• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
自然が与える最高の癒しをあなたにも。透き通る水が美しい日本の絶景8選

波の音や川のせせらぎ、雨の音など、みなさん1度は水に癒された経験があるのではないでしょうか。水の音を聞くと、癒しの効果があるということは学問的にも証明されています。そこで今回は、聴覚からはもちろん視覚からも癒される、透明度が高い水がつくり出す絶景スポットを紹介していきます。(※掲載されている情報は2018年1月現在のものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.摩周湖 / 北海道

1つ目に紹介する透き通る水が美しい絶景スポットは、北海道のある「摩周湖」です。日本では1番透明度が高く、世界的にみても、ロシアの世界遺産であるバイカル湖の次に透明度が高いと言われている日本を代表する湖です。
摩周湖は、湖に水が入ることもなければ、出ていくこともない、いわゆる“閉鎖湖”です。排水や不純物が入り込むことがなくプランクトン等の浮遊物が極めて少ないため、高い透明度が保たれています。
摩周湖は、“霧の摩周湖”と言われるほど、霧に包まれていることが多い湖です。そのため、晴れた摩周湖を見ると「婚期が遅れる」、「出世ができない」というような少し良くない都市伝説が密かにささやかれています。

詳細情報

  • 北海道川上郡弟子屈町摩周湖
  • 0154821530

2.御釜 / 山形県

2つ目に紹介する透き通る水が美しい絶景スポットは、宮城県にある「御釜」です。蔵王五色岳にある火山口にできた湖です。そのため、別名「五色沼」とも呼ばれています。御釜を見ようと多くの人が刈田岳に登っています。
御釜は、基本的にはエメラルドグリーンの湖面ですが、季節・天候・時間など様々な環境の変化に伴って、湖の色も変化します。ころころと見せる姿を変えるこの湖から目が離せませんね。
御釜まで行くために通る「蔵王エコーライン」は、11月から4月の間は雪のため閉鎖されてしまいます。なので、御釜が見られるのは4月中旬から11月上旬です。特に、秋の紅葉シーズンは山々が色付き、より一層素敵な絶景を見ることができます。

詳細情報

  • 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内御釜
  • 0224-33-2215

3.ジニービーチ / 東京都

3つ目に紹介する透き通る水が美しい絶景スポットは、東京都の小笠原諸島にある「ジニービーチ」です。このビーチは、父島の南西端にあり、“父島で1番綺麗なビーチ”との呼び声が高いです。
ジニービーチは、陸路がなく、海からの上陸のみ許されています。そのため、ビーチに行くにはボートやシーカヤックを使う必要がありますが、白い浜と青い海に思わず心が踊ってしまうこと間違いなしです!
このビーチは、海からしか上陸できないので気力と体力が少し必要ですが、家族や友達と行けばそれさえも楽しい思い出になるはずです。普段は体験することができないことをやってみるのもいいですよね!

詳細情報

  • 東京都小笠原村
  • 04998-2-2587

4.はての浜 / 沖縄県

4つ目に紹介する透き通る水が美しい絶景スポットは、沖縄県にある「はての浜」です。“透明度が高い海”と聞いて思い浮かぶのはやっぱり沖縄ですよね。このビーチは、そんなイメージをさらに超えるビーチです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する