3月の海外旅行におすすめ!今すぐにでも行きたい世界の暖かい国13選

3月の日本はまだまだ寒いですよね。一方で海に入れたり、薄着で過ごせるような国が世界にはたくさんあります。寒いところから逃げて、暖かい国へ行きたい!いう方に今最もおすすめの国を13個紹介したいと思います。これを参考にぜひ友達や恋人と旅行のプランを立ててください。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

ドバイ / アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦の「ドバイ」です。夏のとても暑くなってしまう前の、冬は意外と涼しいため3月が過ごしやすい季節と言えます。雨はほとんど降ることがないので、ラフな格好で街歩きができます。
この「ブルジュハリファ」は世界一高い超高層ビルなんです。ブルジュ・ハリファ駅から徒歩10ほど。屋外展望台からの景色は絶景ですが、かなり混んでるので当日券は入手しにくいですよ。なので、事前にネットで予約するのが値段も安く好きな時間を選べるのでおすすめですよ。

ブルジュ・ハリファ Burj Khalifa

1 Mohammed Bin Rashid Boulevard, Dubai 9440, United Arab Emirates

3.17 11344

ホーチミン / ベトナム

3月にいきたい海外旅行先は,、タイの「ホーチミン」です。ホーチミンは年間を通して平均気温が26度以上あり、3月は約28度とかなり暑いため水分補給を忘れずにしてくださいね。ピンクの教会「タンディン教会」は人気フォトスポット。
「ドンコイ通り」はホーチミンにきたら必ず一度は歩くべき観光スポット。レストラン、マッサージ店、やカフェやお洒落な雑貨店など、プチパリを感じられる街並みです。お土産探しにもピッタリですよ。

モロッコ

3月にいきたい海外旅行先は、「モロッコ」です。気温が上がりはじめる前の3月は過ごしやすい季節です。マラケシュの旧市街などの世界遺産に登録されているところも、この時期が街歩きにぴったりです。サクラにそっくりの花を見ることができるのもこの季節ならではです。
北部リフ山脈の麓にある「シャウエン」は、街全体が青と白に塗られたまさに秘境。アクセスは少し困難ですが、フェズからモロッコ国営バスCTMで3〜4時間で行けます。まるで絵本の世界にでも迷い込んだようなパステルカラーのかわいい街は一度は行ってみたいフォトジェニックな街ですね。
3.21 4210

アムステルダム / オランダ

オランダの「アムステルダム」です。3月の平均気温は11℃前後と少し肌寒いですが、「ヨーロッパの庭」とも呼ばれる世界的に有名なフラワーパークである、キューケンホフ公園が開園しているのは3月中旬~5月中旬のみなんです。是非この機会を逃さず訪れてみてはいかがでしょうか。
また、アムステルダムは運河が165個もあり、水の都とも言われています。ここ「マヘレの跳ね橋」はアムステルダムで唯一の木造の跳ね橋となっています。橋は不定期に開閉し、夜には美しくライトアップされ、幻想的な雰囲気に思わずうっとりしてしまいます。

リスボン / ポルトガル

ポルトガルの中でも首都でもある「リスボン」です。ポルトガルのヨーロッパの中でも一番西、イベリア半島の大西洋岸に位置しているので、地中海性気候となっています。日本と同じように冬には寒くなりますが、3月には暖かくなり始めるので、春のような気持ちのいい気候が楽しめます。
リスボンはなんといっても、カラフルでレトロな雰囲気の街並みが素敵なんです。中心地を走る路面電車は、リスボンを代表する光景。こじんまりとした街には世界遺産や教会、美術館など見どころがたくさんあり、観光も楽しむこと間違いなしです。

メキシコ

「メキシコ」です。近年観光地として人気になりつつあるメキシコは、アメリカの南部に位置し、比較的一年中暖かい気温なんです。3月はメキシコ人にとってもホリデーの期間なので、国全体が賑やかなムードとなっています。
メキシコといえばメキシコシティーを訪れる人が多いかもしれませんが、寒いのが苦手なひとには「カンクンビーチ」はおすすめです。一年中夏のような気温で、綺麗な海辺が多いため、リゾート地としても人気が高いんです。南米で出会える真っ白な砂浜と透明な海をぜひ堪能してください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する