GWが忙しいあなたでも楽しめる!“日帰りで行く”京都食い倒れ旅行プラン

GWに、なんだかんだお休みがとれないなんて方もいるのではないでしょうか。そこで今回はそんな方でも、日帰りで楽しむ京都食い倒れ旅行プランをご紹介します。ぜひたくさん食べて、京都を満喫してくださいね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【11:00】京都駅に集合!

朝の時間は早すぎず、京都食い倒れ旅行は11:00にスタートします。早速ワクワクの京都旅行が始まりますよ。大きな荷物、駅のロッカーにしまって身軽な格好で、出かけましょう!

【11:30】「和カフェ 季の音(きのね)」へ

まずはじめに向かうのは、京都駅から電車で約15分ほどで行くことのできる「河原町駅」です。ランチにはまだ少し早いので、小腹を満たすためにまずはカフェに向かいます。ご紹介するのは河原町駅から徒歩約2分のところにある「和カフェ 季の音(きのね)」です。

濃茶モンブラン

ここは「濃茶モンブラン」が有名なお店です。京都に来たからには、まずは抹茶スイーツを食べたいですよね。お茶の味がしっかりした甘すぎないスイーツです。抹茶のパフェやあんみつなどの甘味も揃っていますよ。
tabelogで見る

和カフェ 季の音

京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町384くらもとビル4階

3.93 2196
『酒味(趣味)_アライグ(-マ-)グルメ』

『酒味(趣味)_アライグ(-マ-)グルメ』 『訪問』 時期:2023年7-9月(四半期単位) ※全ての記載内容は変更となる場合がございます 『店舗』 店名:季の音/和カフェ季の音 業種:カフェ/スイーツ/かき氷/パフェ/ケーキ/茶 住所:京都市中京区河原町通四条上ル米屋町384番地 建物:くらもとビル4階 最寄:京都河原町/祇園四条 駐車:無 煙草:禁煙 予算:昼-1,499円位 『営業』 月・水〜日:11:30-18:30 ラスト:閉店30分前 定休日:火 『注文』 黒蜜きなこ氷(エスプーマ) 濃茶モンブラン 『感想』 合計:15/25_ 茶がメインのスイーツが盛り沢山 (内訳) 品質:4/5_ 価格:3/5_ 接客:2/5_ 衛生:3/5_ 雰囲:3/5_ 『自身』 酒味(趣味):@t_umaii 資格:調理師/ふぐ処理 経歴:飲食店/食品メーカー (座右の銘) 高くて旨いのは当たり前 接客対応も調味料の一部 衛生面で安心安全な一時 (SNS) Instagram/Google/RETRIP/食べログ/X LINE PLACE/TikTok/Lemon8/Ameba 『検索』 #酒味◯◯◯(地域/業態/食事/etc.) _キ___リ___ト___リ___セ___ン_ #酒味季の音 #酒味3.0 #季の音 #和カフェ季の音 #京都 #京都市中京区 #酒味京都 #酒味京都市中京区 #京都河原町 #祇園四条 #酒味京都河原町 #酒味祇園四条 #スイーツ #カフェ #京都スイーツ #京都カフェ #京都河原町スイーツ #京都河原町カフェ #酒味スイーツ #酒味カフェ #グルメ #食べ歩き #ランチ #京都グルメ #京都河原町グルメ #京都食べ歩き #京都河原町食べ歩き #京都ランチ #京都河原町ランチ _キ___リ___ト___リ___セ___ン_

【13:00】「麺処むらじ」でお昼ご飯

抹茶スイーツをいただいた後は、徒歩で四条河原町の商店街や、錦市場を散策して「麺処むらじ 柳馬場六角」でお昼ご飯をいただきましょう。ここではこだわりのスープを使用したラーメンをいただくことができます。

檸檬ラーメン

ここでは、「檸檬ラーメン」というちょっと変わったラーメンが話題を集めています。このラーメン、濃厚な鶏白湯スープと檸檬の酸味が絶妙にマッチしている逸品なんです。ぜひ他ではなかなか食べることのできないラーメンを堪能してみてくださいね。
tabelogで見る

祇園麺処むらじ

京都府京都市中京区柳馬場通六角下ル井筒屋町404

3.20 19173
祇園の隠れ家的ラーメン屋

祇園にある 祇園麺処 むらじさんへ @kyoto_gion_ramen_muraji 暖簾をくぐり階段を登って2階に上がります テーブル席の真ん中にお花が活けてあり 女性の店主さんならではの気配りが感じられます お店に入る時入り口横に貼ってあった期間限定のメニューが気になって 「九条ねぎの冷やし担々麺」を頂きました 提供を待ってる間にも続々と来客があって賑わっておられますが、ほぼ女性ですね〜 因みにスタッフも女性ばかりでした そうこうしてるうちに着丼です🍜 揚げた九条ねぎと緑の九条ねぎのコントラストが美しいですね〜‼️ ゴマをスリスリして投入し よーく混ぜ混ぜしてからいただきま〜す🙏 もっちりとコシのあるゆるくウェーブした麺 ゴマの風味が加わった 程良い旨辛さを感じるコクのあるタレがええ感じですね〜😍💕💕💕 同行者は「檸檬ラーメン」を ビジュアルはまんま今雪君とこのひやひやレモンですが こちらは鶏白湯スープの上にレモンのスライスが載せられています。 少し頂きましたけど 個人的にですが、温かい濃度のあるスープにレモンはちょっと合わない気がしましたね〜 美味しかったです ご馳走様でした。 @k_kazukun 投稿が参考になったらフォローや保存して下さいね✨ よろしくお願いします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 祇園むらじ 📍京都市東山区清本町373-3 九条ねぎの冷やし担々麺 980円 檸檬ラーメン 1080円 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー #祇園麺処むらじ #祇園 #九条ねぎの冷やし担々麺 #檸檬ラーメン #九条ねぎ #女性店主 #期間限定 #ラーメン #拉麺 #ramen #中華そば #麺リフト #nonoodlenolife #ノーヌードルノーライフ #讃岐うどん今雪 #オマージュ #ひやひやレモンうどん #グルメ #祇園グルメ #祇園ディナー #祇園ラーメン #京都グルメ #京都ディナー #京都ラーメン #関西グルメ #関西ディナー #関西ラーメン #グルメ好きな人と繋がりたい #グルメな人と繋がりたい #ラーメン好きな人と繋がりたい

●数年ぶりの訪店でつけ麺の祇園セットを食べてみたら…

新型コロナ禍前に訪れて以来数年ぶりに麺処むらじを訪問し、つけ麺の祇園セット(税込1780円)を注文しました。 鶏白湯に魚粉を加えたスープは、濃厚でありながらしつこくなく、そのまま最後まで飲めてしまう濃度。一方の麺はスープの濃厚さに負けない存在感があるコシの強い太麺で、その歯応えで「麺を食べている」感覚を十分に味わうことができます。 ただ、後半やはりスープが冷えますね…スープ割がないのは仕方ないですが、スープのリヒートには対応してくれると嬉しいですね。 一方、セットで出てくる「目の前で混ぜる鉄板チャーハン」ですが、少なくとも店員さんは混ぜてくれません。自分で混ぜるのは良いとしても、こちらが麺をすすっているタイミングで溶き卵をかけられて、しかもテーブルの遠いところに置かれたら…こちらが対処する前に卵にだいぶ熱が通ってしまいました。 味は胡椒が効いた醤油味。ライスも型に押し付けられたような感じで出てくるので、パラパラ感はありません。 他に気になったのは、今回は比較的空席が目立つ時間帯に訪店したのですが、厨房からバイトの子たちの世間話がキャーキャー聞こえてきた事です。世間話自体を100%否定はしませんが、もう少し静かにやって欲しかったな… ラーメン・つけ麺のの出来は相変わらずの高品質ですが、接客は以前と比べて残念なレベルになったなぁ…というのが率直な感想です。

【14:00】ランチの後は「前田珈琲 明倫店」へ

檸檬ラーメンを食べてお腹がいっぱいになった後は、10分ほど歩いたところにある閉校した小学校をリノベーションした「前田珈琲 明倫店」に向かいましょう。店内はどこか懐かしさを感じる雰囲気のこちらのお店は京都芸術センターの一角にあります。
こちらのお店では、パフェやランチメニューなど様々なものがいただけますが、なかでも季節によって異なる可愛らしいドリンクが大人気!バタフライピーを使用した色鮮やかなレモネード「アオラニフロート」を楽しむことができますよ。
tabelogで見る

前田珈琲明倫店

京都府京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2京都芸術センター1階

3.50 950

【15:30】フォトジェニックすぎる「八坂庚申堂」へ

食い倒れ旅行ではありますが、ちょっとだけ市内も観光してみましょう。こちらは「前田珈琲 明倫店」から、徒歩とバスで約25分ほど移動したところにある「八坂庚申堂(やさかこうしんどう)」です。バスでの移動もできますが、ゆっくり市内をお散歩しながら歩くのも楽しいですよ。
カラフルな布で作られた「くくり猿」に自分の願いを書き、境内のなかで仏の建物などにくくりつけると、願いが叶うと言われています。カラフルで写真映えすることでも人気のあるスポットです。

【16:30】「ぎおん徳屋」へ休憩に

次は「八坂庚申堂」から徒歩で約10分ほどのところにある「ぎおん徳屋」へ向かいます。食い倒れ旅行ですが、徒歩での移動が多いので、良い運動になりそうですね。こちらでいただくことができるのは、とろとろのわらび餅です。
あまりのとろとろさに、わらび餅の概念がすっかり変わってしまいそうですね。また、お抹茶のくずもちもいただくことができますよ。どれも売り切れ次第終了なので、「八坂庚申堂」からは少し早めに向かうのがおすすめです。
tabelogで見る

ぎおん徳屋

京都府京都市東山区祇園町南側570-127

3.80 40341

【18:00】「京都タワー」へ

ぎおん徳屋で一息ついたら、電車と徒歩で約25分ほど移動して「京都駅」に向かいましょう。京都駅についたらすぐそばにある「京都タワー」に立ち寄ります。ライトアップされている姿や、タワーに登って京都の街を見渡してみるのも楽しいです。
中にはお土産を買うことができるお店も入っているので、旅の最後に、何かお土産を買ってみてはいかがでしょうか。様々な京都のスイーツや、お箸などの京都らしいお土産も買うことができますよ。

GWは日帰りで京都に行こう!

みなさんいかがでしたか。神社仏閣巡りも素敵ですが、ぜひ、グルメにフォーカスして京都を訪れて見てくださいね。ぜひ、おでかけの参考にしてみてくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する