• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
きらめくタイルに見惚れそう。「多治見市モザイクタイルミュージアム」の魅力

フォトジェニックなアートスポットが増えている現在。岐阜県にもとっても素敵なミュージアムがあるんです。その名も「多治見市モザイクタイルミュージアム」。今までタイルに興味がなかった方でも、その魅力を存分に味わうことができちゃいます。(※掲載されている情報は2018年3月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

フォトジェニックなアートスポット。

フォトジェニック人気が止まらない世の中。素敵な写真を撮影することはおでかけや旅行の際に大切なポイントとなっていますよね。カフェやグルメなど、きっと身の回りにも「フォトジェニック」は溢れているはず。
アートでも、フォトジェニックは重要なポイント。日本にも、ついつい写真に収めたくなるアートスポットがたくさんあるんです。
その一例が、香川県の「直島」です。瀬戸内海に浮かぶ8平方キロメートルの島。岡山県や香川県からフェリーで訪れることができるこちらは、島全体がアートスポットで溢れているんです。

詳細情報

  • 香川県香川郡直島町琴弾地 ベネッセアートサイト直島
  • 087-892-2299

岐阜のフォトジェミュージアム。

このように、全国にフォトジェニックなアートスポットが増えていますが、岐阜県にも今話題のアートミュージアムがあるんです。その名も、「多治見市モザイクタイルアートミュージアム」です。
こちらのミュージアムでは、名前の通り「モザイクタイル」の展示をしています。焼き物が有名な多治見市ですが、こちらのミュージアムが位置する多治見市笠原町では、特に「モザイクタイル」の生産が盛んなんだとか。
なんと言っても、とっても目をひくユニークな外観が目印。世界的に有名な建築家である藤森照信さんが手がけたんだそう。タイルの原料生み出される粘土山をイメージしてこんな形になったんだとか。
壁面に近づいてよく見ると、なんとお茶碗などのかけらが埋め込まれているのがわかります。一つ一つ違う柄のお茶碗なので、ぜひ見てみてくださいね。

きらめくモザイクタイルの芸術。

こちらのスポットの最大の見所は、最上階である4階。半屋外になっていて、空へと向かってタイルのアートが広がります。晴れた日には外からの日光が直接入り込みキラキラとタイルが輝くんです。
また、雨が降っても大丈夫。モザイクタイルは、お風呂の床や壁に使われていることからもわかるように、水に強いんです。雨の日にしか見ることのでいない幻想的な姿を見ることができるはずです。
また、こちらの4階はその他にも様々な展示がされています。すべて藤森照信さんが選んだものなんだとか。部屋全体が白いタイルで埋め尽くされていて、開放感がある空間となっています。
どの作品もとってもおしゃれなのが魅力です。それまでモザイクタイルに興味がなかった方でも、見とれてしまうこと間違いありません。
また、1階では、モザイクタイルを使った作品作りの体験をすることができます。自分の好みのタイルを使ってフォトフレームなどを作ることができちゃうので、ぜひ訪れた記念に、挑戦してみてください。

あなたもモザイクタイルの世界へ!

いかがでしたか。岐阜県のアートスポット「多治見市モザイクタイルミュージアム」をご紹介しました。とってもユニークでおしゃれなので、一度訪れてみる価値ありなスポットです。(※掲載されている情報は2018年3月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

詳細情報

  • 岐阜県多治見市笠松町2082-5
  • 0572-43-5101

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cobito_15こびと

このまとめ記事に関して報告する