• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての白川郷で絶対にやるべき観光おすすめ7選

可愛らしい「合掌造り」の住宅が世界遺産となっている白川郷。岐阜県の山奥に位置し、観光地としての人気も高い場所です。集落は徒歩で散策できるので実はアクセスは車、高速バスどちらも最適。今回は初めて白川郷を訪れる方向けに絶対にやるべき観光おすすめをまとめましたのでご紹介します。

このまとめ記事の目次

白川郷観光のすすめ

白川郷は岐阜県飛騨地方の山奥にありますが、世界遺産登録されている事もあり、アクセス方法は複数あります。飛騨高山や郡上八幡、下呂温泉等岐阜県の周辺の観光地を合わせて訪れる場合は車またはレンタカーでのアクセスがおすすめです。「東海北陸自動車道」にて、富山市と岐阜市両方面からアクセスが可能です。
また、車でアクセスの際でも、白川郷中心部は車両入場規制がされています。そのため、「村営せせらぎ公園駐車場」に停める事となります。高速バスでのアクセスは名古屋駅・高山駅・金沢駅・富山駅から発着しています。白川郷の中心部は徒歩での観光が可能です。

1.世界遺産「合掌造り集落」を散策

白川郷観光はこのためにある、と言っても過言ではない、「合掌造り集落」の散策です。「和田家」「長瀬家」といった歴史的な重要文化財も多く、街並みの散策はただただ驚かされます。尚、一般住宅でもありますので、住民に迷惑な行為は絶対にやめましょう。
「白川郷合掌造り集落」へは「村営せせらぎ公園駐車場」より「であい橋」を渡った場所からすぐ。「和田家」へは徒歩6分、「長瀬家」へは徒歩4分程になります。「白川郷バスターミナル」からも近い位置にあります。ともに集落を散策しながら見つけると良いでしょう。
  • 岐阜県大野郡白川村荻町 白川郷
  • 05769-6-1231
  • 岐阜県大野郡白川村荻町和田家住宅
  • 05769-6-1058
  • 岐阜県大野郡白川村荻町823-2
  • 0576961047

2.「荻町城跡展望台」で白川郷を一望

「荻町城跡展望台」は白川郷の「合掌造り集落」を一望できるスポットとして人気です。小高い丘の上から街並みを一望でき、冬季は雪景色が、夏は青々とした風景が、夜はライトアップされた風景が、様々な色を出してくれます。
「荻町城跡展望台」は小高い丘の上にあるため、「合掌造り集落」からは坂道を昇り降りすることになります。また「村営せせらぎ公園駐車場」近くよりシャトルバスも運行しているので利用しましょう。
  • 岐阜県大野郡白川村荻町2269-1 城山展望台
  • 05769-6-1311(白川村役場)

3.「山本屋」で白川郷らしいステイスタイルを体験(冬季限定)

「山本屋」は冬季限定ですが、合掌造りの民家に宿泊できる白川郷らしい滞在を楽しむ事ができます。床暖房や檜風呂の設備だけでなく、飛騨牛や自家製のお米や山菜などの食事も非常に魅力的です。他にも白川郷には多数の民宿施設が整っています。
「山本屋」は冬季限定の営業のため、できれば車ではなく高速バスで白川郷までアクセスするのをおすすめします。「白川郷バスターミナル」からは徒歩約10分の場所にあります。雪道のため、道中は注意しましょう。
rakutenで見る 他の提供元を表示2件
  • 岐阜県大野郡白川村荻町775
  • 0576961064

4.「いろり」で白川郷の郷土料理を味わう

白川郷では合掌造りの建物の中で、郷土料理を食べられる食事処も多く、是非訪れておきたいところです。白川郷バスターミナル近くにある「いろり」は囲炉裏(いろり)を囲みながらこの地域で採れた新鮮な山菜を使った料理が魅力的です。
「いろり」へは「白川郷バスターミナル」からは徒歩1分とすぐそば。「村営せせらぎ公園駐車場」より「であい橋」を渡った場所からは徒歩7分程と非常に近い距離にあります。「合掌造り集落」の北の端に位置しています。
  • 岐阜県大野郡白川村荻町374-1
  • 05055896853

5.「白川郷の湯」で散策の疲れを癒す

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する