• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】初上陸ビールも!赤レンガ倉庫で『ヨコハマフリューリングスフェスト2018』開催

2018年4月27日(金)~5月6日(日)までの計10日間、横浜赤レンガ倉庫にてドイツの春祭りを再現したイベント『ヨコハマフリューリングスフェスト2018』が開催されます。日本での開催6回目を迎える今年は、横浜港の姉妹都市「ハンブルク港」の市場“フィッシュマルクト”をコンセプトに「シーフード料理」を多数販売するのだとか。横浜港を一望しながら、春の訪れをお祝いしましょう!

このまとめ記事の目次

『ヨコハマフリューリングスフェスト2018』開催

開催期間:2018年4月27日(金)~5月6日(日)

※画像は過去のものです。

ヨコハマフリューリングスフェスト

※画像は過去のものです。

2018年4月27日(金)~5月6日(日)までの計10日間、横浜赤レンガ倉庫にてドイツの春祭りを再現したイベント『ヨコハマフリューリングスフェスト2018』が開催されます。
※画像は過去のものです。

ヨコハマフリューリングスフェスト

※画像は過去のものです。

「フリューリングスフェスト」とはドイツ各地で開催される、春の訪れをお祝いするお祭りのこと。ビール祭りと遊園地がセットになっており、家族やお友達とみんなで楽しめる春の風物詩なんですよ。
※画像は過去のものです。

ヨコハマフリューリングスフェスト

※画像は過去のものです。

日本での開催6回目を迎える今年は、横浜港の姉妹都市「ハンブルク港」の市場“フィッシュマルクト”をコンセプトに「シーフード料理」を多数販売。その他ソーセージなどの定番ドイツ料理や食べ歩きが楽しめるフードメニューも登場します。
※画像は過去のものです。

横浜赤レンガ倉庫

※画像は過去のものです。

また、今年はなんと、2016年まで設置されていた幅30メートルの「ビールカウンター」が復活し、日本初上陸のビールやドイツビールを中心とした様々なビールが楽しめるように。ビール以外にも、見た目が可愛い“シュワポップ”などのノンアルコールドリンクも販売されるので、老若男女が楽しめる充実したラインナップが楽しめます。

※画像はイメージです。

さらに、このイベントの目玉の一つである移動遊園地が昨年に引き続きパワーアップ。今年は、昨年好評だった「メリーゴーランド」などに加え、新たにコーヒーカップが登場!大人も子どもと一緒に乗ることができるアトラクションもあるので、家族で行っても十分楽しめますよ。

※画像はイメージです。

横浜で、春を祝おう!

※画像は過去のものです。

ヨコハマフリューリングスフェスト

※画像は過去のものです。

いかがでしたか?ビールやフードは、横浜港を一望できる赤レンガパークの芝生の上で楽しむのもおすすめ。春の陽気を満喫しながら、素敵なゴールデンウイークを過ごしてみては?

詳細情報

■Yokohama Frühlings Fest 2018(ヨコハマフリューリングスフェスト 2018)
開催期間:2018年4月27日(金)~5月6日(日)
※荒天の場合、中止することがあります。
※アトラクションは天候によって休業する場合があります。
時間:11:00~21:30(飲食のラストオーダーは21:00)
※アトラクション・物販店舗は 11:00~21:00
※2018年4月27日(金)のみ 15:00~21:30(アトラクション・物販店舗は 15:00~21:00)
※一部アトラクション・物販店舗は早く終了する場合があります。
料金:入場無料(飲食代・アトラクション代は別途)
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場・赤レンガパーク
  • 神奈川県横浜市中区新港1-1
  • 045-211-1515 ※1号館 045-227-2002 ※2号館
情報提供元:株式会社 横浜赤レンガ

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する