• はてぶ
  • あとで
暑さ忘れる夏の旅。この夏行きたい日本国内の美しき「緑の避暑地」10選

年々暑さが増してきて、今から夏がくるのが嫌な方はいませんか?毎年、なんとか耐えてきたけれど今年はもう耐えられない、そんな時は思いきって避暑地に行きましょう!今回は日本国内の夏に行きたい「緑の避暑地」をご紹介します。美しい緑の景色に心も身体もリフレッシュできること間違いなしですよ。(掲載されている情報は、2019年7月公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう) / 青森県

まず初めにご紹介する、緑が美しい日本にある避暑地は、青森県にある「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)です。こちらのスポットには、八戸駅からバスで80分ほどで到着します。奥入瀬渓流は、秋田県と青森県にまたがる十和田湖から流れ出る河川です。
色鮮やかな緑の木々に囲まれて絹のように美しい水が流れる姿はまさに絶景。思わず夏の暑さも忘れてしまいそうですよね。夏は緑が美しいですが、秋は紅葉、冬は雪景色といったように季節によって姿を変えるのもまた魅力的。水の流れる音に耳を澄まして、大自然に囲まれたトレッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

青森県十和田市奥入瀬渓流

4.25 341124

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2.西沢渓谷 / 山梨県

つづいてご紹介する緑の避暑地は、山梨県にある「西沢渓谷」です。都内から最短で1時間30分ながら、夏の暑さを忘れられる避暑地となっています。こちらの渓谷には大小さまざまないくつかの滝があります。滝の音を聴いているだけでも涼んできますよね。
美しい緑と、エメラルドグリーンに輝く水の組み合わせはまさに絶景。そんな絶景を見ていると、涼しさを感じるだけでなく、日々の疲れを忘れてリラックスした気持ちにもなれますよ。暑い夏を乗り切るために、こちらの渓谷でマイナスイオンを浴びながら、トレッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

3.霧幻峡(むげんきょう) / 福島県

つづいてご紹介するのは福島県大沼郡にある「霧幻峡」(むげんきょう)です。このあたりは昔から霧が発生しやすく、靄が白く立ち込めています。川霧の中をボートで進む「霧幻峡の渡し」は、遮られた視界の先の異世界へ連れて行ってくれますよ。
川霧が特に発生しやすいのは6月から9月上旬まで。早朝と夕方が特に霧が濃く、幻想的な様子が楽しめます。福島県の6月から9月の平均気温は、20度から25度。夏には毎日30度以上になる東京から、福島に現実逃避旅行をしてみてはいかが?

詳細情報

福島県大沼郡金山町大栗山雨沼2586

3.16 02

4.白神山地 / 青森県

次にご紹介するのは、青森県と秋田県にまたがる「白神山地」です。その豊かな自然から世界自然遺産にも登録されている白神山地は、どこを見ても緑・緑・緑。トレッキングコースもあるので、挑戦して森林浴を楽しんでみてください。
白神山地を訪れたら、十二湖の1つである「青池」は外せません。「ブルーのインクを垂らしたよう」と表現されるこの神秘的な青色は、完全に自然が作り出したものだそうです。青池がもっとも鮮やかな青色になるのは5月から9月頃です。

詳細情報

青森県西津軽郡深浦町松神 青池

3.69 11171

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

5.阿寺渓谷(あてらけいこく) / 長野県

つづいてご紹介するのは長野県木曽郡にある「阿寺渓谷」です。「阿寺ブルー」と称えられる、透明感のあるエメラルドブルーと視界に広がる美しい新緑が人々を魅了します。長野県には軽井沢や上高地など人気の避暑地がたくさんありますが、今年はぜひ阿寺渓谷に足を運んでみてください。
阿寺渓谷を車で40分ほど行ったところにある「柿其渓谷(かきぞれけいこく)」もおすすめです。木曽路には数多くの渓谷がありますが、美しく迫力満点の滝がみられる「柿其渓谷」は、絶景で絶好の避暑地ですよ。

詳細情報

長野県木曽郡南木曽町読書本谷1380-6

- 019

6.美人林 / 新潟県

次にご紹介するのは新潟県十日町市にある「美人林」です。そのしっとりとした佇まいのブナ林から「美人林」と名付けられたそうです。雪解け水とブナが蓄えた水でできた池がうつすブナ林もまたとても美しいですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 新緑が美しい初夏の爽やかな季節がやってきました!若葉の緑が春の日差しに照らされ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する