• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】日本一早い夏花火が見たい!沖縄で「第15回 琉球海炎祭2018」開催

2018年4月14日(土)、沖縄県の宜野湾海浜公園で、日本で一番早い夏の花火が見られる「第15回 琉球海炎祭2018」が開催されます。打ちあがるのは、約10,000発の花火たち。流行の音楽や沖縄の音楽に合わせて打ちあがり、音と光の競演を楽しむことができます。

このまとめ記事の目次

日本で一番早い夏祭り「第15回 琉球海炎祭2018」開催

開催日:2018年4月14日(土)

※画像はイメージです。

2018年4月14日(土)、沖縄県の宜野湾海浜公園で、日本で一番早い夏の花火が見られる「第15回 琉球海炎祭2018」が開催されます。

※画像はイメージです。

「琉球海炎祭」は、毎年4月中旬に宜野湾海浜公園トロピカルビーチで開催されている花火大会。日本で一番早い夏の花火が見られるイベントとして、多くの人が訪れるんです。

※画像はイメージです。

打ちあがるのは、約10,000発の花火たち。流行の音楽や沖縄の音楽に合わせて打ちあがり、音と光の競演を楽しむことができます。最新テクノロジーを導入することで音楽とぴったり息の合った花火が楽しめるため、迫力だけでなく、その緻密さも注目すべきポイントです。

※画像はイメージです。

有料観覧エリアや指定席には、チケットの購入が必要です。ベストポジションで見たいという方は、ぜひ公式サイトで確認してみてください。

日本一早い夏花火が見たい!

※画像はイメージです。

4月に見られる花火大会は夏に比べ少なく、海面にうつる美しい花火を堪能できるのは春の沖縄ならではの楽しみなのではないでしょうか。ぜひ春の沖縄旅行や週末のおでかけで、美しい花火と音楽に酔いしれてみては?

詳細情報

■第15回 琉球海炎祭2018
開催日:2018年4月14日(土)雨天決行
※強風、強雨等の荒天時には翌日15日(日)に順延
開場時間:15時30分(予定) 
開演時間:19時30分
会場:宜野湾海浜公園トロピカルビーチ
  • 沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1
  • 0988972751

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する