• はてぶ
  • あとで
自然の宝庫!初めての釧路で絶対にやるべき観光おすすめ10選

釧路(くしろ)は北海道の東部に位置する、釧路湿原をはじめ阿寒湖・摩周湖など豊富な自然に囲まれた場所。2018年夏には関西から初めてのLCCも飛び、注目度が上がっている観光エリアです。今回は初めて釧路を訪れる方向けに絶対にやるべき観光おすすめを厳選してまとめましたのでご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

釧路観光のすすめ

北海道釧路地方は釧路市を中心とした地域です。広大な釧路湿原が中央に位置しており、釧路市を除くと殆どアクセス道路は主要幹線道路のみという事が多く、迷いにくいメリットはありますが、地図上で近くに位置していても迂回する必要がある場合があります。特に釧路市街以外で釧路湿原を東西に抜ける事ができないため注意が必要です。
釧路地方ではJR根室線・釧網線があるものの公共交通機関でのアクセスは本数が少なく、観光には不向きです。レンタカーを利用する事をおすすめします。新千歳空港から釧路市へは約260km離れています。最も近い空港は釧路空港です。2018年8月にはLCCが関西空港から初就航します。より訪れやすくなる地域です。

1.「釧路湿原」で果てしない緑を感じる

日本最大の湿原面積を誇る「釧路湿原」はタンチョウはじめ希少な動植物が生息しています。湿原内には釧路川が蛇行しながら流れており、自然に満ち溢れた場所です。主な楽しみ方は「展望台からの眺望」や「アクティビティ体験」「ガイドツアー」などが楽しむ事ができます。
主な展望台は「細岡展望台」または「釧路市湿原展望台」です。釧路湿原の東側・西側に其々位置しています。車でのアクセスが主となり、JR釧路駅からは「細岡展望台」へは24km、「釧路市湿原展望台」へは17km程の道のりです。尚、「細岡展望台」へはJR釧網線「釧路湿原駅」より徒歩15分でのアクセスも可能です。

2.「和商市場」で釧路の海の幸を食す

釧路は漁業の街として栄え、釧路ならではの鮮度抜群の新鮮な魚介類が揃っているのが釧路市中心部にある「和商市場」です。ご飯に好みの魚介類を乗せて食べる「勝手丼」が和商市場の名物です。
「和商市場」は釧路市中心部にあるため、JR釧路駅周辺宿泊時には徒歩でのアクセスが便利です。JR釧路駅からは徒歩3分の距離になります。尚、閉まる時間が18時と早い点にも注意です。駐車場もありますのでJR釧路駅周辺以外の宿泊時は利用しましょう。

3.「幣舞橋」で世界三大夕日を眺める

釧路市中心部にある「幣舞(ぬさまい)橋」は、夕日の美しさが世界を旅する船乗りの口コミから広がり、世界三大夕日の1つと言われています。釧路は海だけでなく釧路湿原からの水蒸気により、より夕日の太陽が赤く見え、美しい夕日になると言われています。
「幣舞橋」は釧路市中心部にあるため、「和商市場」同様、JR釧路駅周辺宿泊時には徒歩でのアクセスが便利です。JR釧路駅からは徒歩10分ほどの距離になります。夕日が沈み夜になると美しくライトアップもされ、4体のブロンズ像に飾られた橋は、また違った魅力をみせるのでおすすめです。

4.「竹老園」で釧路の蕎麦文化を感じる

釧路の蕎麦は「緑」である事は釧路市民の常識で、多くの蕎麦屋では緑の蕎麦を提供しています。店によって色の濃さは異なります。釧路の蕎麦の老舗の1つ「竹老園(ちくろうえん)」では、釧路独特の蕎麦文化を味わう事ができるので是非おすすめです。
「竹老園」は春採(はるとり)湖の近くにあります。JR釧路駅からは車で約10分、3km程の距離にあります。緑色の「蕎麦寿司」を食べる事ができる珍しいお店ですので是非合わせて体験してみましょう。

5.「阿寒湖温泉」で自然に触れながらまったり滞在

「阿寒(あかん)湖温泉」はマリモがシンボルの阿寒湖畔に広がる温泉街。阿寒湖は原生林に囲まれたカルデラ湖で、温泉街には大型ホテルを初めとして、多くの旅館が軒を連ねています。自然を体験できるアクティビティやマリモに関する施設などが充実しているのが特徴的です。釧路観光の拠点として「阿寒湖温泉」を選ぶのもおすすめです。
「阿寒湖温泉」へはJR釧路駅からは約70kmの道のりになります。同じ釧路市内ですがかなり距離がありますので注意が必要です。また釧路駅~阿寒湖温泉の間には阿寒バスが運行されています。公共交通機関の場合ではバスでのアクセスになります。

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉

3.46 38

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6.「阿寒湖アイヌコタン」でアイヌ文化に触れる

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する