あなたはどっちに行きたい?「日本国内の絶景VS海外の絶景」12選

2024年が始まりましたね。今年こそは、いろんな場所に旅行したい!なんて方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「あなたはどっちに行きたい?日本国内の絶景VS海外の絶景12選」をご紹介いたします。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【日本の絶景】

白川郷 / 岐阜県

岐阜県にある「白川郷」は100棟余りの合掌造りが残る里山の集落で、世界遺産にも登録されていますよ。懐かしさを感じることのできるこちらは日本の原風景という言葉にピッタリなスポットですよ。
こちらのスポットはどの季節に訪れても美しく、楽しむことのできるのですが、特にオススメなのが冬季シーズンです。1月・2月の日曜日にはライトアップもされており、さらに幻想的な景色を見ることのできますよ。

忍野八海 / 山梨県

こちらは、山梨県の「忍野八海」です。原風景が残るこの場所では、日本の象徴である富士山を、間近に臨めます。富士山の伏水流に水源をもつ湧水群では、富士山の雪解け水によってつくられる、清らかで澄みきった水や空気が特徴。
冬から春先にかけて、富士山とともに真っ白な雪をかぶった家々は、趣に満ちた日本の原風景を演出してくれています。江戸時代よりも前から時が止まっているかのようなのんびりとした空間、まるでこの数百年の時代の動きには完全に無関心でいたかのようです。

阿智村 / 長野県

こちらは、長野県にある「阿智村」です。日本が誇る絶景星空スポットで、あまりの美しさからは天空の楽園とも称されています。光害がほとんどないこの場所では、幾千もの星々を肉眼で見ることができます。その美しさは環境省も認めたほど。
阿智村は、長野県南部、下伊那郡にあります。車で訪れる際は、中央自動車道 飯田山本ICが最寄りです。また、電車で訪れる際は、飯田駅か天竜峡駅が最寄りです。飯田駅からは車で30分ほど、天竜峡駅からは車で15分ほどの場所にありますよ。

南禅寺 / 京都府

こちらは、京都府の「南禅寺」です。日本を代表するお寺の景色。紅葉の時期にはとても鮮やかな赤に彩られ多くの海外からの観光客にも人気となっています。一方一番の見どころは、奥のほうにどっしりとたたずむ“水路閣”です。
琵琶湖から京都市内への水路として建てられた石造りの建造物です。要塞のように堅固で無骨なこの水路閣、どこか西洋風で京都っぽさを持ち合わせていない一方で、周囲の紅葉が彩を加えて不思議な空間を演出しています。着物姿と組み合わせてみても面白いですよ。

父母ヶ浜 / 香川県

こちらは、香川県の「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」です。まるで鏡のように、まわりの世界一面を反射する水面が幻想的な世界を作り出しているこの場所。あまりの美しさから、“日本のウユニ塩湖”とも呼ばれている超絶景スポットです。
狙い時は、日の入りと干潮がかぶさり、風がなく水面が波打たない夕暮れ時。上下に反転した二つの世界には、一種のトランス状態に。足元に反射される人影はとてもロマンチックで、写真映え抜群ですよ。時刻を事前に調べて、チャンスを見計らって撮影してみて下さいね。

香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3

4.51 54954

浜野浦の棚田 / 佐賀県

こちらは、佐賀県の「浜野浦の棚田」です。日本の夕陽百選に選ばれたこの景勝地は、夕焼けの光景がセンチメンタルな風景を作り出します。ここではそんな絶景と相まって、棚田がとんでもない芸術作品を作り出します。
自然がつくり出す美しいリフレクションは、まるで神様が天の上からいたずらにお絵描きしているかのようです。この芸術作品が海から顔を出す夕焼けの時間は1年にも数日しかなく、まさに奇跡の光景が息づいているスポットです。

【海外の絶景】

テカポ湖 / ニュージーランド

こちらは、ニュージーランドの南島にある「テカポ湖」です。氷河に削られて生み出されたこの湖は、世界一美しいともいわれている星空を目の当たりにすることができます。国内で最も晴天率が高く、光害が少ない場所だからこその特別な絶景ですよ。
空から降る数億の星は南十字星やマゼラン銀河をも映し出しています。湖畔にぽつりと佇む石造りの"羊飼いの教会"は、まるで世界の果てで待ち人を何百年も待っているかのような哀愁すら感じます。そんな教会は、無限に広がる星空が慰めているかのようですね。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する