• はてぶ
  • あとで
思わず“可愛い”とつぶやく。滋賀県のインスタ映えスポット&グルメ10選

滋賀県観光と言えば、やはり琵琶湖。県の面積の約六分の一の大きさを誇る湖の迫力は圧巻です。しかし、その後はどこへ?迷ったときは、インスタ映えスポット&グルメ探しの旅に出ましょう!そこで今回は、滋賀県が誇るインスタ映えスポットをご紹介します。(※掲載されている情報は2020年2月記事更新時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① メタセコイア並木

まず最初にご紹介するスポットは「メタセコイア並木」。農業公園マキノピックランドからマキノ高原までの約2.4kmの道は両側にメタセコイアが立ち並んでいます。夏の新緑から冬の雪景色まで、一年を通して楽しむことができます。
その数なんと約500本。メタセコイアが作る自然のトンネルは息をのむ美しさです。何といってもおすすめは紅葉の時期。例年11月中旬から色づき初め、11月下旬から12月上旬が見ごろとなっています。市の公式ホームページでは、並木道の近況が紹介されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

詳細情報

② ラ・コリーナ近江八幡

続いてご紹介するスポットは「ラ・コリーナ近江八幡(おうみはちまん)」。こちらはフードコートやギフトショップ、バームクーヘンカフェなど様々なショップが集まる複合施設。木を使った内装はとても落ち着く雰囲気で、何度でも足を運びたくなります。
芝生に囲まれたこちらの施設は、カフェとして利用するもよし、お土産を購入するもよし、ととても便利です。「CLUB HARIE(クラブ ハリエ)」という大人気のバームクーヘンを手がける会社が営んでいるので、焼きたての絶品バームクーヘンをいただくこともできます。ぜひ一度食べてみてください。

詳細情報

滋賀県近江八幡市北之庄町615-1

4.39 1211848

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ シャーレ水ヶ浜

続いてご紹介するスポットは「シャーレ水ヶ浜(みずがはま)」。琵琶湖沿いにあるこちらのカフェは、自然に囲まれた絶景カフェとして大人気。高台にあるので、琵琶湖を一望できるんです。のんびりとカフェタイムを過ごしたい方にはぴったりのカフェです。
湖と空と太陽が一望できるカフェとして、滋賀県内屈指の人気を誇っています。晴れた日のテラス席で休憩すれば身も心も癒されること間違いなしです。ドリンクやフードメニューも充実しているので、琵琶湖散策のついでに立ち寄ってみてください。

詳細情報

滋賀県近江八幡市長命寺町水ヶ浜184

3.87 27177

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④ MIHO MUSEUM

続いてご紹介するスポットは「MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)」です。こちらは、貴重な美術品を鑑賞できるのはもちろんのこと、その建物自体も美しいと話題を集めています。閉館期間もあるため、事前に公式ホームページをチェックしてから訪れてみてくださいね。
世界的建築家I.Mペイ氏により設計されたこの美術館は、“桃源郷”がテーマ。そんなテーマにふさわしい、絶景を見渡すことのできるトンネルが人気です。トンネルの中から外を眺めると、そこには四季折々様々な景色が広がっています。

詳細情報

⑤ 黒壁スクエア

続いてご紹介するスポットは「黒壁スクエア」。こちらは滋賀県長浜市にある観光スポットで、江戸時代から明治時代にかけて建てられた、伝統的な建築物を生かしたショップが立ち並んでいます。黒壁の建物と青い空のコントラストがとても綺麗です。
別名“ガラスの街”とも呼ばれており、綺麗なガラスショップやガラス工房がたくさんあります。体験教室もあるのでぜひお試しください。レストランやカフェもあるので、一日中楽しむことができそうです。レトロな街並みを歩いているだけでも楽しそうですね。

詳細情報

滋賀県長浜市元浜町12−38

3.84 26270

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥ ブルーメの丘

続いてご紹介するスポットは「ブルーメの丘」。ドイツの田舎町と農業がテーマのこちらは、色とりどりのお花や可愛い建築の建物がずらりと並ぶフォトジェニックなスポットです。広大な敷地は、様々なエリアに分かれており見どころが満載。
桜、ひまわり、チューリップ、バラ、ネモフィラなど季節に合わせて様々なお花が楽しめ、花畑好きにはまさにたまらないスポット。また、洋風の建物は海外へ小旅行した気分を味わえます。お花の見頃は公式ホームページで確認することできます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 様々な観光地が密集している滋賀。この特集では、滋賀で必ず行っておきたいおすすめ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

mballサッカー好きです。読書します。おすすめは『本日は、お日柄もよく』。

このまとめ記事に関して報告する