ランチするならここしかない!吉祥寺っ子オススメの地元で人気な駅近ランチ10選

たくさんの飲食店がひしめく街・吉祥寺。エスニック料理からおしゃれカフェまで、幅広いジャンルの食事を楽しめますが、どこでランチを食べたら良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回はその中でも、吉祥寺っ子から絶大な人気を誇る10店をご紹介します! (※掲載されている情報は2018年4月に更新したものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【エスニック編】

アムリタ食堂/本町(タイ料理)

吉祥寺駅徒歩5分

最初にご紹介するのはアムリタ食堂です。家庭的なタイ料理が食べられるアジアンエスニックのお店です。
平日のランチタイムはサラダとスープとドリンクの有料ブッフェが楽しめます。
テラス席もあるので、緑に囲まれて気持ちよくランチできます。
お子様メニューが豊富に用意されているほか、広々としたソファー席やベビーベッド併設のバスルームなど、小さいお子さんへの気遣いが随所に見受けられ、子供連れでも訪れやすい雰囲気です。

グリーンカレー

また、夕方には1000円以内の定食セットがあり、一人の夜ご飯にもおすすめ。家族連れからお一人様まで、幅広く対応してくれるお店です。

店舗情報

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-12 1F 
営業時間:平日 11:30~15:30 17:00~22:30
     休日 11:30~22:30(日曜・連休最終日は22:00まで)
お問い合わせ:0422-23-1112

pepacafe FOREST/井の頭公園(アジア・エスニック料理)

吉祥寺駅徒歩9分

続いては井の頭公園にあるタイ料理屋さん、pepacafeFOREST(ペパカフェフォレスト)です。
公園の景色を眺めながら食事を楽しめるので、いつもたくさんの人で賑わっています。

鶏挽き肉のタイバジル炒め

ランチは1000~1500円ほど。平日でも開店後すぐ満席になってしまうこともあるので、オープンの15分くらい前から並んで入店することをおすすめします。

バンコク チキンライス

井の頭公園は春の桜、秋の紅葉だけでなく、春夏秋冬どの眺めも美しいので、食事と自然を求めて、何度も足を運びたくなるお店です。

ペット連れの入店もOKなので、散歩の途中に立ち寄れるところもポイントです。

店舗情報

住所:東京都三鷹市井の頭4-1-5 井の頭恩寵公園
営業時間:12:00~22:00 (定休日なし)
予約・お問い合わせ:0422-42-7081

Sajilo Cafe/本町(ネパールカレー)

吉祥寺駅徒歩8分

次にご紹介するのはSajilo Cafe(サジロカフェ)です。
店内はやや小さめで、ランチ時には必ず店の外まで行列ができています。
アンティーク調の外観で、ゆったりと落ち着けるおしゃれなカフェのような内装です。

ランチセット

ランチは1000~1300円ほど。サラダ、ドリンク、ネパールカレー、ナンがセットになっています。
また、卵不使用のアイスクリームのような「クルフィー」というネパールのスイーツもあり、カレーの〆にぴったりです。
カレーは辛すぎず、辛い物が苦手な方でも比較的食べやすいカレーです。
公式Twitterでは、日替わりカレーを毎日更新しているので、訪れる前には是非チェックしてみて下さい。

店舗情報

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-8
営業時間:平日 11:30~15:30 18:00~23:00
     休日 11:30~23:00
お問い合わせ:0422-77-9468
tabelogで見る

Sajilo Cafe 吉祥寺

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-8

3.41 16164

【パスタ編】

スパ吉/ハモニカ横丁(パスタ)

吉祥寺駅徒歩1分

続いては平日でも行列の絶えない人気店・スパ吉です。こちらでは自家製の生パスタを食べることができます。

看板メニューは粉チーズがたっぷりかかった濃厚なミートソースのパスタで、最初に混ぜてから食べるのがスパ吉流の食べ方です。トッピングで納豆、揚げナス、モッツァレラチーズなどを追加するのもおすすめです。

3種のキノコの鶏味噌パスタ

ランチ、ディナーともに1000円前後。活気溢れる店内で、カウンター席もあるため、一人でも入店しやすいお店です。
店の外まで並んでいることが多いですが、回転の良いお店なので、列は思っているよりサクサク進みます。
行列に臆さず、訪れてみて下さい。

店舗情報

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目1−3
営業時間:平日 11:00~16:00 18:00~22:00
     休日 11:00~22:00
     水曜定休
お問い合わせ: 0422-22-2227
tabelogで見る

スパ吉

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-24

3.54 848
ハシヤ系出身ながらも看板メニューは“ミートソース”。独自の進化を遂げたパスタ屋。

読みはスパ吉(すぱきち)。吉祥寺にあるハシヤ出身の店主が営むパスタ屋さん。「生パスタをおいしく、お値打ち価格で提供したい」という想いのもと2004年にハモニカ横丁で創業。2021年にサンロードアーケード商店街に移転。開店当初は珍しかったという『生パスタ』はイタリアから輸入した大型パスタマシンで作る自家製。ハシヤの匂いを感じさせない独自の進化を遂げたお店で、看板メニューはたらこパスタと思いきや、“極旨!ミートソース”。 ◆場所 吉祥寺駅から徒歩6分 ◆営業時間 【ランチ】 11:00 ~ 15:00 【ディナー】17:30〜21:00 ※土曜・日曜・祝日は通し営業 ※日曜営業 ◆定休日 Instagram(@pasta_spakichi)を確認 ◆混雑状況 平日の夜に足を運びました。 5分ほど待ちました。 ◆本日は1番人気の【極旨!ミートソース】(¥1000)+【モッツァレラチーズ】(¥100)を注文。 お店に入店したら券売機で食券を購入し、店内で座って待つ方式だ。ハシヤの出身ということで「たらことイカのパスタでも食べよう」なんて思って来店したところ、たらこ系のメニューは「明太バター 大葉のせ」のみ。よくメニューを見てみるとレギュラーメニュー8種類と“本日の気まぐれパスタ”の提供で他のハシヤ系のお店と比べてメニューがかなり絞られている。 紹介文をじっくり読んでみると“太麺”という文字を発見し、一番太麺に合いそうなお店のイチオシ【極旨!ミートソース】を購入した。1000円という価格なのにサラダも付くそう。 卓上に貼られたおすすめの食べ方を見たところ、「お好みでチーズを購入」と記載があったので伺ってみると100円で粉チーズかモッツァレラチーズを追加できるそう。モッツァレラチーズを追加したところ、粉末状のモッツァレラチーズかかった状態でテーブルに運んでくれた。 「よく混ぜてくださいね」と必ず声を添えられるミートソースは全体を混ぜた後に、さらに上下左右に10回以上混ぜて食べる。麺はラーメンのような中細麺だがリングイネ(平たく、断面が楕円形)なのが特徴。食べてみると、もっちりとした麺の歯応えに、コクうまでビターなミートソースが絶妙な配合で絡み合う。約20時間も煮込んでいるというミートソースは黒色に近い茶色でミートというよりかはラグーンソースやビーフシチューをイメージした方が想像しやすい味だった。 たらこパスタではなく、ミートソースを看板メニューにしているのが納得のお店でした。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する