• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての大分(別府・湯布院)で絶対にやるべき観光おすすめ7選

おんせん県、大分県。大分を代表する別府・由布院の両温泉は日頃の疲れを取ってくれ、慌ただしさを忘れさせてくれます。都会では絶対にない大分の温泉文化と風景。そんな大分(別府・湯布院)でここだけは絶対に外せない、おすすめの観光スポットを厳選してまとめました。

このまとめ記事の目次

大分(別府・湯布院)観光のすすめ

大分県は山がちの地形で、鉄道網は大分市を中心に伸びています。そのため、大分市を拠点とする場合は鉄道での旅行計画を立てられなくはないですが、大分空港から向かう場合は公共交通機関ではバスでのアクセスとなります。
宿泊拠点が別府や湯布院の場合は小回りが利きづらいのでレンタカーを利用して観光をするのがおすすめです。特に別府~湯布院間は大分自動車道経由で35km程度で相互の移動がしやすく、鉄道では大分市経由で遠回りとなります。近年は大分空港道路などの高規格道路の開通により、大分空港からのアクセスもより便利になりました。
尚、「湯布院」と「由布院」は同じ「ゆふいん」ですが、その違いについては後述していますので、参考にしてください。

1.「べっぷ地獄めぐり」で別府温泉を満喫

by U N
8つの温泉を一度に巡る、大分・別府観光で絶対に外せない温泉巡り。「地獄」は温泉噴出口の事を指します。「海地獄」「血の池地獄」「籠巻地獄」「白池地獄」「鬼石坊主地獄」「鬼山地獄」「かまど地獄」「山地獄」の8つ。中には足湯がある地獄もあります。
このうち、「血の池地獄」「籠巻地獄」を除くと全て別府温泉の中心・鉄輪(かんなわ)エリアに集中しており徒歩での温泉巡りが可能です。また「8地獄共通観覧券」もあり、5~6か所訪れる際にはお得になります。是非訪れたいおすすめの観光スポットです。
  • 大分県別府市大字鉄輪559-1
  • 0977-66-1577

2.「鉄輪温泉」街散策

鉄輪(かんなわ)は街の道路や煙突から湯気が上がる姿を見る事ができ、「温泉の町、大分・別府に来た」と感じさせてくれるおすすめの観光スポットです。「べっぷ地獄めぐり」の8つの内6つがこのエリアにあり、温泉巡りと街巡りを一緒に楽しむ事をおすすめします。
地獄の湯気を使った地獄蒸し専用の工房「地獄蒸し工房鉄輪」や食べ歩きが楽しくなる豚まんを販売する「鉄輪豚まん本舗」など見どころ満載。やや坂道になっており、疲れやすいので休みながら、温泉の浸かりながら大分・別府ならではの散策を楽しみましょう。
  • 大分県別府市
  • 大分県別府市風呂本5組
  • 0977664010
  • 大分県別府市井田3
  • 0977666390

3.別府駅前の共同浴場「竹瓦温泉」でジモ泉へ

地元の人が通う共同浴場、通称「ジモ泉」と言われる「竹瓦温泉」はJR別府駅からも徒歩7分程度と非常に近く、鉄道でのアクセスもできるのが魅力的なおすすめの観光スポットです。JR別府駅前にはもう1つ「駅前高等温泉」というジモ泉もあります。
日が暮れ始めるとJR別府駅前は明かりが灯り始め、どこかノスタルジックな香りを漂わせてくれます。夕暮れ時の街の雰囲気は写真を撮るにもぴったりの時間帯。この付近を散策する際は夕方が最もおすすめです。
asoviewで見る 他の提供元を表示2件
  • 大分県別府市元町16-23
  • 0977-23-1585

4.「由布院温泉」で落ち着いた温泉ライフを

由布岳の恵みを受け、豊かな湯量を誇る「由布院温泉」はおんせん県、大分県の代表的な温泉の1つ。由布院温泉は高級旅館が多いのですが、泊まって温泉ライフを楽しみ、観光の拠点にするのは断然おすすめの観光拠点スポットです。日々の慌ただしさを忘れさせ、ゆったりとした滞在が楽しめます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する