• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】ザ・大阪!初めての大阪で絶対にやるべき観光おすすめ10選

道頓堀、食い倒れ、お笑い。どこか面白くて独特の文化が印象的な大阪。だけど初めて西日本最大の都会でもある大阪は初めて訪れるには見所が多過ぎてどこから行って良いのかわからない。今回は初めての大阪を訪れる方向けにザ・大阪とも言える大阪の魅力を満喫できるおすすめの観光スポットをまとめましたのでご紹介します。

このまとめ記事の目次

大阪観光のすすめ

大阪の観光は地下鉄の最寄駅から徒歩圏内が殆ど。地下鉄(Osaka Merto)に「1日乗り放題・エンジョイエコカード」があり、大変便利です。土日祝日は更にお得になるので大阪の観光には必ずと行って良いほどの必需品です。
大阪の地下鉄(Osaka Merto)は市中心部では碁盤目の路線となっています。観光の中心となるのは「御堂筋線(赤)」と「中央線(緑)」の2路線で、特に御堂筋線は大阪の大動脈で新大阪・梅田・なんば・天王寺を初め主要箇所を網羅しています。東京の山手線的な存在です。

1.「道頓堀」で浪速の食べ歩き

ザ・大阪のど定番の「道頓堀」。近年はアジアからの外国人観光客にも大人気となり、終日観光客で溢れています。周辺にはたこ焼き・お好み焼き屋等の飲食店が軒を連ねており、食べ歩きには困らない、大阪の象徴的なおすすめの観光スポットです。
道頓堀の最寄り駅は御堂筋線・千日前線・四つ橋線・近鉄・阪神・南海電車の「なんば駅」。JR難波駅はやや離れています。アジアからの観光客が多いので、平日でも混雑する事が多いので食べ歩きに行列に巻き込まれてしまう事も。午前中は比較的空いているので、早めに並ぶことで無駄な待ち時間は削減する事ができます。
  • 大阪府大阪市中央区道頓堀1-9 道頓堀
  • 06-6211-4542(道頓堀商店会事務局)

2.「通天閣」と「新世界」で大阪の下町と串カツを食す

「通天閣」のある界隈を「新世界」と呼んでいます。「通天閣」は大阪らしい観光スポットの1つですが、この界隈では大阪名物・串カツのお店が多く、お手軽な価格で食べる事ができるので、食べ歩きとしてもおすすめの場所です。
串カツで全国的に有名な「だるま」の総本店は、新世界にあります。本店はわずか12席と希少で、窓から顔を出している「だるま大臣」が目印です。新世界の最寄り駅は御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」、堺筋線「恵美須町駅」、またはJR・南海電車「新今宮駅」となります。
  • 大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
  • 06-6641-9555
  • 大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-9
  • 0666457056

3.「なんばグランド花月」で吉本新喜劇を見よう

2017年冬にリニューアルされた「なんばグランド花月」では本場大阪のお笑い・吉本新喜劇を生で見る事が出きます。キャストは事前にホームページなどでも確認できるので、大阪のお笑い文化を味わう事前の予習も済ませておきましょう。
この近辺には、「道具屋筋商店街」があります。刃物や食器、食品サンプルなど、大阪の街が誇る工芸品を扱う店が軒を並べています。古くからのお店も多いので、なんばグランド花月と合わせて訪れるのをおすすめします。
  • 大阪府大阪市中央区難波千日前11-6
  • 0570-550-100

4.お好み焼きは梅田の「きじ」で

大阪名物・お好み焼きはたくさんの店がしのぎを削っていますが、梅田の昭和の雰囲気が残る「新梅田食堂街」にある「きじ本店」がおすすめ。閉店時間が早く、日曜日も空いていませんし、並んでいる事も常ですが、狭い店内でカウンター目の前で焼いてくれるお好み焼きは大阪の昔ながらの雰囲気を出してくれます。
最寄駅は御堂筋線・阪急線の「梅田駅」やJR線の「大阪駅」など。新梅田食堂街は入り組んでいるので最初は迷うかもしれないので、お店の場所がわからない時は迷わずに地元の人に確認しましょう。
  • 大阪府大阪市北区角田町9-20新梅田食道街1F・2階
  • 0663615804

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する