• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての沖縄・那覇で絶対にやるべき観光おすすめ7選

沖縄県庁所在地・那覇市。ローカルなイメージの強い沖縄の中で、都会な雰囲気を出す那覇の観光は、実は公共交通機関で完結する事もできます。今回は初めて沖縄・那覇を訪れる人向けに、絶対におすすめの観光スポットを厳選しました。

このまとめ記事の目次

那覇観光のすすめ

沖縄県の県庁所在地、那覇市は面積が狭い事もあり実は人口密度は国内トップレベル。東京23区部と政令指定都市では大阪市・横浜市・川崎市を除くと全て那覇市以下で、名古屋市より人口密度が高い事になります。那覇を訪れた時に思ったより都会に感じるのはこのためです。
日本でもトップレベルに人口が集中した場所になるので、那覇の観光に関してはあまり車はおすすめできません。渋滞が激しく時間が変動しがちのためです。那覇では「ゆいレール」が市内の主要箇所をくまなく走っており渋滞知らずなので観光には最適です。1日乗車券なども積極的に利用すると便利です。
沖縄旅行で1日は那覇、その他は以外をまわる行程の場合はレンタカーを借り続ける事もできますが、那覇市内の駐車場代や渋滞はお金や時間を少し無駄にしますので、那覇市内で借りて空港で返すなど、工夫を凝らすことでよりストレスなく観光ができます。是非試してみてください。

1.「国際通り」で食べ歩き、買い物

那覇のメインストリートは「国際通り」。今では観光ストリートになっており、飲食店やお土産物屋などが集中するおすすめの観光エリアになっています。街歩きしながらそのまま気に入ったお店で昼食・カフェタイム・夕食・飲み直しなどを楽しんでも良いでしょう。那覇市内宿泊の場合はこの国際通りからどれだけホテルが離れているかも1つの判断基準となります。
国際通りは「奇跡の1マイル」と呼ばれ、その長さは1.6km。往復すると3kmを越え非常に長い道のりになります。歩きやすい靴で訪れる事をおすすめします。最寄駅は東端はゆいレール「牧志(まきし)駅」、西端は「県庁前駅」の他、「美栄橋(みえばし)駅」も国際通り中間へアクセスができます。
  • 沖縄県那覇市牧志3-2-10 那覇国際通り商店街
  • 098-863-2755

2.「壷屋やむちん通り」で焼き物探し散策

「やむちん」とは沖縄方言で焼き物の事。那覇市壷屋地区には伝統的な焼き物を扱うお店や現代風のオシャレな焼き物を扱う様々なお店が集まっています。街歩きだけでも良し、買い物するのも良し。散策するのがとても楽しくておすすめの観光スポットです。
最寄駅はゆいレール「牧志駅」または「安里(あさと)駅」で徒歩約10分程。国際通りやその他の観光地と合わせて散策する事ができますがその際は思ったより歩く事も多いです。疲れ具合と相談しながら、楽しく散策しましょう。
  • 沖縄県那覇市壺屋1 壺屋やちむん通り

3.「牧志公設市場」で沖縄物産を探索

「まちぐゎー」は沖縄方言で「市場」の意味。この「牧志公設市場」はその沖縄らしい市場の1つであり、終日多くの客で賑わっています。色鮮やかな魚や豚の顔など、他の地域では絶対に見かけないものも売ってあり、沖縄のローカルな活気を楽しむ事ができるおすすめの観光スポットです。
牧志公設市場へはゆいレール「美栄橋駅」・「牧志駅」より共に徒歩10分。国際通り沿いから入られる市場本通り商店街内にありますが、このあたりは複雑に入り組んでおり、国際通りに戻るのも一苦労する事も。道に迷ってしまったら迷わず地元の方に尋ねてみましょう。
  • 沖縄県那覇市松尾2-10-1
  • 098-867-6560

4.「桜坂劇場」で沖縄カルチャーの発信地を訪ねる

「桜坂劇場」は映画館や喫茶店などが入る複合施設。古くは1952年に開業した「珊瑚座」が全身で今と昔が同居する場所です。映画放映だけでなく、ミニライブなども行われており、沖縄カルチャーの発信地としての魅力が詰まっているおすすめの観光スポットです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する