水も滴る美しい梅雨の花。6月に行きたい関東の“紫陽花スポット”16選

いよいよ6月、梅雨の時期に入ります。毎日雨が続いて気分も憂鬱になりがちなこの季節。しかし、とっても美しい紫陽花が見頃を迎えます。雨に濡れるほどに美しさを増す紫陽花を見にぜひでかけてみてはいかがでしょうか。関東の紫陽花スポット16選をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

鶴岡八幡宮 / 神奈川

まず初めにご紹介するのは神奈川県にある「鶴岡八幡宮」です。鎌倉観光で人気のこちらのスポット。少し長い階段を上ると、赤く大きな門構えが迎えてくれます。例年、6月上旬から下旬にかけて、色とりどりの紫陽花が浮かぶ紫陽花花手水を見ることができます。
手を洗うために使用されるこちら。水の上に浮かぶ紫陽花は定期的に手入れが行われているので、いつ行っても鮮やかな見た目なんです。白・紫・青など色とりどりの紫陽花が浮かぶこちらは梅雨の時期しか見れない特別なもの。ぜひ足を運んでみてください。

雨引観音 / 茨城

次にご紹介するのは、茨城の「雨引観音(あまびきかんのん)」です。「雨引山楽法寺」とも呼ばれています。安産や子育ての霊場として知られる、関東の中でも指折りのお寺です。6月上旬から7月中旬には美しい紫陽花が咲き誇ります。
階段横の参道にもたくさんの紫陽花が咲いているので、参拝をしながら楽しむことができます。また、こちらのお寺ではなんと孔雀やカモが放し飼いされています。知らずに訪れるとびっくりしてしまうかも。

白山神社 / 東京

次にご紹介するのは、東京都文京区にある「白山神社」です。毎年、約3,000株の多様なあじさいが白山神社から白山公園まで咲き誇ります。別名「あじさい神社」と呼ばれるほど、美しい紫陽花たちに出会うことができますよ。
また、2024年度の開催はまだ未定ですが、紫陽花が見頃を迎える6月中旬には、「文京あじさいまつり」が開催されます。期間中は、歯止祈願が有名な神社であることから、日曜日には、歯ブラシ供養が行われるそうですよ。

日運寺 / 千葉

次にご紹介するのは、千葉の「日運寺」です。お寺の中で見る紫陽花は、やはり他とはわけが違います。風情があり、紫陽花の織り成すなんとも表現しがたい色合いに、目も心も奪われてしまいます。
入口にある手を洗う”手水舎”の水の中には鮮やかな紫陽花が。水の中にあるとまた違った美しさがあります。かなり持ちがいいこちで知られる紫陽花だからこそできる技かもしれませんね。龍のオブジェも素敵です。

太平山神社 / 栃木

続いてご紹介するのは、栃木の「太平山神社(おおひらさんじんじゃ)」です。自然豊かな観光スポットが多い栃木ですが、その中でも有名なこちら。太平山の麓に「太平山あじさい坂」があり、太平山まで続いています。
1000段にも及ぶ参道に、2500株もの色とりどりの紫陽花が咲きます。見頃は6月下旬から7月上旬にかけて。ハイキング感覚で、この時期にしか見られない絶景を楽しむことができます。ちょっと遠出も、いいかもしれませんね。

箱根登山鉄道沿線 / 神奈川

次にご紹介するのは、神奈川の「箱根登山鉄道」沿線です。6月中旬から7月の上旬、箱根湯本駅~強羅駅沿線に美しい紫陽花が咲きます。この時期には、こちらの電車は「あじさい電車」と呼ばれます。
昼間はもちろんのこと、夜もおすすめ。特に「夜のあじさい号」に乗車すればライトアップされたあじさいを、存分に楽しむことができます。いつもは道沿いの紫陽花しか御覧にならない方も、一味違った幻想的な紫陽花に魅了されてしまいますよ。

黒羽城址公園 / 栃木

次にご紹介するのは、栃木県にある「黒羽城址公園(くろばねじょうしこうえん)」です。花の公園として親しまれているこちらの公園では毎年6月の中旬から7月の上旬まで約6,000株の紫陽花が美しく咲き誇ります。
例年「芭蕉の里くろばね 紫陽花まつり」が紫陽花の見頃である6月中旬〜7月上旬にかけて行われます(2024年は未定)。ライトアップされた紫陽花は昼間とは違った雰囲気を纏います。園内にある橋からは堀跡を埋め尽くす紫陽花を見ることができますよ。

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する