• はてぶ
  • あとで
良い夏の始まりに!初夏のデートでしたいこと&東京近郊のスポット10選

もう5月も半ばになってきました。暑いけど少し肌寒い初夏は、おでかけにピッタリな時期。いろいろなところへ大好きな人とデートに行きたいですよね。そんな今回は、初夏のデートでしたいことと、東京近郊のおすすめスポットを10個ご紹介します。(掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】花火を見に行く

※画像はイメージです

まず最初にご紹介する初夏にしたいことは、「花を見に行く」ことです。夏デートといったら花火を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。そんな花火を、少し先取りして楽しんじゃいましょう。

東京競馬場/東京都

※画像はイメージです。

おすすめの花火は、2022年7月6日(水)に東京競馬場で開催される「東京SUGOI花火」です。音楽とシンクロするかたちで国内最大級となる1万4千発の花火が打ちあがるイベントとなっています。

※画像はイメージです。

競馬場の空に打ち上げられる大輪の花火と、その花火をもっと盛り上げるパフォーマンスは圧巻の一言。見たことないような迫力ある花火に、感動すること間違いなしです。

詳細情報

東京都府中市日吉町1−1

3.15 124
競馬業界でのさまざまなキャリア

競馬産業は、馬の生産者にとっては利益をもたらす事業であり、観客にとっては偉大なエンターテインメントの源である。そのエキサイティングな世界に、以下のようなプロとして参加することができます。競技場には興奮をもたらしますが、舞台裏のプロの世界は比較的穏やかなものです。ここでは、競馬に関わる仕事の種類を紹介します。 ステーブルハンド 厩務員は馬の世話をする人です。グルーミング、シェルター、看護など、馬が必要とするすべてのことをしなければなりません。馬は厩務員を好きになる傾向がありますが、それは厩務員が常に馬のそばにいてくれるからです。この種の仕事は、日本中央競馬会(JRA)が所有する競馬学校で半年間のトレーニングを受けるだけでよい。また、農家では必要な経験を積むことができ、運が良ければ雇ってもらえるかもしれません。 馬主 馬主は、儲かるとはいえ、難しい職業です。どのレースに参加するか、スキップするかなど、競馬のキャンペーンを管理する仕事です。時には、馬の買い手を決めたり、馬がいつレースから引退するかを決めたりすることもあります。子馬を手に入れて最初に決めることは、調教師を誰にするかということです。 調教師の選択は、その馬の調教成績やチャンピオンの血統かどうかで決まる。オーナーになるためには、馬の世話やビジネスマネジメントの経験が必要ですが、特別な教育は必要ありません。 ブリーダー ブリーディングは繊細な仕事で、馬の生態に関する基本的な教育と、看護師などの牧場業務の経験が必要です。ブリーダーの仕事は、血統と繁殖牝馬を支援し、レース用の理想的な子馬を作ることです。 また、馬にとって安全な手順を確認します。馬の中には交配時に暴れるものもいるため、交配は危険を伴います。交配の手助けをするのもひとつの方法ですが、状況に応じて人工授精を行うこともあります。 騎手 騎手には、馬との息の合わせ方からレース中の判断まで、さまざまなスキルが求められます。多くの勝利は、ジョッキーが馬の勢いや好みの走り方を工夫することで得られる。騎手は、JRAの競馬学校で3年間の研修を受ける必要があります。厩務員の6ヶ月間の教育に比べ、より複雑な筆記と実技のトレーニングが行われます。 馬の獣医師 スポーツ選手が体育館の近くに診療所を設けているように、獣医師もトレーニングやイベントの際には常に待機していなければなりません。厩務員は、傷や病気になった馬を回復させるための看護を行いますが、馬の安全性を確保するのは獣医師です。 厩務員は、馬が産まれてからレースに出るまで、そして馬が病気になるまでの健康診断を行います。獣医師は、他の動物医療学者と同じレベルの教育を受ける必要がありますが、馬の生物学を専門に学ぶ必要もあります。 日本の競馬についてもっと知りたいという方は、https://gamble.jp/ に進んでください。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

小江戸川越花火大会/埼玉県

おすすめの花火2つ目は、埼玉県・川越で2022年8月20日(土)に開催される“第30回小江戸川越花火大会”です。今年は市制施行100周年を記念し、盛大に開催される予定です。小江戸の街が、大輪の花火でいっぱいになります。
花火は何発も打ち上げられ、臨場感抜群でまた来たいと思うこと間違いなしです。とても混雑するので、早めに行くことをおすすめします。

詳細情報

埼玉県川越市伊佐沼

3.55 143

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【2】緑溢れるスポットへ行く

初夏にしたいこと2つ目は、「緑溢れるスポットへ行く」ことです。初夏は、緑がとても綺麗な時ですね。気持ちの良い天気の初夏には、自然が多くあるスポットでリフレッシュしてみるのがおすすめです。

小石川植物園/東京都

おすすめスポットは、東京都・白山にある「小石川植物園」です。入園料は大人500円となっています。東京大学大学院理学系研究科附属の植物園で、日本で最も古い歴史ある植物園なんだそう。
緑の自然豊かで、開放的な気分になりますよね。ここでは、四季折々の自然が堪能でき、春には梅や桜、秋には紅葉、など様々な植物園の雰囲気を楽しめます。ここで手を繋ぎながら、ゆっくり新緑デートを楽しんでみては?

詳細情報

ユーシン渓谷/神奈川県

おすすめスポット2つ目は、神奈川県・玄倉にある「ユーシン渓谷」です。透き通った青い川がとても美しいと大人気の秘境地。このスポットでは、緑の自然が豊かで、目一杯自然浴できますよ。
この美しい川“ユーシンブルー”と呼ばれているんだとか。また、日によって見え方が異なるところもポイント。訪れる時間や時期によって様々な表情が見られるなんて、ワクワクしますね。

詳細情報

【3】美しい花を見に行く

初夏にしたいこと3つ目は、「美しい花を見に行く」ことです。初夏には、様々な花が見頃を迎え、あらゆるスポットがカラフルに染まります。そんなメルヘンなお花スポットで、憧れのデートを楽しみましょう。

横浜イングリッシュガーデン/神奈川県

おすすめスポット1つ目は、神奈川県・横浜市にある「横浜イングリッシュガーデン」です。5月下旬~6月下旬頃まで、バラが見頃になります。赤やピンクなどのバラでいっぱいになる公園は、とても美しいですよ

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • おでかけに最高の季節がやってきました!木々の鮮やかな緑や夏らしい海・空の青さな…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する