• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【子供から大人まで楽しめる】昭和レトロな飛騨高山レトロミュージアムを徹底紹介

2018年11月15日に高山市街地にある観光名所の古い街並みや中橋から徒歩1分にオープンした飛騨高山レトロミュージアム。全国屈指の価値のある昭和の品々を2人のオーナーが長年かけて集めた物が展示され、若い世代や子供も楽しめる展示物も多くあり、館内各ブースではさまざまな体験もできます。リアルに再現された昭和の街並みを歩いて様々な昭和レトロ品を触って体験できる昭和館。2019年2月には小学校ブースで当時の学校給食体験も始まります。懐かしい揚げパンやソフト麺などあの頃の給食を食べていただけます。 飛騨高山の絶対に行ってみる価値のあるスポットをご紹介いたします。掲載されている情報は2019年1月時点のものです。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

まるで昭和のドラマの世界へタイムスリップしたような世界へ

高山市街地って食べ歩きや、ユネスコ世界文化遺産の屋台など何度行っても楽しいところですよね。でも小さな子供が行くところが無い・・・。そんな市街地の観光名所の高山陣屋や中橋、古い町並みから徒歩1分の場所に出来た、体験型の昭和館【飛騨高山レトロミュージアム】をご紹介いたします。
昭和20年~50年代のブリキのおもちゃやフィギュア、昭和映画のポスター、昔よく遊んだおもちゃやゲームなどが、実際に観て・遊んで・写真を撮ることができる昭和の体験型スポット。まるでドラマのセットのような入り口の駄菓子屋では、昔懐かしい駄菓子を購入して館内で食べ歩きもできます。小学校や、リアルに再現された昭和の街並、病院や床屋など昭和の生活や文化を観ながら、昭和にタイムスリップしたような面白いインスタ映え写真を撮って楽しんでみてはいかがでしょうか。

昭和の小学校ブース

受付で料金を支払って、まず最初に現れるのは昭和の小学校。椅子や机は木製で昭和レトロ感が満載。黒板には自由に落書きなどが残せるようにチョークも用意してあります。机の横には当時のランドセルや、今では見ることがないノートや教科書も実際に触って見ることができます。昭和レトロな小学校はインスタ映えな女子に大人気。飛騨高山レトロミュージアムにはスマホで撮影するための三脚が至る所に用意されているので、自撮りなどインスタ映えな写真を撮っていただけます。

学校給食を食べてみよう!

そんな小学校ブースでは2019年2月10日から当時の学校給食の提供が始まります(有料)ソフト麺や、コッペパン、揚げパン、ミルメークなど、当時に食べた学校給食を再現。メニューや単品料理など色々なメニューでスタートするそうですよ。

昭和の玩具コーナー(2階)

子供が遊べるエリアは大人も楽しかった

ブリキのおもちゃコーナーを過ぎると2階への階段があり、登っていくとそこには昭和レトロなおもちゃやファミコンがあり、自由に遊ぶことができます。貴重な昭和レトロなおもちゃを触って遊ぶなんて、なかなか出来ないので貴重な体験になりますね。昔持っていた物や、高くて買ってもらえなかった玩具が沢山置いてあります。また奥には緑に光るウランガラスや昭和の映画ポスターなども展示されています。

懐かしいおもちゃがたくさん!

懐かしいチクタクバンバンやポコペンなど当時持っていた懐かしいおもちゃが動く状態であり、実際に遊んでいただけます。

ソフビコーナー

ずらりと並んだソフビのフィギュア

仮面ライダーシリーズ、ウルトラマンシリーズ、他にも懐かしいフィギュアが沢山展示されています。しかしこんなに良く集めたもんだと感心します。

昭和の自転車屋さん

次の昭和の自転車屋さんエリアに入ると、トタン張りの細道に壁一面の昭和の映画ポスターが展示されています。昔のラビット(バイク)にまたがって、インスタ映えな写真をパチリ!こんな写真スポットが飛騨高山レトロミュージアムには至る所にあるんですよ。昭和の裏路地を抜けると、今度は壁一面に当時の海外映画のポスターが壁一面に。

昭和の貴重な展示品コーナー

こんなの見たことないでしょ?

これ何だかわかりますか?昔のグリコや森永など、お菓子のメーカーさんの業務用のパッケージ箱なんです。よくこんなの持ってましたね(笑)

飛騨高山レトロミュージアムのトイレがすごかった!

ここはどこだかわかりますか?

壁一面に昭和の映画のポスター。
ここは飛騨高山レトロミュージアムのトイレなんです。男性用も女性用も壁一面が映画のポスターで埋め尽くされています。こんな場所までレトロを出しているんですね。

トイレが昭和ですごかった

飛騨高山レトロミュージアム館内にあるトイレ。女子専用と男子専用とわかれていますが、両方とも入ると驚きの光景です。壁面いっぱいに昭和の映画ポスターなどが張り巡らされており、懐かしいポスターや初めて見るような昭和映画のポスターなどを見ることができます。

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

アトリエ・イハナ岐阜県高山市の高山昭和館前にある、アンティーク雑貨とハンドメイドアクセサリーの専門店アトリエ・イハナです。写真事業では高山市を中心に360度パノラマや風景写真をおこなっております。

このまとめ記事に関して報告する