• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
実は“絶品ランチ”の宝庫!京都「烏丸御池」周辺の絶対外さないお店15選

実は「絶品ランチ」を味わえるお店が軒を連ねている京都・「烏丸御池(からすまおいけ)」。京都の観光中心地である、祇園四条や河原町からも徒歩圏内の位置ですが、人の混雑もそれほどでもなく、意外と穴場エリアなんです。まだまだ人に知られていない隠れた名店から超有名店もたくさんあるので、開拓してみてはいかがでしょうか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.居様/IZAMA

まず、最初にご紹介したいのが「居様/IZAMA(イザマ)」です。町家に暖簾がかかる、京都らしい外観に思わず心踊ります。料理はもちろん、インテリアやロゴデザインなど、徹底的にこだわり洗練された空間のIZAMAで、ランチはいかがでしょうか?
人気ランチは「出汁の効いたおばんざいやオリジナルの薬膳」です。彩り豊かなお料理に、美しい盛り付けと器たち。思わず、見た目だけで大満足してしまいます。オリジナルの薬味と旬の京野菜の組み合わせで、新しい京料理を楽しめます。

詳細情報

  • 京都府京都市中京区新町通六角下ル六角町361
  • 05058906665

2.素夢子 古茶家

今日は身体のリセットデー、なんて日にぜひ訪れて欲しいのが「素夢子古茶屋(ソムシコチャヤ)」です。実・根・花などの、食材を中心とした、薬膳韓国料理を頂けます。掘りごたつの席やテーブル席、テラス席など席数も多く、開放的な店内。お子様連れにもおすすめです。
お店の人気メニューは、旬の素材、京野菜を使った韓国宮中料理を少しずつ盛り合わせた「素夢子御膳」です。1日20食限定の「精進ビビンバ」は、動物性タンパク質不使用、女性を中心に大人気のメニューです。他にも、かぼちゃ粥などの、身体がホッコリするようなお料理が多く用意されています。

詳細情報

  • 京都府京都市中京区烏丸三条西入御倉町73
  • 0752531456

3.喫茶 マドラグ

こちらは、筆者も大好き「喫茶 マドラグ」です。水色の外観が目印。どこか懐かしさが感じられる店内になっています。マドラグといえば「玉子サンドイッチ」が名物。この分厚すぎる玉子サンドを求めて、遠方からわざわざ訪れる人も多いくらいです。
見てくださいこの厚み!パンの間にふわふわのたまごが入っていて、ボリュームもたっぷり。このたまごサンドの人気ゆえ、行列が出来ることも大変多いこのお店。気になる方は、ぜひ早い時間に行ってみてくださいね。

詳細情報

  • 京都府京都市中京区上松屋町706-5
  • 0757440067

4.夢処 漁師めし 雑魚や

続いてご紹介するのは、たっぷりのお魚をリーズナブルに味わえる「夢処 漁師めし 雑魚や」です。一人でサクッとご飯するにも、友人と行くのにも使えるお店です。様々なおかずが盛り付けられた、「雑魚やめし」通称「プレートランチ」は、時間がない時にも助かります。
何を頼むか迷ったときにぜひおすすめなのが、こちらも人気メニューの「夢盤 贅沢めし」です。先ほどのプレートランチに、豪華な漁師めしが付いてきます。この漁師めしには最後、お出汁をかけてお茶漬けに。シメまで楽しむことができる豪華なランチです。

詳細情報

  • 京都府京都市中京区六角通烏丸西入ル骨屋町147番地3
  • 075-221-3358

5.手鞠鮨と日本茶 宗田

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する