• はてぶ
  • あとで
【保存版】いま大注目のハワイ島!絶対外せないオススメ観光スポット10選

羽田空港より直行便が開設するなど、盛り上がりを見せている「ハワイ島」。いまも活動を続ける火山、満点の星空、山肌を割って落ちる滝に、ウミガメがやってくるビーチ…ハワイ島の魅力はなんと言っても大自然です。スケールの大きなハワイ島に身を置くと、日常のちっぽけなことは忘れてしまいそう! 地球の息吹きを肌で感じる旅に、出かけてみませんか?(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 世界遺産「キラウエア火山」

自然豊かなハワイ島に来たら、まず外せないのが「キラウエア火山」。ハワイ火山国立公園として世界遺産にも登録されており、世界中から観光客が訪れる大人気スポットです。
黒々とした溶岩からあがる煙や、熱を帯びた地面に、“生きている地球”を肌で感じることができますよ。
公園内は展望台、ビジターセンター、宿泊施設まであり、環境が整備されているので安心。溶岩の洞窟「サーストン ラバ チューブ」は、歩道が舗装されているのでお子さんでも歩きやすく、家族で立ち寄るのにオススメ。火口付近のトレッキングはもちろん、溶岩の道をドライブするだけでも充分迫力があるので、状況に応じた楽しみ方ができます。

2. 「マウナケア」で世界一の星空を

ハワイ島で絶対外せない二大観光スポットとして、キラウエア火山に続くのがこの「マウナケア」です。標高約4,200mとハワイで最も高い標高を誇る山で、その環境から天体観測に最も適した地として世界中の天文機関が集中しています。日本の望遠鏡「すばる」があることでも有名ですね。これは天体観測をしないわけにはいきません!
山頂から眺める夜空はまさに圧巻。今にも降ってきそうな星の数々に、「宇宙に一番場所」という呼び名も。大自然を全身で感じられるパワースポットとして、多くの人々が訪れています。刻々と変化する空の表情は、いつまで眺めていても飽きることがありませんね。山頂付近は夏でも気温が低いので、防寒具を用意して行きましょう。

mauna kea United States

3.73 10347

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3. ハワイアンの聖地「アカカフォールズ」

ハワイ島最大の滝「アカカフォールズ」。神話やハワイアンソングに頻繁に登場することからも、昔から地元で親しまれている存在なのがわかります。落差は約130mあり、水量も多く豪快な印象。この辺りは雨が多く、増水時の轟音を響かせて落ちる様子は圧巻です。
周囲は森に囲まれており、トレイルコースには熱帯植物が生い茂ります。おなじみの植物も、その大きさにびっくりするかも! 溶岩など乾いた印象のハワイ島ですが、ここは水と緑があふれていて、何度も深呼吸したくなるほど気持ちの良い空間が広がります。

End of Akaka Falls Road, Hilo Island of Hawaii HI

3.08 134

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4. 虹が美しい「レインボーフォールズ」

ハワイ島でもう一つおさえておきたい滝が「レインボーフォールズ」。流れ落ちる滝つぼに虹がかかることでこの名前がついたんだとか。虹を見たい場合は、午前中に行くほうが確率が高いそう。
力強い緑をかき分けて進むと大きなバニヤンツリーが登場したりと、周囲の散策が楽しめるのもポイント。駐車場から滝まですぐなので、小さなお子さんがいる方や体力に自信がない方でも気軽に立ち寄れるスポットです。

5. 黒い砂浜!「プナルウビーチ」

南東部に位置する「プナルウ・ブラック・サンド・ビーチ」の砂は見ての通り、真っ黒。この黒い砂の正体は、砕けて細かくなった溶岩です。太陽の陽を浴びてツヤツヤと光る黒砂は、白い砂とはまた違う美しさがありうっとり。これぞハワイ島ならではのビーチです。
この海岸はウミガメに出会えるビーチとしても有名。運が良ければ、甲羅を乾かしに砂浜に上がってきたウミガメたちに遭遇するかもしれませんよ! ただし、見かけても触らずにそっと見守りましょう。

この海岸はウミガメに出会えるビーチとしても有名。運が良ければ、甲羅を乾かしに砂浜に上がってきたウミガメたちに遭遇するかもしれませんよ! ただし、見かけても触らずにそっと見守りましょう。

Government rd Pahala, HI

3.01 06

6. 「ヒロ」でオールドタウン散策

名所周りの間にちょっと立ち寄りたいのが、東海岸にある街「ヒロ」。ホノルルに次ぐハワイ第2の大きな都市です。と言っても、ホノルルのような発展した都市ではなく、どこか懐かしさを感じるお店や建物など、“古き良きオールドタウン”といった趣き。のんびり散策するにはもってこいです。
地元の人たちが買いに来る市場や、センスの良いおみやげ屋、ご近所さん御用達の定食屋など、思わず立ち寄りたくなる場所がたくさん。周辺には観光名所も多いので、ドライブの休憩にもオススメですよ。

ISLAND OF HAWAII/HILO

3.24 150

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

7. 神秘の場所「ワイピオ渓谷」

北に位置する「ワイピオ渓谷」は、カメハメハ大王が幼少期を過ごしたとされる神聖な場所。周囲にはいくつもの滝が流れ、神秘的な雰囲気に包まれています。ゆっくりと深呼吸したくなる景色ですよね。断崖をのぞむ展望台までは車で行けますが、さらに深いところまで楽しみたい場合はツアーに参加するのが良さそう。
注目は、絶景ポイントまで連れていってくれる乗馬ツアー。馬の背に揺られながら大自然を進んでいくのは、何とも言えない贅沢な気分。こんな体験ができるものハワイ島ならではです。日常を忘れて心からリラックスできそう!

アメリカ合衆国 96727 Hawaii, Honokaa, Waipio Valley Rd, United States

3.29 362

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

8. 全米No.1「ハプナ・ビーチ」

ゴツゴツとした溶岩のイメージが強いハワイ島ですが、白浜のビーチも存在します。西海岸に広がる「ハプナ・ビーチ」は、全米No.1にも輝いたことのある絶景スポット。透明度も申し分なく、リゾート気分が盛り上がること間違いなしです!
夕刻には、海に沈んでゆく美しい太陽にうっとり。大自然に囲まれながら、時がゆったりと流れていきます。ハワイ島にやってきたことを実感するはず。

9. マリンスポーツなら「カハルウビーチ」

マリンスポーツを楽しみたいなら「カハルウビーチパーク」なんていかがでしょうか。防波堤があることで1年を通して波が穏やかなので、シュノーケリングにもってこいのスポット。沖ではサーフィンを楽しむ人々もいて、友だち同士でも家族連れでも、思い思いの時を過ごせそうです。
海の中にはカラフルな熱帯魚や、サンゴ、時にはウミガメが泳いでくることも。ハワイならではの貴重な体験ができそうです。西海岸の中心、カイルアコナの街から近い距離にあるのでアクセスも抜群。訪れるなら、海水の透明度の高い早朝が◎

Ali'i Dr, Kailua-Kona, HI 96740, USA

写真を投稿する
3.05 03

10. コーヒー農場「マウンテン・サンダー・コーヒー」

ハワイの名物といえばやっぱりコナコーヒー。島内には数々のコーヒー農園がありますが、こちらの「マウンテン・サンダー・コーヒー」は海抜1,000mの高地にある、山の中のコーヒー農園。自然の恵みたっぷりで作られた、深い味わいを堪能しましょう。
ここで作られるオーガニックコーヒーの「クラウド・フォレスト・エステート」は、数々のコンテストで入賞した自慢の味。コーヒー好きさんはぜひチェックして! おみやげにも喜ばれますよ。

73-1942 Ha'o St, Kailua-Kona, HI , USA

写真を投稿する
3.05 05

オアフ島から40〜50分のビッグアイランド「ハワイ島」

いかがでしたか? これまでオアフ島はあってもほかの島には行ったことがない、という方にもぜひ知っていただきたい魅力的な島です。ワイキキから飛行機で40〜50分程度でも行けるので、オアフ島に行く予定のある方はちょっと足を伸ばしてみても。新たなハワイの魅力に出会えること間違いなしですよ!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する