• はてぶ
  • あとで
一足先に夏気分!ゴールデンウィークに行きたい沖縄本島のおすすめスポット14選

ゴールデンウィークに沖縄に旅行にいくという方も多いのではないでしょうか?5月は気温も高すぎないので過ごしやすく、一足先に夏休み気分を味わえること間違いなしですよ。今回はGWの沖縄本島のおすすめスポットについてご紹介します。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

GWの沖縄の魅力とは

ゴールデンウィークに沖縄に旅行にいくという方も多いのではないでしょうか?5月の平均気温24度と過ごしやすいです。シーズン本番前といこともあって実は旅行費もそこまで高くはないんです。一足先に夏気分を味わえること間違いなし。今回はGWの沖縄本島のおすすめスポットについてご紹介します。

那覇エリア

① 首里城公園 / 那覇市

最初にご紹介するのは、那覇市(なはし)の「首里城公園」です。沖縄観光で首里城はやはり欠かせないですよね。徐々に一般公開が再開されており、一部の遺構などは現在も見学することができますよ。
公園内は広いので、歩きやすい靴で行くのがベター。沖縄の歴史を肌で感じることができます。疲れたら園内のカフェで一休みすることもできます。暖かくなってくる時期からはアイスクリームが絶品なのでおすすめです。

詳細情報

② 国際通り / 那覇市

続いてご紹介するのは、那覇市(なはし)にある「国際通り」です。こちらも沖縄観光の定番スポットの1つ。通りの両側には多数のお店が並び、食事や休憩、お土産選びなどが一度にできます。
活気にあふれ、歩くだけで沖縄らしさを感じることができますよ。国際通りの中には、沖縄のシンボル「シーサー」の絵付け体験ができるお店もあります。自分だけのシーサーを作って、ぜひ特別なお土産にしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

③ 首里琉染 / 那覇市

続いてご紹介するのは、那覇市にある「首里琉染(しゅりりゅうせん)」で紅型染め(びんがたぞめ)もできるスポットですが、ここでしかできないサンゴ染め体験をすることができるんですよ。沖縄ならではのものづくり体験をしてみませんか?
Tシャツ・風呂敷・トートバック・ハンカチなど様々なグッズを作ることができます。化石になったサンゴを用いながら、自分だけの作品を作っていくのはなんだかワクワクしますよね。ぜひ予約をしてから訪れてみてくださいね。

詳細情報

asoviewで見る

沖縄県那覇市首里山川町1-54

3.62 117

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

北部

④ 沖縄美ら海水族館 / 国頭郡

続いてご紹介するのは「沖縄美ら海水族館」です。屋内施設なので、旅行中に雨が降ってしまっても安心して訪れることができます。家族や友達はもちろん、恋人と訪れるのにもぴったりな沖縄の代表的観光地ですよ。
巨大なジンベイザメが泳いでいる大きな水槽は見ていて圧巻です。世界最大のエイのひとつであるナンヨウマンタもいるので注目してみてくださいね。海を気持ちよくダイビングしているような気分になれること間違いなしです。

詳細情報

⑤ 瀬底ビーチ / 国頭郡

続いてご紹介するのは、国頭郡(くにがみぐん)にある「瀬底(せそこ)ビーチ」です。那覇からいける天然ビーチであるため、大変人気のスポットとなっています。春になると各地で海開きがスタートするので、ビーチにいくのは外せませんね。
真っ白な砂浜と、透明度抜群の海が美しく、これぞ絶景。海が綺麗なだけでなく、シュノーケルなどアクティビティもできるため、綺麗な魚と泳ぐことができますよ。夕日も美しいので、ぜひサンセットを待ってみてください。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する