• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【三重】美し国のパワースポット!三重の人気おすすめ紅葉名所ランキングTOP5

伊勢神宮は、紅葉スポットとしても人気がありますのでパワースポットとしての神秘のパワーと紅葉の自然エネルギーの両方を感じて運気アップをしちゃいましょう。

このまとめ記事の目次

三重県の紅葉情報

三重県の紅葉は10月下旬から12月中旬頃まで見ることができます。日本のほぼ中心にあり、美しいリアス式海岸や山岳地帯など自然豊かなのが特徴です。そんな三重県には、日本の紅葉百選で選ばれた紅葉スポットが2カ所、そのほかにも綺麗な紅葉スポットがいくつもあります。

第5位 香落渓(かおちだに)/ 名張市青蓮寺

三重の人気おすすめ紅葉名所ランキング第5位は、名張市郊外にある「香落渓(かおちだに)」。室生火山群の活動が作りだした雄大な渓谷で、断崖や奇岩が連続する柱状節理の岩壁が、8kmにわたって続いています。むき出しのごつごつとした迫力のある岩、そしてそれを覆うかのような色とりどりの紅葉が美しいです。

▶紅葉データ

【例年の色づき始め】11月上旬
【例年の見頃】11月10日~11月20日
【おすすめスポット】河鹿橋周辺、紅葉谷橋上流、夫婦山(三重県・奈良県の県境付近)
自然がつくり出した8kmにもわたる渓谷は迫力満点です!またドライブコースとしても人気があるのでカップルデートとしてもおすすめの紅葉名所です。

▶アクセスデータ

【住所】 三重県名張市青蓮寺
【交通アクセス】
(電車)近鉄大阪線名張駅から山粕西行き三重交通バス約25分「紅葉谷」下車、近鉄大阪線名張駅から山粕西行き三重交通バス約30分「落合」下車
(車)名阪国道上野ICから国道368号・165号経由約45分 対向車注意。駐車してから紅葉観賞を。
【駐車場】 無料
【注意事項】 大雨のあとの紅葉と滝、快晴の空と錦の紅葉が見所(10時30分~14時頃が紅葉の透過光で美しい)
【お問合せ】 0595-63-9087 (一社)名張市観光協会

第4位 御在所岳(ございしょだけ)/ 三重郡菰野町

三重の人気おすすめ紅葉名所ランキング第4位は、「御在所岳(ございしょだけ)」。鈴鹿山脈の主峰で眺望は見事。山頂の草原は公園で展望台などがあり、北壁の岩場は有名ですよね。また、標高1212mの御在所岳の山頂から湯の山温泉街へと紅葉がだんだん下りていく様子をロープウエイから約1ヶ月間、楽しむことができます。

▶紅葉データ

【例年の色づき始め】10月中旬
【例年の見頃】10月下旬~11月下旬
【紅葉する木の種類】カエデ、アカシデ、シロモジ、コアジサイ、ベニドウダン、アカヤシオ、シロヤシオ、マンサク、ミズナラ
【おすすめスポット】御在所岳一帯
登山を楽しみながら紅葉も見れますが標高1212mの御在所岳山頂から湯の山温泉街へと紅葉がだんだん下りていく様子をロープウエイでも楽しむ事ができこちらも大変人気があります。

▶アクセスデータ

【住所】 三重県菰野町
【交通アクセス】
(電車)近鉄湯の山線湯の山温泉駅からバス約10分「三交湯の山温泉」下車徒歩約10分で御在所岳ロープウェイ湯の山温泉駅
(車)東名阪道四日市ICから国道477号・県道577号線経由約12km 11月は特に渋滞するため、平日がおすすめ。
【駐車場】 有料
【お問合せ】
059-392-2261 御在所ロープウェイ
059-392-2115 湯の山温泉協会
059-394-0050 菰野町観光協会

第3位 多度峡(たどきょう)/ 桑名市多度町

画像はイメージです。

三重の人気おすすめ紅葉名所ランキング第3位は、「多度峡」。多度川上流の多度峡の渓流沿いのモミジやカエデが鮮やかに色づいています。峡谷沿いに川が流れておりせせらぎとともに楽しむ紅葉は見事。人の手があまり加えられていない、手付かずの自然を満喫することができます。

▶紅葉データ

【例年の色づき始め】11月中旬
【例年の見頃】11月17日~11月24日
【紅葉する木の種類】モミジ、カエデ

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

LANIKAI第二の故郷でもあるHAWAIIをこよなく愛し、旅の半分はHAWAIIへ里帰りをしています。現在は最愛の妻と怪獣のごとく『イヤイヤ期』真っ盛りの娘の育児に日々奮闘中!HELP ME!

このまとめ記事に関して報告する