• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
大迫力のうずしおから絶品グルメまで!徳島県鳴門市でやりたいこと15選

四国と淡路島をつなぐ大鳴門橋とうずしおで有名な徳島県鳴門市。うずしおや橋と海との対比が美しい絶景の名所から、お遍路で有名な四国八十八霊場の起点、ぜひ立ち寄りたいパワースポット、人気のグルメスポットまで、鳴門でやりたいこと15選を厳選しましたので、鳴門へ旅行される際は是非ご覧ください。

このまとめ記事の目次

1.大鳴門橋でうずしおを見よう

地図で見ると淡路島から四国の入り口、鳴門に架かる大鳴門橋。自動車で通る場合、停車スペースがないので運転者以外になりますが、うずしおを観察することができる定番の「見るべきスポット」になっています。鳴門に上陸前に、まずは雄大な自然の不思議を観察しましょう。観光シーズンには渋滞が幸いして、ゆっくりうずしおを楽しめます。
【名前】大鳴門橋
【住所】兵庫県南あわじ市福良丙から徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦
【TEL】なし
【営業時間】いつでも
【定休日】なし
【所要時間・日数】10分
【やりたいこと】鳴門への入り口でまずはうずしおを見てみよう
  • 兵庫県南あわじ市福良丙947-22
  • 088-687-2166

2.鳴門渦潮ツアーに参加しよう

うずしおを一番間近で体験できるのはやっぱりうずしおクルーズです。淡路島からも、鳴門からもクルーズの船が出ていますので、便利な方をお選びください。ここでは鳴門から出発する鳴門観光汽船を紹介します。大型観潮船「わんだーなると」(定員395名)と、世界初の水中観潮船「アクアエディ」(定員42名)があり、大迫力のうずしおを体験できます。大潮のシーズンは特に渦が大きくなりやすいので是非参加して見るべきです。
【名前】鳴門観光汽船
【住所】鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264番地の1
【TEL】088-687-0101
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】なし
【所要時間・日数】1.5時間
【やりたいこと】大迫力のうずしおを体験しよう
  • 徳島県鳴門市鳴門町

3.徳島県立渦の道の遊歩道から鳴門海峡を満喫しよう

渦の道は、大鳴門橋の車道の下に設置された海の上の遊歩道です。展望室では、海上45メートルのガラス床からうずしおを覗き込むことができる「見るべきポイント」になっています。是非大潮のシーズンは立ち寄りたいですね。450mの遊歩道では雄大な鳴門海峡の景色を左右に眺めながら散歩することが出来ます。船は天気によっては船酔いなどが心配ですので、そういう方に特に人気のスポットです。
【名前】徳島県立渦の道
【住所】徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
【TEL】088-683-6262
【営業時間】9:00~18:00(10月~2月は17:00まで)
【定休日】なし
【所要時間・日数】1時間
【やりたいこと】大迫力のうずしおを体験しよう
  • 大毛島
  • 088-684-1731

4.大塚国際美術館で世界の名画を見よう

ポカリスエットでおなじみの大塚製薬が創立75周年を記念して建てた美術館です。こちらでは陶板(板状の陶器)で質感まで忠実に再現された名画が原寸大で楽しむことが出来ます。館内は写真撮影可で、日本にいながらモナリザ、最後の晩餐などの名作品を堪能することの出来る驚きの美術館です。入場料は高めですが、丸一日楽しめるスポットです。大変広いので、館内地図を持って探索しましょう。
【名前】大塚国際美術館
【住所】徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65−1
【TEL】088-687-3737
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】月曜日(祝日の場合は翌日休)
【所要時間・日数】半日~1日
【やりたいこと】世界の名画を鑑賞しよう
  • 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
  • 0886873737

5.大麻比古(おおあさひこ)神社を参拝する

徳島県で最も格式高い神社です。境内には樹齢1000年を超えるご神木があり、歴史を感じます。四国有数のパワースポットとしても有名な名所ですので是非立ち寄りたいですね。拝殿、本殿の他に、池に映る様子がめがねのように見える「めがね橋」が、さらに進むと第一次世界大戦当時に造られた「ドイツ橋」も見るべきスポットです。
【名前】大麻比古神社
【住所】徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13
【TEL】088-689-1212
【営業時間】6:00~17:00
【定休日】なし
【所要時間・日数】2時間
【やりたいこと】境内のご神木、めがね橋、ドイツ橋を見よう
  • 徳島県鳴門市大麻町板東広塚13
  • 088-689-1212

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

mimi24旅行大好き、美味しいもの大好き、京都在住のmimi24です。子連れで行ける楽しい場所を開拓中です!

このまとめ記事に関して報告する