• はてぶ
  • あとで
静かな港町にある絵のように美しいお寺!広島「対潮楼」へ行ってみたい

広島県・鞆の浦(とものうら)は、瀬戸内海に面した静かな港町。みどころもいっぱいあって、尾道や倉敷からもアクセスがよく、広島観光の際に立ち寄りたいエリアです。今回はそんな鞆の浦にある「対潮楼」という絵のように美しい景色が見られるお寺をご紹介します。 (※掲載されている情報は2018年1月に公開されたものです。訪れる際には必ず最新情報をお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

瀬戸内海に面する美しい港町「鞆の浦」

広島県の「鞆の浦(とものうら)」という場所をご存知でしょうか。日本一癒されるとも言われている港町なんです。広島県の尾道や、岡山県の倉敷からも1時間前後で行けるので、どちらかの観光のついでに行くのもオススメです。
鞆の浦は、ジブリの「崖の上のポニョ」の舞台にもなった町なんです。瀬戸内海やその島々を見渡せる、のんびりとした港町には、昔ながらの街並みが残りつつ、新しい魅力が詰まった素敵な場所です。

「鞆の浦」に関するオススメ記事

「対潮楼」とは?

そんな鞆の浦にある「対潮楼(たいちょうろう)」は、江戸時代に造られた福禅寺の客殿です。福禅寺はなんと950年頃の、平安時代に建てられたものなんです!由緒ある建築物なのですよ。
客殿である対潮楼は、朝鮮通信使三役の迎賓館として使われてきました。彼らがこの場所を好んで泊まっていたとも言われています。建物だけでなく、当時の異文化交流の中心という歴史もある場所なのです。

お寺から見える景色は圧巻

港から少し坂を登った高台に建っているお寺なので、瀬戸内海に浮かぶ島々を、お堂の座敷から見ることができます。高台から見る景色は、想像以上の絶景です。海を眺めながら、こんなにのんびりとできるお寺は、他にはないのではないでしょうか。
その景色の美しさから、朝鮮通信使の方が「日東第一形勝」、つまり朝鮮から東で一番美しい景色が見られるところと言われたそうです。日本一美しい景色が見られるお寺は、ここかもしれませんね。

他にもみどころいっぱいの鞆の浦

オススメスポット①:常夜燈

鞆の浦の一番のシンボルとして親しまれているのが、この「常夜燈」です。江戸時代から船の出入りを誘導してきた常夜灯で、今も明りが灯されています。海中の基盤から一番上までの高さが11mあり、江戸時代に作られ、現存する常夜灯の中で日本最大級です。

広島県福山市鞆町鞆843-1

3.13 241

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

オススメスポット②:太田家住宅

「太田家住宅」は、瀬戸内町を代表する昔の建築が残っているエリアです。保命酒の醸造蔵や炊事場などの9棟からなる建物は、歴史的な価値が高いことから国の重要文化財にもしていされています。

広島県福山市鞆町鞆842

3.17 342

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

絶景を見に「対潮楼」へ!

広島・鞆の浦にある、絵のように美しい景色が見られる「対潮楼」はいかがだったでしょうか。瀬戸内海ののんびりと温かな雰囲気を感じることのできる、素敵なスポットです。広島観光の際に、ぜひ訪れてみてください。
(※掲載されている情報は2018年1月に公開されたものです。訪れる際には必ず最新情報をお調べください。)

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

72natsu島と海が大好きです。

このまとめ記事に関して報告する