• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
移転前に食べ尽くそう!今、絶対に食べたい“築地グルメ”9選

2018年10月11日(木)に、築地市場は豊洲に移転することが決定しています。新しい移転先となる豊洲市場は、築地市場の約2倍の面積なんだとか。昭和から続いてきた歴史ある築地市場を楽しめるのも今のうち!そこで今回は、「今、築地で絶対に食べたい絶品グルメ」を9つご紹介します。(掲載されている情報は2018年5月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

そもそも築地って?

築地市場は、一般客で賑わう「場外」とプロが買い出しに来る「場内」に分かれています。今回移転するのは「場内」市場なので、豊洲移転後も「場外」市場では海鮮をいただくことができます。
競りが行われる場内市場の「卸売上棟」での1日の取引金額は、なんと約20億円にものぼるんだとか!お寿司や定食を提供するお店や調理道具なども扱う物販店まである、世界最大の市場と言われる築地で、絶対にいただきたいグルメをご紹介します。

1.仲家

まずはじめにご紹介するのは、海鮮丼の専門店「仲家」です。こちらのお店は、連日大行列のできるお店で、2時間待ちなんて日もある大人気のお店です。営業時間は5時から14時までで、日曜日が定休日なので気をつけてくださいね。

仲家

中でもおすすめは、10種類の海鮮がふんだんに盛られた「ウニ入り海鮮丼」です。店主の方の実家が場内で仲卸をしているおかげで、新鮮なネタをリーズナブルな値段でいただくことができるんだとか。お味噌汁とお新香もついているのが嬉しいですよね。

詳細情報

  • 東京都中央区築地5-2-1築地市場8号館
  • 0335410211

2.つきじ丼匠

2つ目にご紹介するのは、「つきじ丼匠」です。こちらのお店の営業時間は5時半から14時までです。全部でカウンター13席の小さなお店ですが、気さくな職人さんと会話が倒し目る、和気あいあいとした雰囲気のお店です。
おすすめはこちらの「豪快丼」です。海鮮はその日の仕入れによって変わりますが、ウニやいくらなどの高級ネタもリーズナブルな値段でいただけるので人気です。ほのかにゴマが香る酢飯が、海鮮と特製のお醤油とよく合います。

詳細情報

  • 東京都中央区築地5-2-1築地市場6号館
  • 0335419408

3.大江戸

3つ目にご紹介するのは、「大江戸」です。こちらのお店では旬の海鮮を使用した期間限定の海鮮丼や他にも定番メニューなど、常に60種類以上の海鮮丼をいただけます。営業時間は4時半から14時半までです。
おすすめは「うに入り7点サーモン丼」です。うにとサーモン、さらにカニやエビなど7種類の海鮮がたっぷりと入っていてボリューム満点です。寿司桶型の器に入っている見た目もインパクトがあって、気分も上がりますよね。

詳細情報

  • 東京都中央区築地5-2-1 築地市場 8号館
  • 07053641115

4.丸武

4つ目にご紹介するのは、大正時代創業で80年以上の長い歴史を持つ卵焼き専門店「丸武」です。営業時間は、平日4時〜14時半まで、日曜日は8時から14時までです。毎朝契約農家から直送される卵を使った絶品厚焼き卵を販売しています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する