• はてぶ
  • あとで
黄色に輝く眩しい絶景がここに。関東地方にある“菜の花畑”10選

いよいよやってきた春。春といえばたくさんの花が見頃を迎える季節ですよね。今回は、その中でも黄色に輝く関東の菜の花畑をご紹介します。一面の菜の花畑はきっとあなたの気分を明るくしてくれるはず。ぜひこれを参考に訪れてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 長井海の手公園 ソレイユの丘 / 神奈川

最初にご紹介するのは、「長井海の手公園 ソレイユの丘」です。神奈川にあるこちらの公園は、農作物の収穫や動物とのふれあい体験など、様々な楽しみ方をすることができ、1日使って楽しむことができる公園なんです。
公園に併設されているソレイユの丘は、夏にはひまわり、秋にはコスモスなどと、季節ごとにいろいろな花が見頃を迎える公園です。菜の花の見頃は、12月の下旬から4月の上旬。菜の花畑の奥には富士山がそびえる絶景を見ることができます。

詳細情報

② 浜離宮恩賜公園 / 東京

次にご紹介するのは、「浜離宮恩賜公園」です。こちらの公園は東京のど真ん中、汐留駅から徒歩7分ほどの場所にあります。公園内には豊かな自然が溢れ、まさに、都会のなかのオアシスです。
こちらの公園では、2月上旬から4月の上旬まで菜の花を楽しむことができ、現在見頃を迎えています。長い間菜の花を楽しむことができるようにと段階的に植えられてますが、その多くが開花しているんだそう。その他にもツバキやハクモクレンなども見頃なので、ぜひ見てみてくださいね。

詳細情報

③ 国営ひたち海浜公園 / 茨城

次にご紹介するのは、「国営ひたち海浜公園」です。茨城県にあるこちらの公園は、ネモフィラがとっても有名な公園。コキアやスイセンなど、どの季節に訪れても花を楽しむことができます。
菜の花は、3月の上旬から5月の中旬まで楽しむことができます。一面に広がる菜の花の絶景に感動すること間違いありません。その他にも現在はスイセンやウメなどを楽しむことができます。

詳細情報

④ 葛西臨海公園 / 東京

次にご紹介するのは、「葛西臨海公園」です。東京湾に面しているこちらの公園は有名な観光地の一つですよね。様々なゾーンに分けられていて、水族館や鳥類園などもあります。
こちらの菜の花は3月下旬が見頃とされ、現在美しい菜の花を見ることができます。都内随一の広さを誇る菜の花畑で、圧倒的な景色を見ることができます。観覧車も一緒に見ることができるので、とってもフォトジェニックですよ。

詳細情報

⑤ マザー牧場 / 千葉

次にご紹介するのは、「マザー牧場」です。千葉にあるこちらは、小動物との触れ合いや牛の乳搾り、乗馬などの体験の他、果物狩りを楽しむことができたりと、家族連れ、そして友達どうしなどでも1日中楽しむことができるスポットです。
こちらの菜の花の見頃は、3月上旬~4月中旬までとなっています。「花の大斜面・東」「花の大斜面・西」にたくさんの菜の花が咲き誇ります。菜の花に囲まれた写真を撮ることもできますよ。

詳細情報

⑥ 権現堂公園 / 埼玉

次にご紹介するのは、「権現堂公園」です。埼玉にあるこちらの公園は、桜の名所として知られる桜堤、多目的運動広場、緑が豊かな公園で構成されています。また、春以外の季節にもアジサイや曼珠沙華なども植物を楽しむことができます。
また、本来であれば3月下旬から4月上旬の間「第88回 幸手桜まつり」が開催されますが、近年では新型コロナウイルスの影響により開催が中止となっています。行われる際には桜と菜の花の美しいコントラストが見られるかもしれませんね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cobito_15こびと

このまとめ記事に関して報告する