• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
色鮮やかな楽園へ。タイ・バンコク女子旅で訪れたい観光・グルメスポット12選

近年、海外女子旅先として大人気のタイ。極彩色きらめく寺院や、おしゃれなカフェなど、何をとっても日本では味わうことのできない異国情緒を味わうことができます。そんな魅力溢れるタイの首都であるバンコクの絶対に訪れたい観光・グルメスポットをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

極彩色鮮やかでまるで天国。異国情緒漂う観光スポット。

まず、タイ・バンコクの観光スポットをご紹介します。三大寺院を始めとし、とっても細かくて凝った装飾が施されていたり、鮮やかでまるで地上の天国のような素敵なスポットがたくさんあるんですよ。必見です。

①ワット・サマーンラッタナーラーム

次にご紹介するバンコク女子旅で行きたい観光スポットは、「ワット・サマーンラッタナーラーム」です。こちらで一際目を引くのが、ピンクの像。こちらの巨像は、ヒンドウー教の神であるガネーシャです。商業・学問の神として崇められています。
ピンクのガネーシャの周りには、ガネーシャの使いとされる7匹のネズミの像があります。このネズミ達に願い事をしえ、ガネーシャに伝達してもらう、という仕組みになっているんだそう。生まれた曜日によってお願いするネズミの色が違うんだそう。ネズミの左耳を手で押さえ、右耳に願い事をするのがポイントです。敷地全体に極彩色の建物や像があり、まさに地上の極楽浄土です。

詳細情報

  • Kon Kaeo, Amphoe Mueang Chachoengsao, Thailand
  • +66 81 983 0400

②アジアティーク・ザ・リバーフロント

続いてご紹介するのは「アジアティーク・ザ・リバーフロント」です。こちらは、名前の通りリバーサイドにあるナイトマーケットで、2012年にオープンしてから観光名所として人気を集めています。歴史的な建物もいいですが、このような現代的なスポットもいいですよね。最寄りのサパーンタクシン駅近くから、無料のフェリーが出ているのでぜひ夜景クルーズを楽しんでみては?
レストランやお土産が買えるお店の他に、老舗キャバレーの「カリプソ・キャバレー」も敷地内にあるんです。タイに来てニューハーフショーを見たいという方はぜひここがおすすめ。多くの日本人観光客も訪れる人気スポットで、豪華な1時間強に圧倒されること間違いなしです。

詳細情報

  • 2194 Charoen Krung Rd, Khwaeng Wat Phraya Krai, Khet Bang Kho Laem, Thailand
  • +66 02 108 4488

③ワット・アルン(暁の寺)

続いてご紹介する観光スポットは、「ワット・アルン」です。タイの三大寺院の一つであるこちらのお寺。巨大な仏塔がそびえます。塔にはカラフルな極彩色の細かい陶器が埋め込まれていて、太陽の光に反射してキラキラときらめきます。
タイ語で「暁の寺」という意味のこちら。夕暮れから夜にかけてはライトアップが行われて幻想的な雰囲気が漂います。作家である三島由紀夫もこの景色に感動して、輪廻転生の物語「暁の寺」を執筆したと言われています。

詳細情報

  • 158 Thanon Wang Doem, Khwaeng Wat Arun, Khet Bangkok Yai, Thailand
  • +66 2 891 2185

④ワット・プラケオ

次にご紹介する観光スポットは、「ワット・プラケオ」です。こちらも三大寺院の一つです。バンコク初代国王ラーマ1世が築いたお城を、その後何代にも渡って寺院を増設してきたと言われています。
ワット・プラケオの中心的建造物が、王室専用の寺院。翡翠でできた仏像を祀っていることから、別名「エメラルド寺院」とも言われています。エメラルド色に輝き、とっても神秘的です。バンコクでの観光には欠かせないスポットですよ。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cobito_15こびと

このまとめ記事に関して報告する