• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての京都で絶対にやるべき観光おすすめ10選

憧れの京都、初めての京都。せっかくなら絶対に行くべきスポットを絶対に行きたい。だけど京都の観光は情報が多すぎて、どこを優先すべきかわからない。そんなあなたに必見!初めての京都で絶対に行くべきおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します。

このまとめ記事の目次

京都観光のススメ

京都市内は地下鉄が走っていますが、主要な観光地からは離れている駅が多く、観光向きとは言えません。一方で、バス路線網が充実していて、主要観光地へはバスでのアクセスが適切です。しかし、混雑も予想されますので、特に土日祝日の観光の際は時間に余裕を持って京都市内の観光地をまわる事が必要です。
京都のバスには1日乗車券があります。京都市内の均一区間をお得に乗車できるので非常に使いやすく、おすすめです。「市バス」または「京都バス」で使用可能ですが、その他のバス会社では使えないのでその点も注意しましょう。
ただし、嵯峨嵐山のように鉄道アクセスの方が優れている場所もあります。目的にによってバスと電車を使い分けるようにしましょう。
  • 京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3
  • 075-361-4401

1.京都の代表観光地「清水寺」へ

京都といえば、清水寺と清水の舞台。秋は紅葉も美しく、日本だけでなく、世界中から観光客が集まる京都を代表するおすすめ観光スポットです。清水寺へ向かう登り坂の「清水坂」「二年坂」「三年坂」と呼ばれるそれぞれの坂は、老舗や話題のお店など人気のお土産品が集まるエリアです。
アクセスはバス停「五条坂」で下車します。京都駅からは100・206系統でのアクセスとなります。また清水寺は非常に混雑しますが、朝早い時間帯は比較的空いている場合が多いので、ゆっくり楽しみたい方は朝一番に訪れる事をおすすめします。
清い水の地に建つ観音様のお寺
  • 京都府京都市東山区清水1‐294
  • 075-551-1234

2.「金閣寺(鹿苑寺)」に感動

金色が映える金閣寺も初めての京都では絶対に外してはいけないおすすめ観光スポットです。金は総計20kgと言われており、本物。池に映える金閣も最高です。京都市内は冬でも雪が積もる事は少ないですが、雪化粧の金閣寺が見られたら更にラッキーです。金閣寺は正式には「鹿苑寺(ろくおんじ)」と言います。
アクセスはバス停「金閣寺道」で下車します。京都駅からは101・205系統でアクセスができます。但し、金閣寺までの一般道は非常に渋滞しやすく、目安所要時間は35~40分ですが、それ以上かかってしまう事も多くあります。春や秋の行楽シーズンの特に土日祝日に金閣寺へ市バスを利用する場合は時間に必ず余裕を持って訪れましょう。
  • 京都府京都市北区金閣寺町1
  • 0754610013

3.「銀閣寺(慈照寺)」と庭園をゆっくり散策

銀閣寺は金閣寺の色鮮やかさとは異なり、静寂に包まれ、ひっそりとした佇まいです。波を表す庭園はとても美しく、庭園も含めて銀閣寺の魅力と言えます。また、銀閣寺から南に伸びる約2kmの小川沿いの道は「哲学の道」と呼ばれ、春は桜、秋は紅葉が非常に映え、6月の夜には蛍狩りでも有名です。銀閣寺は正式には「慈照寺(じしょうじ)」と言います。
銀閣寺へのアクセスは少し複雑です。京都駅からは17・5系統を利用し「銀閣寺道」で下車、そこから案内に従い銀閣寺方面へ歩けば到着します。その他、100系統のバスで「銀閣寺前」下車で到着する事もできますが、清水寺などと同じバスになるため非常に混雑します。乗車の際には混雑状況も見ながらどのバスに乗るか判断するのも良いでしょう。
  • 京都府京都市左京区銀閣寺2
  • 075-771-5725
  • 京都府京都市左京区 哲学の道

4.「東寺(教王護国寺)」で五重塔を

PIXTA
東寺は京都駅の南側に位置し、五重塔で有名なおすすめ観光スポットです。五重塔は東寺の南東に位置するため、五重塔をメインとしたい方は「東門」または「南門」から訪れる事をおすすめします。密教美術の宝庫でもあるので、その美しさを感じたい方は是非ゆっくりと堪能しましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する