「グッドデザイン賞」を受賞した宿。新潟・南魚沼の「里山十帖」が生み出す空間とは

“わざわざ行きたい宿”。そんな表現がぴったりな宿が南魚沼にありました。「里山十帖」の発信するライフスタイルを是非体感してみてください。(掲載されている情報は2018年2月公開のものです。事前に調べてから行くことをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

南魚沼市ってどこ?

南魚沼市は、新潟県の中越地方に位置していて、魚沼産のコシヒカリとしても有名。また、スキー場が多く、冬は多くのスキー客が訪れます。新潟県の南魚沼と聞くとなんだか少し遠いイメージありませんか?実は案外東京からも気軽に行けちゃうんです。
東京駅から新幹線利用で1時間半あまりで魚沼市に到着することができます。東京からさほど時間をかけずに雪景色の別世界をみることができちゃいますね。また、魚沼産コシヒカリはマストで食べたいもの。沢山ある美味しいご飯屋さんにも注目です。

「里山十帖」に行ってみたい

2014年5月にオープンした「里山十帖」。もともとあった温泉宿を全面リノベーションし、新しい「ライフスタイル発信メディア」として、この施設はできました。世界を代表するデザイナーの家具や想像力をかきたてる現代アートの数々に魅了されてしまうかも。
“体験と発見こそが真の贅沢”そう考える里山十帖では、普段なかなかできない体験の数々をすることができます。人里離れた、大自然に囲まれた宿で過ごす時間はとっても心地よく、「真に豊かな暮らし」を感じさせてくれそう。

“和敬清寂”な客室は全部で12室

里山十帖の客室は絶景の山々を望むことのできるお部屋が6室、森が間近に存在するお部屋が6室あります。お部屋はどれもタイプの違うつくりになっているので、好みのタイプやシチュエーションによって選ぶことができますよ。
広めの露天風呂が付いた客室や、ファミリー向きなメゾネットタイプの客室、アートディレクターの作品が飾られた客室などお部屋のタイプは様々。どの部屋も共通しているのがシンプルかつ木のぬくもりを感じられるような温かみのある部屋という点です。

絶景露天風呂ランキング1位の『湯処 天の川』

「湯処 天の川」は『絶景露天風呂ランキング』で第一を獲得するほどの最高ランクの温泉。朝は日本百名山の巻機山をはじめ、標高2000メートル前後の上信越国境の山々を望むことができます。
寒空に露天風呂の湯気が立つその風景もまた良いですよね。山々にまだ雪が残っている春や秋の初冠雪から初冬にかけての景観はとくに絶景なんだそう。想像しただけで行きたくてうずうずしてしまいますね。
夜になると、露天風呂から満点の星空が見えます。また、「湯処 天の川」の名前通り、運が良ければ天の川を見ることができちゃいます。公式のウェブサイトに天の川が美しく見える期間も記載されているので、そちらも要チェックですよ。

古民家でいただく夕食、朝食にうっとり

オーガニック&クリエーション「早苗饗(サナブリ)」では、田植えの伝統を大切にしながらジャンルにとらわれない新しい饗応料理を目指したレストランです。ほとんどが野菜か山菜のお料理という一風変わったコースも里山十帖ならでは。
料理はミシュランガイド関西で三ツ星を獲得しているチーフ・フードクリエイターと、ヴィーガンに長けたシェフが担当し、魚沼だからこそ食べれるお料理をいただきます。レストラン「早苗饗(サナブリ)」のメインダイニングはなんと築150年。古民家ならではの空間で食べる料理は格別です。
前日までに予約が必要な「SANABURI朝食」は、魚沼の郷土料理「きりざい」や、こだわりたっぷり野菜の野菜鍋、手作りのお惣菜など朝からたっぷり食べることができます。どれも南魚沼産のコシヒカリとの相性抜群のメニューですよ。

空間から感じられる“真の贅沢”を体感してみて

正面玄関を入ると高さ10メートルもある迫力の吹き抜けがお出迎えします。築約150年のレセプション棟は、この地域でも貴重な総欅・総漆塗りなのが特徴。情緒を感じられるロビーです。
宿泊者専用ラウンジの「小屋組み」でゆったりとくつろぐのもおすすめ。チェックインしてからチェックアウトするまでの間、こちらの空間でコーヒーやハーブティー、日本酒や焼酎、軽いスナックまで無料で楽しむことができるのが嬉しい特典。
こちらでは、小屋組をまじまじと観察することができるのはもちろんのこと、釘を使っていない“ほそ”の構造の様子も観察することができるので面白いですよね。国内外の有名家具やアートが飾られた空間でゆったりとくつろぐことができますよ。

いかがでしたか。

新潟県、南魚沼市の「里山十帖」についてご紹介しました。いかがでしたか。ただの宿泊施設ではない、アートな空間や古民家との共存を思う存分楽しんでみてくださいね。(掲載されている情報は2018年2月公開のものです。事前に調べてから行くことをおすすめします。)

詳細情報

bookingで見る

里山十帖

新潟県南魚沼市大沢1209-6

3.08 0109

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する