• はてぶ
  • あとで
絶対に外せない!白川郷に行くなら絶対訪れたい人気観光スポット15選

世界遺産にも登録されている白川郷は、毎年多くの観光客が訪れます。白川郷にはたくさんの観光スポットがありますが、今回はその中でも特に人気のある外せない観光スポット15選をご紹介します!白川郷を観光する方は是非参考にしてみてください。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①世界遺産白川郷合掌造り集落

白川郷でとても人気のある、一度は見るべきの定番観光スポットです。合掌造りの家がいくつも並び、懐かしい日本の歴史を間近で感じる事ができます。特に冬は幻想的な雰囲気でおススメです!
お土産屋さんも多くあり、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。とても綺麗なスポットなので、白川郷を観光する際は絶対に外せないスポットです。

詳細情報

②和田家

歴史ある合掌造りの内部を見学する事ができる、白川郷の定番観光スポットです。内部はとても広く、貴重な昔の道具や囲炉裏などが展示されています。主屋に加え、土蔵や便所を含めて文化財に指定されいます。
最近では外国人観光客の方も多く訪れるので、なるべく早い時間に見学するのがおススメです。現在、1階の一部と2階が公開され、和田家代々で使用された遺物や民具が展示されています。白川郷を観光するなら、絶対に立ち寄りたいおススメのスポットです!

詳細情報

③大白川露天風呂

続いてご紹介するのは、「大白川露天風呂」です。白川郷で多くの観光客が訪れる人気の天然露天風呂です。白川郷の美しい景色を眺めながらの入浴はとても癒されます。また、エメラルドグリーンの幻想的な色が有名な白水湖を眺める事もできて、まさに絶景露天風呂です。
ここの温泉は天然露天風呂っていうこともあって、設備は脱衣所と小屋だけです。普段は無人のカウンターに料金を落として行くシステムなんだとか。なかなか見ない光景で、新鮮ですね。絶景スポットとしても有名な観光地なので、白川郷を観光する際はとてもおススメです。※営業期間6月上旬~10月下旬頃まで。冬季休業。

詳細情報

岐阜県大野郡白川村平瀬大白川

写真を投稿する
3.00 00

④白山白川郷ホワイトロード

白山白川郷ホワイトロードは、岐阜県の白川郷から石川県の一里野温泉へと抜ける、ダイナミックな観光有料道路。白川郷の風情ある景色を楽しみながら運転できるホワイトロードは、観光客にも有名です。特に秋は紅葉がとても美しく、多くの観光客が訪れます。
ホワイトロードを抜けると有名な合掌造りを眺める事ができます。11月中旬から6月上旬は積雪によって閉鎖してしまうため、7月から11月上旬の限られた期間にしか見れない絶景は最高です。白川郷でとても有名な場所なので、観光する際は是非訪れる事をおススメします!

詳細情報

⑤道の駅 飛騨白山

飛騨の人気グルメや、白川郷の特産品などを買う事ができるおススメの観光スポットです。温泉や特産物などがある、一度は訪れたいスポットです。季節ごとに珍しいものを販売していたり、お土産もたくさんあるので楽しめます。
日本三名山のひとつ霊峰白山のふもとに位置し、敷地内に温泉施設”しらみずの湯”も併設されています。また、足湯もあるので疲れを癒す事もできます。こちらは冬季休業期間があるので訪れる際は公式サイトでチェックしてみてください。※冬期休業期間中(12/1~4/1)は、足湯(24H)、インフォメーション(9時~17時)はご利用できます。

詳細情報

⑥白山

観光客が多く訪れる、白川郷に行くなら外せない観光スポットです。周りには自然がたくさんあり、景色が綺麗な中登山を楽しめます。高山植物やブナの原生林など普段は決して見れない景色も楽しめます。どの季節でも素敵な景色を見ることができます。
富士山などを含む日本三名山の一つ、「白山」があるこの場所は自然豊かでゆったりとした時間を過ごすことができます。トレッキングとしても有名で、登山道がちゃんと整備されています。美しい景色を眺めながら登山するのもいいですね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 日本全国には「世界遺産」として認定された絶景スポットがたくさん。次の旅行で日本…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する