• はてぶ
  • あとで
バレンタインに溶けないお菓子を。東京都内で極上なチョコレート焼菓子があるお店7選

今年のバレンタイン、何をあげるようかと迷っていませんか? 冬は会社も電車も暖房がガンガンにきいています。チョコレートは暖房で溶けてしまいそう。そんなことを考えたことはありませんか。今回ご紹介するのは、東京都内にあるチョコレートを使った極上の焼き菓子。今年のバレンタインは、溶けないチョコレート焼き菓子で決まりです。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

感謝を伝える"焼き菓子"

バレンタインは、恋人だけでなく、日頃からお世話になっている人に感謝を伝えるチャンスでもあります。おすすめの贈り物は、やはり焼き菓子。日持ちがするので、気兼ねなくプレゼントすることが出来ます。それでは、チョコの焼き菓子の逸品をご紹介していきましょう。

① ユーゴ アンド ヴィクトール / 東京・表参道

価格帯:2,000〜5,000円

まずご紹介するのは、表参道にある「HUGO & VICTOR(ユーゴ アンド ヴィクトール)」です。このお店はチョコレート専門店。ここのフィナンシェは、フランスのFIGARO誌において、パリで美味しいフィナンシェ ランキング1位の評価を得ました。
※ 写真はイメージです。

※ 写真はイメージです。

また、天然の着色料を使ったマカロンも、カラフルでおすすめです。旬のものを使った味を楽しむことが出来るのも素敵ですね。ショコラ味と一緒に、フランボワーズやバニラ味なども一緒にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
お店に行くと、やはり気になるのがチョコレート。パリの人気ショコラティエの技術によって生み出されたチョコレートは、見ているだけでうっとりしてしまいます。おススメは「スフェール」シリーズ。宝石のような輝きをもつ丸いチョコレートです。

詳細情報

  • 東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ本館1階
  • 03-6434-0912

② イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ / 東京・代官山

価格帯:2,000〜4,000円

2番目にご紹介するのは、代官山にある「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」。おすすめの焼き菓子は、「あくの強いチョコレートの塩味クッキー」です。ほろ苦いチョコレートの味に、塩味がちょうどよくアクセントをもたらします。
もうひとつ、このお店で人気の焼き菓子は「塩味クッキー」です。塩とエダムチーズ、アーモンドや松の実を使っています。これも甘いものが苦手な人におすすめです。お酒にも合うので、色々と活用できる逸品クッキーですよ。
お店の外にはテラスもあり、ティータイムを楽しむことも出来ます。ここでしか食べることのできないデザートやケーキもあるのです。おすすめは、イートイン限定の「ミルフィユ」です。注文してからクリームを絞ってくれます。ぜひ試してみて下さい。

詳細情報

  • 東京都渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラム2階
  • 0334765211

③ マドレーヌ ラパン / 東京・自由が丘

価格帯:1,000〜2,000円

3番目にご紹介するのは、「マドレーヌラパン」。ここは東京初のマドレーヌ専門店。添加物を使わず、毎日手作りされるマドレーヌが人気です。しっとりとしていて、バターや卵の香りが豊かに広がります。
チョコレート味なら、「ダブルチョコレート」がおすすめです。生地だけでなく、チョコレートチップスも入っています。その他にも、宇治抹茶を使った「抹茶ホワイト」、店頭販売のみの「しゃりしゃりレモン」など、色々な織り交ぜてみると楽しいですね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する