• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての熊本・阿蘇で絶対にやるべき観光おすすめ7選

くまモンで人気の熊本は雄大な阿蘇山から「火の国」とも呼ばれています。魅力たっぷりな熊本・阿蘇ですが初めての観光は詰め込み過ぎて満足にまわれない事も。そこで今回は初めての熊本・阿蘇で絶対にやるべきおすすめの観光を厳選してまとめました。(掲載の情報は2019年6月のものです。必ず事前にご確認ください)

このまとめ記事の目次

熊本・阿蘇観光の留意点

熊本・阿蘇は2016年4月に発生した熊本地震の影響で、復興半ば。そのため現在でも多くの主要道路が通行止めになっており、特に熊本・阿蘇間を結ぶ主要国道57号線は一部通行止めで迂回せざるを得ません。「ミルクロード」「俵山トンネルルート」「長陽大橋ルート」が迂回路として指定されています。通るべき道は主要なところは観光時の交通状況に注意しましょう。
鉄道も熊本・阿蘇間を繋ぐJR豊肥線が一部区間で運休となっています。現状を踏まえると熊本・阿蘇の観光はレンタカーが最適です。また九州新幹線JR熊本駅は熊本市街地西側に外れています。熊本空港は熊本・阿蘇の中間にあり、便利な立地となっています。熊本へ向かう交通手段により観光ルートの計画が大きく変わりますので事前に情報を収集しておきましょう。

1.400年の歴史を誇るシンボル今の「熊本城」へ

(被災前の熊本城)

熊本城は熊本のシンボルでその凛々しい姿は魅力的のおすすめの観光スポットです。熊本地震により大きな被害を受け、長い月日のかかる復旧作業中。しかし、見学は一部を除き可能なので、復興へ向かう熊本城の今の姿を眺めに行きましょう。
熊本城は工事の進捗状況により見学できる箇所が異なってきますので必ず事前に確認を取っておきましょう。熊本城へは熊本市中心部各ホテルからのアクセスは抜群。駐車場もあるので車を停めるのも良し、路面電車では「熊本城・市役所前」電停が最寄りなのでそこから徒歩で向かうのも良し、でしょう。
  • 熊本県熊本市中央区本丸1-1 熊本城
  • 096-352-5900

2.繁華街「通町筋」界隈で名物馬刺しを食し、お土産探し

熊本随一の繁華街「上通(かみどおり)」「下通(しもどおり)」「銀座通り」を中心とした通町筋には飲食店を初めとして様々なジャンルのお店が並んでいます。お土産物屋もあり、熊本土産の定番「くまモン」グッズをここで購入しておきましょう。
熊本名物は「馬刺し」。ここで味わえる有名店は「馬桜」「菅乃屋」などがあり、おすすめの観光グルメスポット。週末を初め混み合う事もあるので事前予約をしておくと尚安心です。熊本市内主要ホテルからは近いので徒歩圏内である事が多いですが、路面電車で訪れる際は「通町筋(とおりまちすじ)」電停が最寄りとなります。車でのアクセスの際はホテルまたは近くの駐車場を利用しましょう。
  • 熊本県熊本市中央区下通1-9-10 光臨ビルBF
  • 0963123618
  • 熊本県熊本市中央区下通1-12-1 光園ビル2階
  • 0963558388

3.「阿蘇パノラマライン」で爽快ドライブ

「阿蘇山」の最大の魅力は世界最大級のカルデラで、その中に人が住んでいるという世界でも極めて稀な場所。「阿蘇パノラマライン」は阿蘇山山頂に向けた雄大な景色を味わえるドライブコースです。「米塚」は阿蘇らしい風景の1つです。
(現在は入山規制中)

(現在は入山規制中)

2016年の阿蘇山噴火の影響で、現在は「中岳山頂」は入山規制中です。また「阿蘇パノラマライン」の道路状況が変わる事もありますので事前に確認をしましょう。現在の道路事情より阿蘇駅から向かうルートがメインとなります。道路状況は変動する場合がありますので必ず事前に確認をしましょう。
  • 阿蘇パノラマライン
  • 阿蘇中岳噴火口

4.「草千里ヶ浜」で草原を歩く

「阿蘇パノラマライン」の道中にある草千里ヶ浜は周囲1kmにも及ぶ草原地帯。烏帽子岳を背景に広がる壮大な景色は熊本・阿蘇を代表するおすすめの観光スポットです。草原地帯は歩く事もできますが、あまりに遠くに行き過ぎると戻るのが大変なので程々にしましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する