• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
埼玉県"長瀞"が日本一極楽だと言い切れる意外な10の理由

車や電車で都心から約2時間、埼玉県・長瀞には都市近郊と思えぬ自然が広がっています。天然氷で作った絶品すぎるかき氷や、ラフティングなどのアクティビティ、美しい自然の景観、温泉、そこはまさに極楽の地です。週末旅に是非オススメしたい、長瀞の魅力をご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

長瀞ってどこにあるの?

長瀞は埼玉県の北西部にあり、都心から車で1時間43分、電車でも2時間程で行くことができます。都心からアクセスも良く、さほど離れていないですが、東京近郊とは思えぬほどの自然に溢れ、アクティビティが充実しています。都心での疲れをリフレッシュするには最適なんですよ!今回は長瀞がいかに日本一の極楽か、ご紹介していきます。
  • 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞
  • 0494-66-0307

①天然氷の蔵元直営のかき氷が絶品すぎる!

天然氷の蔵元が直営しているかき氷屋は全国でも指を数える程しかありません。最近はかき氷ブームに沸いていますが、長蛇の列を並んででも食べたい絶品かき氷の元祖は「阿左美冷蔵」のかき氷かもしれません。このかき氷を求めて、県外から足を運ぶ人も少なくありません。
天然氷とは冬に自然の寒さだけで、じっくりと時間をかけて作った氷のことを言います。
水は時間をかけてゆっくり凍らせると、不純物を含まない純度の高いものとなり、透明度の高い氷になるのです。これを一度たべたら、他のかき氷をかき氷とは呼べなくなっちゃいますね。

詳細情報

  • 埼玉県秩父郡皆野町金崎27-1
  • 0494621119
  • 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞781-4
  • 0494661885

②特別天然記念物の「岩畳」が美しすぎる

長瀞を流れる荒川を囲む「岩畳」」は特別天然記念物に指定されており、隆起した結晶片岩が文字どおり岩畳となって広がる長瀞の中心地です。秩父含め長瀞周辺には「岩畳」の他にも、「秩父赤壁」「虎岩」などの奇岩が独特の地勢を形成しているものが多く、長瀞周辺は「日本地質学発祥の地」として知られています。
  • 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞 長瀞岩畳
  • 0494-66-3311

③ラフティングの聖地!

長瀞は、ラフティングの聖地として知られており、単に激流下りを楽しむだけでなく、景色も楽しむことができるラフティングスポットなのです。川面から眺める「岩畳」はまた違った美しさがあります。秋は紅葉がとても綺麗です。
ラフティングの他にも川遊びは充実して、ハイドロスピードやカヌー、カヤック、パドルサーフィンなどを楽しむことができます。激しい水遊びはという方は、小舟で優雅な川を下ることもできます。また、荒川だけではなく、玉淀湖でも同様にカヌーやカヤックなどを楽しむことができます。

詳細情報

asoviewで見る
  • 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞947-1
  • 0494662679

④宝登山の山頂から眺める長瀞が美しすぎる

宝登山(ほどさん)の山頂からは長瀞の街から奥秩父の山並みまでを一望することができます。標高497m、山頂まではロープウェイを使っていくことができるので、誰でもこの雄大な景色を楽しむことができます。一度は見ておきたい光景です。

詳細情報

  • 埼玉県秩父郡宝登山
  • 0495-76-1111

⑤「宝登山神社」がパワーに溢れている!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する