• はてぶ
  • あとで
ずっとお花に囲まれて過ごしたい。関東のフラワースポット春夏秋冬12選

女子ならみんな大好きなお花。ずっとお花に囲まれて過ごしていたい、という方も多いのではないでしょうか。そんなあなたは、休日に、見頃の「フラワースポット」におでかけするのがおすすめ。気分がリフレッシュされて、とっても素敵な写真を撮ることもできちゃいます。今回は気軽に訪れることができる関東のフラワースポットを四季に分けて12選ご紹介します。(なお情報は記事更新時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①桜 / 埼玉・ 幸手権現堂桜堤

関東のフラワースポット春夏秋冬12選、まずは春に行きたいスポットからご紹介していきます。埼玉・幸手市にある「幸手権現堂桜堤(さってごんげんどうづつみ)」です。例年3月中旬から4月上旬にかけて、桜が見ごろを迎えます。
桜といえば、春の訪れを告げる風物詩ですよね。こちらのスポットでは、約1,000本ものソメイヨシノが1kmにわたって咲き誇ります。タイミングによっては菜の花とのコラボを見ることもでき、黄色とピンクのグラデーションが素晴らしいんですよ。

詳細情報

②ネモフィラ / 茨城・国営ひたち海浜公園

次にご紹介する春のフラワースポットは、茨城・国営ひたち海浜公園の「ネモフィラ」です。見頃は、4月中旬から5月上旬です。それゆえ、ゴールデンウイークの時期に沢山の人が訪れる人気のスポット。ちなみにネモフィラとは、北アメリカ原産の植物で、和名だと瑠璃唐草(るりからくさ)とも呼ばれています。
ブルーのネモフィラが空の青と一体化して、一面青の世界が広がっています。また、ネモフィラがとっても有名なこちらですが、この時期にはチューリップやポピーといったお花も美しく咲く時期なんですよ。そのためネモフィラだけでなく、ほかのお花も楽しむことが出来ます。

詳細情報

③大藤 / 栃木・あしかがフラワーパーク

次にご紹介する春のフラワースポットは、栃木・あしかがフラワーパークの「大藤」です。4月中旬から5月中旬です。有名なのは白藤の藤棚で、まるでトンネルのようなんです。まるで映画の世界に入ったかのようだ、と世界でも話題になったこのスポット。
また、2022年4月16日(土)〜5月22日(日)の期間には「ふじのはな物語~大藤まつり2022~」の開催が予定されています。時期はまだ未定ですが、例年見頃の時期にはライトアップも開催されていますよ。昼間とはまた違った、藤の艶やかで幻想的な景色を見ることができますよ。

詳細情報

①ラベンダー / 群馬・たんばらラベンダーパーク

最初にご紹介する夏のフラワースポットは、群馬・たんばらラベンダーパークの「ラベンダー」です。例年の見頃は、6月下旬から8月下旬です。比較的長い期間にわたって、紫色が鮮やかなラベンダーを一面に見ることができます。
こちらのスポットでは、約5万本のラベンダーが咲き誇ります。またこの紫色のラベンダーソフトクリームといったフードも販売され、毎年人気を催しています。ラベンダーの香りに誘われて、この時期ならではの絶景を見に行ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

群馬県沼田市上発知町玉原高原

3.98 15347

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

夏のスキー場

ラベンダーパークがオープンしたよー、夏は高原だから、涼しいので避暑地に是非と紹介してもらい行ってきました✨ 土曜日13時頃下界は灼熱の時に伺いました(笑)山の下の下界は32度の暑さでした。。。 冬はスキー場、夏はラベンダーパークになっているようです🌼 駐車場は無料、スキー場の駐車場なので、枠線の概念はありませんが、なんとなくの車間で停めている印象🚘 車を出て第一声は「日差しはあるけど、風がすずしいーーー!!」 そうなんです、高原 涼しい 最高of最高!! 下界は32度の灼熱が、駐車場到着時でも涼しい。 ただし、日差しは強いよ、サンシャイン☀ 帽子、日傘、日焼け止め必須。水筒持参でいざ、出陣!歩くぜーーー! 入場料 中学生以上:1000円 子ども:無料 ペット:400円でエチケット袋付 リフト 片道 中学生以上:500円 子ども:400円 リフト 往復 中学生以上:900円 子ども:600円  往復だと少しお得ー✨ リフトの登り方向のみ、有料写真撮影の記念ショットサービスがあります📷✨ 私は登りは写真を撮りながらひたすら徒歩で上がりましたよー!木陰以外は、サンシャイン☀ 入口付近のラベンダーはまだ見頃では無かったので、サルビアなど季節の花がありました。ひたすらひたすら登り、山の上まで到着。登っている間は、、途中花がなくなり、写真も撮らずひたすら徒歩。 風が抜けた時の涼しさが最強! 木陰も涼しい!寝転がっている方もいました。涼しい涼しい!登ってくるので汗は出ますが、木陰で休んだりしていると汗は引くし、涼しい。クーラーには負けるけれど、自然な風がこんなに涼しいのは久々に感じました。下界の灼熱が嘘みたいです。 ラベンダーはボチボチ咲いていました(笑) ラベンダーソフトもいただきました。 美味しい!冷たくて癒やされますね✨ 紫映え。ラベンダーと撮影📷✨ 風があるので、即溶けはじめますので、超特急でラベンダーソフトはいただきました! 風鈴を飾ってあるスペースもあり、風鈴の音を聞きながらソフトクリームを食べ、癒やされる。 軽食も売っているようでした。 ワンちゃん連れの方も沢山いました。 屋根付きドッグランが山の中腹にありました🐶 登りは頑張ったので、下りだけはリフトに乗りました(笑) スキー以外でリフトに乗るのはワクワク!ちょっとしたアトラクション気分でした! リフトへ乗車し、日傘をさす。リフトなのに冬の乗り物なのに、日傘と半袖(笑) アンバランス感に思わず嬉しくなりました! リフトも陰になっているところはもちろん涼しい!日傘をさして良いところも有り難かった! リフトはちょこちょこ止まります(笑)乗り降りに介助がいる方や荷物(ベビーカーなど)を下ろしたりするときに止めるそうです。 なので、乗っていると急に止まるので、ビックリしました。え!リフト止まった! 焦りますが、すぐ復旧します。 売店はラベンダー推しが凄い\(^o^)/ ラベンダー商品目白押し。売店がラベンダーの香りに包まれて良かったですね。 ラベンダーのピローミストを買いました。 癒やしの睡眠を頂くために。 疲れ果てたからか、ピローミストをしたからか、夜はよく眠れました(笑)ラベンダーの香りは癒やされます🌃 夏休み期間がラベンダーが満開になるみたいなので、そのときに再訪したいです。 ただ、、、サンシャインの攻撃に負けるかもしれません。梅雨明け宣言のあとに行って、この暑さだったので、、、。

②睡蓮 / 東京・上野恩賜公園不忍池周辺

次にご紹介する夏のフラワースポットは、東京・上野恩賜公園不忍池周辺の「睡蓮」です。見頃は7月中旬から8月中旬です。午後になると花が閉じてしまうので、早朝から午前中にかけて鑑賞するのがオススメ。また例年見頃の時期には「江戸趣味納涼大会」が開催されます。
こちらのスポットでは、水上テラスから蓮の葉と、その葉に包まれた花を間近で見ることができるんです。薄いピンク色の花びらがとっても優雅で、思わず見とれてしまいそう。水辺で涼しく咲く姿を見ていると、こちらまで涼しくなることができるかもしれません。

詳細情報

③ひまわり / 東京・国営昭和記念公園

次にご紹介する夏のフラワースポットは、東京・国営昭和記念公園の「ひまわり」です。夏の花といえばひまわり、という方も多いのではないでしょうか。こちらのスポットでの見頃は8月上旬から下旬にかけての期間。まさに夏まっさかりの時期に夏らしい絶景を堪能することが出来ます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cobito_15こびと

このまとめ記事に関して報告する