• はてぶ
  • あとで
初めての沖縄本島中部で絶対にやるべき観光おすすめ7選

ビーチリゾートのホテルが多く、また米軍基地も多いので沖縄の中でも特に異国情緒を感じる事ができるのが沖縄本島中部エリア。景勝地や魅力的な街が多く、沖縄へ旅行に行く際は是非訪れたいスポットです。そこで今回は初めての沖縄本島中部を旅行する際に絶対にやるべき観光おすすめを厳選しまとめましたのでご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

沖縄本島中部は沖縄ドライブの拠点

沖縄本島中部は那覇~名護の間のエリアで、沖縄の旅行では、ビーチリゾートに宿泊の時は沖縄本島中部、特に西海岸のエリアに多く、北谷(ちゃたん)町や恩納村が旅の拠点となることも。そのため沖縄ドライブの拠点地となる事も多く、自分のホテルの位置からの距離を確認しておくことが重要です。
南部や那覇と異なり、観光スポットは点在しているのが特徴で計画的に旅程を組まないと距離が離れているので思わぬ時間ロスをする事も。行きたい場所をしっかりと厳選して訪れるようにしましょう。西海岸のアクセスは主に国道58号線、東海岸は沖縄自動車道または国道329・330号線となります。
また米軍基地が多いエリアにもなり、地図上よりも遠回りしていかないといけない事も多くあります。この地域の特色を感じる事ができますが、各観光スポットアクセスの際は、実際の地図上の位置関係に騙されないように注意しましょう。

1.「美浜アメリカンビレッジ」で異国情緒を感じる

北谷町にある「美浜アメリカンビレッジ」は異国情緒を感じる事ができるショッピングモールです。「リトルアメリカ」とも呼ばれる雰囲気はウィンドウショッピングだけでも楽しむ事ができるのでおすすめです。
「美浜アメリカンビレッジ」は国道58号線沿いにあり、アクセス抜群。恩納村の各ホテルからは25~40kmの道のりになります。「美浜アメリカンビレッジ」付近にも「ヒルトン沖縄北谷リゾート」等のホテルがあり、拠点としてもおすすめです。

沖縄県中頭郡北谷町美浜(字)15-69

4.18 971662

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.「アラハビーチ」でサンセットを眺める

「美浜アメリカンビレッジ」の近くにある「安良波公園」の「アラハビーチ」はアメリカンな雰囲気のビーチを楽しむ事ができます。ここはサンセットスポットとしてもおすすめでショッピングと合わせて訪れてみましょう。
「アラハビーチ」へは「美浜アメリカンビレッジ」から約1.7kmと近く、車ですぐに移動できます。徒歩では30分程かかりますが、街の雰囲気を感じながら歩いて移動してみるのもおすすめです。

3.「嘉手納基地」で米軍基地の力強さに触れる

沖縄本島中部は特に多くの大規模な米軍基地があり、地元の経済を支えています。その中で「嘉手納(かでな)基地」は「道の駅かでな」から一望する事ができ、米軍基地のスケールの大きさや力強さを感じる事ができるスポットです。
「嘉手納基地」が一望できる「道の駅かでな」は国道58号線より嘉手納町内でオキナワし方面へ車を走らせることでアクセスする事ができます。恩納村の各ホテルからは20~35km程の道のりになります。

4.「真栄田岬」で神秘的な青の洞窟へ

「真栄田(まえだ)岬」は神秘的な「青の洞窟」で有名なスポット。外からの光と洞窟内の海が反射し神秘的な景色を見る事ができます。ここはダイビングやシュノーケリングでも沖縄随一のスポット。また展望台からの景色も抜群でおすすめです。
「真栄田岬」へは恩納村内のホテルからは国道58号線で5~20km程の道のりです。特にホテルから「真栄田岬」が近い場合は、人の少ない午前中一番に訪れてしまうのも良い旅行計画の立て方でおすすめです。

5.「万座毛」で沖縄屈指の景勝地へ

「万座毛」はサンゴ礁の広がるエメラルドグリーンの海と断崖絶壁の景色が広がる沖縄でも古くからの景勝地として認知されており、感動的な沖縄ならではの景色を見る事ができます。海沿いの崖の上を歩く事になるので、風が強い事も多く、注意が必要です。
「万座毛」は国道58号線沿いにあり、恩納村の各ホテルからは非常にアクセスしやすい場所にあります。また夕日のスポットとしても有名で、混雑はしますが、夕方に訪れるのもおすすめです。

6.「中城城跡」で琉球王国のロマンを感じる

「中城(なかぐすく)城跡」は世界遺産に指定されており、琉球王国時代のグスク(城)の跡です。高台から沖縄本島の町々が眺められたり、遠く海を眺める事もでき、景観も非常に魅力的です。沖縄の地名は城=ぐすく、と呼ぶ事が多く覚えておくとより沖縄の旅行が楽しめる知識になります。
「中城城跡」へは沖縄自動車道を経由してアクセスするのが便利でおすすめです。「北中城IC」からは3.5kmの道のりと非常に近いアクセスになります。一般道でアクセスする場合は、東海岸の国道329・330号線を使って訪れる事ができます。

沖縄県中頭郡北中城村大城503

3.10 2256

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

7.「海中道路」で海の中を爽快ドライブ

「海中道路」はうるま市の勝連半島から砂浜の上を通る道路で沖縄らしい爽快なドライブを楽しむ事ができます。道路の先には「浜比嘉島」「伊計島」「宮城島」等の気軽にアクセスできる離島があり、沖縄の原風景を楽しむ事ができます。
「海中道路」へは国道329号線からうるま市内で勝連半島方面へ車を走らせることで到着します。ルートは多数あるので、ナビを設定して指示通りに走るのが間違いがなくおすすめです。海中道路は2車線で走りやすい道なので爽快ドライブを楽しみましょう。
いかがでしたか?沖縄本島中部は沖縄本島の中でも特に米軍基地の色が強く、異国情緒を感じる事ができるエリアです。その中でリゾート地があり、景勝地があるため、ドライブでも飽きない魅力的なエリアです。是非沖縄本島へ旅行に行く際はくまなくこのエリアをドライブしましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する