• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【沖縄県】雨の日だって楽しめる厳選観光スポット7選

沖縄の定番観光スポットはよそとは一味違います。沖縄らしい味を楽しみながら、ゆっくり、のんびりとお出かけを楽しみませんか?雨だって風だって、沖縄なら楽しいこと間違いなしです。人気のおすすめ観光スポットも、雨の日には穴場になっていることもあります。ぜひ、ご自分で確かめてみましょう。

このまとめ記事の目次

① 沖縄美ら海水族館

1つ目に紹介する沖縄で雨の日だって楽しめる厳選観光スポットは、「美ら海水族館」。沖縄の定番観光スポットですよね。ジンベエザメのいる巨大水槽が圧巻です。雨が降った日には美ら海に行こう、と決めておくのもいいかも。家族でもカップルでも楽しめるオススメスポットです。
【 住 所 】  〒905-0206  沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
【 連 絡 先 】  TEL:0980-48-3748  FAX:0980-48-4444
【営業時間】  8:30~18:30 (入館締切17:30)  夏季は20:00(19:00) まで延長
【 休 日 】  12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
【 アクセス 】 名護バスターミナルからバス
【 入 館 料 】  大人1,850円 6歳以下無料
jalanで見る 他の提供元を表示2件
  • 沖縄県国頭郡本部町字石川424
  • 0980482742

② 琉球ガラス村

画像はイメージです。

2つ目に紹介する沖縄で雨の日だって楽しめる厳選観光スポットは、「琉球ガラス村」。ここでは、自分だけのコップやお皿を作ることができる琉球ガラス製作体験ができます。キャンドルやアクセサリー、フォトフレームなど簡単な物から手の込んだものまで作れます。雨の日だって楽しい観光スポットで沖縄の思い出の品を作ってみませんか?
【 住 所 】  〒901-0345 沖縄県糸満市字福地169番地
【 連 絡 先 】  電話 098-997-4784
【営業時間】  9:00-18:00 (年中無休)  レストランは11:00~17:00
【 休 日 】  年中無休 (風速25m以上の台風の場合にはお電話にてご確認ください)
【 アクセス 】  沖縄自動車道から約20分 ひめゆりの塔から3分
【 料 金 等 】  入場は無料 工芸体験はショップによります 例: ガラスアクセサリー作り一人1,620円
  • 沖縄県糸満市福地169
  • 098-997-4784

③ 沖縄県立博物館・美術館

3つ目に紹介する沖縄で雨の日だって楽しめる厳選観光スポットは、「沖縄県立博物館・美術館」。沖縄の歴史や自然、文化などに関する展示がたっぷり楽しめます。雨の日にだって長時間じっくりと見るところがある沖縄県立博物館・美術館は、建物も立派な定番の観光スポットです。
【 住 所 】  〒900-0006  沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
【 連 絡 先 】  代表 tel:098-941-8200 fax:098-941-2392
【営業時間】  09:00-18:00(入館は17:30まで)  金・土曜日は09:00-20:00(入館は19:30まで)
【 休 日 】  毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日及び振替休日又は慰霊の日の場合は開館し、その翌平日が休館。)、 年末(12月29日から12月31日まで)
【 アクセス 】  おもろまち駅前下車(琉球バス、沖縄バス、那覇交通)
【 そ の 他 】  休館日、営業時間などは変更になる場合があります
【 観 覧 料 】 博物館常設展 120円~410円  美術館コレクション展  80円~310円 企画展は都度、別料金
  • 沖縄県那覇市おもろまち 3-1-1
  • 098-941-8200

④ ひめゆり平和祈念資料館

4つ目に紹介する沖縄で雨の日だって楽しめる厳選観光スポットは、「ひめゆり平和祈念資料館」。ひめゆり学徒隊に関する史実を展示している資料館で、その真実に涙する人が多く、戦争の悲惨な体験を繰り返してはならないと心に刻み込まれるような体験ができます。沖縄の観光スポットを巡るなら、必ず一度は訪れておきたい、定番中の定番です。雨の日ならゆっくりと見学できますね。
【 住 所 】  〒901-0344 沖縄県糸満市字伊原671-1
【 連 絡 先 】  TEL 098-997-2100 FAX 098-997-2102
【営業時間】  午前9:00-午後5:30 (入館は5:00まで)
【 休 日 】  無休
【 アクセス 】 那覇から糸満市行きのバスで約30分、さらに糸満市から[82][107][108]のバスで約15分、ひめゆりの塔前下車
【 入 館 料 】 【大人】 310円  【高校生】 210円  【小・中学生】 110円
  • 沖縄県糸満市伊原671-1
  • 0989972100

⑤ 体験王国むら咲むら

画像はイメージです。

5つ目に紹介する沖縄で雨の日だって楽しめる厳選観光スポットは、「体験王国むら咲むら」。こちらも定番、テッパンのおすすめ観光スポットです。雨の日にはのんびりと、室内で焼き物などの体験型施設ですごすのも良いですね。沖縄の文化を楽しく経験できる 体験王国むら咲むら で色々試してみましょう。沖縄の楽器、三線(サンシン)なども体験できますよ。
【 住 所 】  〒904-0323 沖縄県中頭郡 読谷村字高志保 1020-1
【 連 絡 先 】  TEL:098-958-1111 / FAX:098-958-1109
【営業時間】  9:00~18:00 (入場は17:30まで)
【 休 日 】  年中無休
【 アクセス 】  那覇バスターミナルより路線番号28番線のバスに乗り、読谷村(よみたんそん)大当(うふどー)バス停留所で下車、徒歩約10分
【 入 場 料 】 大人600円 中高生500円 小学生400円 20名以上団体割引有り
rakutenで見る 他の提供元を表示4件
  • 沖縄県中頭郡読谷村高志保1020-1
  • 098-958-7871

⑥ オリオンハッピーパーク

by yto

画像はイメージです。

6つ目に紹介する沖縄で雨の日だって楽しめる厳選観光スポットは、「オリオンハッピーパーク」、沖縄の雨の日の観光スポットとして、工場見学はいかがですか?オリオンハッピーバークでは工場見学以外にも、オリジナルグッズを販売する ショップ、昭和の香りを色濃く残したギャラリー、地元食材とビールを楽しむことができるオリオンビール園(電話:0980-52-2126)などを楽しむことができます。それぞれ営業時間が違いますから確認してから回ってくださいね。
【 住 所 】  〒905-0021 沖縄県名護市(なごし)東江(あがりえ)2-2-1
【 連 絡 先 】  電話 098-877-5050  工場見学予約電話 0980-54-4103
【営業時間】  9:20~16:40受付 工場見学は約60分 無料
【 休 日 】  年末年始休業期間12月31日~1月3日
【 アクセス 】  那覇空港から沖縄自動車道許田インターを降り、58号線を北へ約10分
【 そ の 他 】  未成年とドライバーはビールの試飲はできません
  • 沖縄県名護市東江2-2-1 オリオンハッピーパーク
  • 0980-54-4103(工場見学予約用)

⑦ 沖縄おもろおばけ屋敷

画像はイメージです。

7つ目に紹介する沖縄で雨の日だって楽しめる厳選観光スポットは、「沖縄おもろおばけ屋敷」。旧沖縄三越跡を利用した施設です。お化け屋敷に出て来るお化けは全員吉本芸人です。チケットを売っている階では よしもと沖縄花月 もあって、お笑いや新喜劇を楽しむこともできます。雨なんて吹っ飛ばせそうな楽しい観光スポットです。
【 住 所 】  沖縄県那覇市牧志2-2-30  「HAPINAHA」 3階-6階  
【 連 絡 先 】  チケットに関するお問い合わせ 
          チケット吉本TEL: 0570-550-100(10:00~19:00)
【営業時間】  毎日11:00~21:30最終受付
【 休 日 】  年中無休
【 アクセス 】  ゆいレール牧志駅、美栄橋駅から徒歩10分以内 那覇空港から車で20分
【 チケット 】  大人 1,200円 / 学生 1,000円 / 小学生 700円
沖縄県、雨の日でも楽しめる観光トスポット7選はいかがでしたか?
沖縄はやっぱり沖縄らしいスポットばかりでしたね。
雨が降っても楽しい南国沖縄、デートにも観光にも良い場所です。どんどんお出かけしましょう。
  • 沖縄県那覇市牧志2-2-30HAPIHANA3階-6階
  • 098-943-6244

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する