• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
セブ旅行で欠かせない!美しすぎる楽園を巡るアイランドホッピング日帰りプラン

セブを訪れたら絶対にやりたい定番の観光トリップ「アイランドホッピング」。青く透き通った海をバンカーボートで移動し、マクタン島の南に浮かぶ小さな島々を巡ります。魚がたくさんいる海洋保護区でシュノーケリングをしたり、白砂浜でBBQを楽しんだりするセブの1日満喫プランをご紹介します!セブ島よりもっときれいな海を見たい、種類豊富な海洋生物に遭いたいという方におすすめです。(※掲載されている情報は2018年4月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

セブに行ったら欠かせないアイランドホッピング

photo by travelvibes
日本からも近く時差も1時間しかないため、気軽に行ける人気海外旅行先であるフィリピンの「セブ」。南国リゾートの「セブ」といったらやはり最初に思い浮かべるのは真っ青の海ですよね。
日本人観光客の多くが宿泊するリゾートが集結しているマクタン島の海ももちろんきれいなのですが、もう少し沖へ行くと小さな島々があり、そこの海は格別に美しいんです。
日帰りで数か所の美しい離島をボートで巡る”アイランドホッピング”は、セブで人気のマリンアクティビティとなっています。アイランドホッピングの予約は現地でも、日本からでも簡単にできます!セブに行く際はぜひ参考にしてみてくださいね。

【10:00】マクタン島出発

マクタン島の高層ホテルが並ぶ東側の港の桟橋からバンカーボートに乗って出発します。バンカーボートは、フィリピンなどで一般的に使用される小船のことで、船の揺れを軽減するアウトリガーが船の両側についているのが特徴です。
セブの海では、「ニモ」の名称で親しまれているクマノミの遭遇率が非常に高いです。筆者は、これからご紹介するシュノーケリングをした2つの島でどちらも見つけることができました。クマノミといっても”カクレクマノミ”だけでなく、他にも数種類のクマノミがいるので、見つけたらよく観察してみてください。

詳細情報

  • Philippines Mactan Island

【10:30】サンゴの保護区のあるヒルトゥガン島でスノーケリング

透き通るようなセブの海をバンカーボートで30分ほど進むと、「ヒルトゥガン島(Gilutongan Island)」に到着。ビーチが狭いため上陸はせずにバンカーボートから海へ直接飛び込み、ヒルトゥガン島周辺の海洋保護区でスノーケリングを楽しみます。

透明度抜群で珊瑚礁が美しい

ヒルトゥガン島の海はひときわ透明度がよく、珊瑚礁も美しくて最高のスノーケリングポイントです。見渡す限りの珊瑚礁に種類豊富な魚たちが泳いでおり、まるでマーメイドになったような気分。思う存分にスノーケリングを楽しんでください!

詳細情報

  • Gilutongan Island, Philippines

【13:00】カオハガン島でBBQランチ

日本人が経営している島でもある「カオハガン島(Caohagan Island)」。「ヒルトゥガン島」からは15分ほどで到着します。白砂のビーチがあり、真っ青の海を眺めながらお昼を食べてゆったりと休憩するのに最適の島です。
大きなエビや、日本では見たことのない貝などが売られており、食べたいものを指定すると焼いてもらえます。観光客向けの高い価格を設定してくるので、値段交渉も重要です!上手に値段交渉を行えば、日本よりずっと安いお値段でアワビやエビを食べることができるかもしれません。
小さな出店もあり、きれいな貝で作られた小物や可愛らしいアクセサリーが売られています。セブらしいお土産としておすすめです。

詳細情報

  • Caohagan Island, Philippines

【16:00】お魚いっぱいのナルスアン島でシュノーケリング

「カオハガン島」からボートで約10分ほどの島「ナルスアン島(Nalusuan Island)」。長い桟橋があるのが特徴的な島です。また、この島は、遠浅の海に囲まれており、引き潮時にはビーチが出現します。
「ナルスアン島」には、フォトジェニックなスポットがあったりして、アイランドホッピングの観光客で賑わっています。またこの島には宿泊施設もあるので、時間のある方はこの島に一泊するのも良さそうです。
長い桟橋の先の方は、魚の保護区となっており、シュノーケリングにぴったりのスポット。「ヒルトゥガン島」と同様、カラフルな熱帯魚たちに出会えます。特に、桟橋の下には魚の群れがたまっていることが多く、魚に触れてしまいそうなほど近くで泳げることもあります。

詳細情報

  • Nalusuan Island, Cordova, Philippines

アイランドホッピングでセブの海を満喫しよう。

いかがでしたか?セブ旅行の際には、アイランドホッピングをすることをおすすめします!きれいなサンゴ礁に住む魚たちと一緒に泳いだり、心地よい風に吹かれながら美味しい海鮮を堪能できます。格別に美しいセブの海で素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。(※掲載されている情報は2018年4月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する