井1111-11
  • 0880-52-2121

3.「足摺岬」で雄大な太平洋を眺める

「足摺岬」は土佐清水市にある四国最南端の岬。ここは四国屈指の最高のビュースポットでおすすめ観光スポットです。白亜の灯台と断崖絶壁の海は見もので、そのスケールの大きさは、まさに声も出なくなるほど圧巻です。岬の西側は黒潮の本流が日本で唯一直接ぶつかる場所でもあります。
彼方に見える水平線はアーチ状に見え、地球が丸い事を実感できます。そんな「足摺岬」へは土佐くろしお鉄道・中村駅から車で約1時間の距離。「足摺岬」周辺にも見どころは多く、足摺方面への行程で1日確保する事をおすすめします。
  • 高知県土佐清水市足摺岬
  • 0880-82-3155

4.「あしずり温泉郷」で太平洋を眺めながら疲れを癒す

「あしずり温泉郷」は足摺岬のすぐ近くにある温泉街で、雄大な太平洋を眺めながら入る露天風呂が最大の魅力の温泉街です。現在の温泉街は1999年頃に「あしずり温泉郷」として誕生、比較的新しい温泉街です。時間が少ないときは「万次郎足湯」で足湯に浸かりながら雄大な太平洋を眺める事もできます。
「あしずり温泉郷」は計8軒の旅館・宿泊施設が軒を並べています。その中で露天風呂でおススメなのが「足摺パシフィックホテル花椿」で太平洋に面した完全な露天風呂でしか味わえない絶景でゆったりと寛ぐことができます。その他「足摺国際ホテル」の露天風呂も是非味わいたい露天風呂です。宿泊施設も整っていますので高知県南西部の旅の宿泊地としても「あしずり温泉郷」はおすすめです。
jalanで見る
  • 高知県土佐清水市足摺岬

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する