• はてぶ
  • あとで
都会の喧騒を離れたい。池袋の時々開くお寺カフェ「ぼうず'n coffee」とは

池袋にあるとは思えない「ぼうず'n coffee」というカフェをご存知でしょうか。なんとここは、2017年4月に池袋の「祥雲寺(しょううんじ)」の中にオープンしたカフェで、和室から見える庭園や、お寺ならではのカフェメニューが見所です。「ぼうず'n coffee」について徹底解剖いたします。(※掲載されている情報は2018年1月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

池袋といえば…

池袋は日本でも有数の繁華街ですよね。しかし、「住みたい街ランキング」にランクインしたり、続々とおしゃれスポットができたりなど、徐々におしゃれな街になりつつあるのです。

池袋にあるとは思えない「ぼうず'n coffee」とは

池袋にあるとは思えない「ぼうず'n coffee」というカフェをご存知でしょうか。有楽町線・副都心線が通っている要町駅からすぐのところにあります。池袋の隣駅なので、池袋駅西口からは約15分ほど歩けばつきます。
なんとここは、2017年4月に池袋の「祥雲寺(しょううんじ)」の中にオープンしたカフェで、開店時間、定休日はお寺ということで、不定休なので、営業日と時間は公式facebookを見てみてくださいね。
由緒のある立派なお寺なので、まさかここにカフェがあるとは思いませんよね。毎日オープンせず、時々開いているというのも、なんだか特別感があって素敵ですよね。

和室が素敵すぎる…!

奥の和室がとっても素敵ですよね。目の前に広がる庭園が素敵で、日本人でよかったと思える瞬間です。畳のいい香りをおぎながら、開放感のある和室で素敵な一時を過ごしてみてくださいね。
天気の良い日には縁側で食事やドリンクを楽しむのもおすすめ。広い和室で、カフェタイムを過ごせるなんてなかなかできない体験ですよね。青々とした緑や秋は紅葉など、春夏秋冬を楽しむことができますよ。

気になるメニューをご紹介

ドリンクは、お抹茶や煎茶ももちろんありますが、カフェラテやコーヒー、ココア、抹茶ラテ、カフェモカ、オレンジジュースなどもあります。夏は涼みに、冬は温まりに訪れてみてはいかがでしょうか。
お菓子は、どら焼きやもなか、ようかんなどがあります。抹茶や煎茶と一緒に頼むのがおすすめです。
ごまどうふプリンやほうじ茶プリン、おしるこなど季節限定の食事もあるため、行った時には、ぜひその季節ならではのお菓子を頼んでみてくださいね。12月に登場したゆず茶など、ドリンクも季節限定がありますよ。

「ぼうず'n coffee」に行きたい!

いかがでしたか?たまに開いている東京都内とは思えないカフェ「ぼうず'n coffee」にぜひ行ってみてください。不定休なので、営業日と時間は公式facebookを必ず確認してから訪れてみてくださいね。
(※掲載されている情報は2018年1月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

スポット情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する