• はてぶ
  • あとで
ここはまるでギリシャの世界。伊豆下田「Sea Shell」が素敵すぎる

仲の良い友達との旅行やカップルで旅行を考えているあなた。静岡県の伊豆下田にある異国情緒溢れるホテルはいかがですか?ただ可愛いだけでなく、すぐ近くが海というロケーションや海の幸を使ったお料理など、魅力が満載ですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

伊豆白浜のホテル「Sea Shell」

今回ご紹介していくのは、静岡県の伊豆下田に佇むホテル「Sea Shell(シーシェル)」。ここは東京から2時間で行けちゃうリゾート。そんなに遠出はできないけど、リゾート気分を味わいたい!なんて思っている方に特におすすめですよ。
白浜海岸まで徒歩5分という最高のロケーションも魅力的ですよね。無料駐車場を併設しているため、駐車にも困ることなく海に出かけることができます。下田駅まで車で10分ほどで行くことができ、電車の場合は「伊豆急下田駅」より板戸行バスに乗車し約20分、白浜神社下車徒歩5分です。

異国情緒溢れる“癒しの空間”

サントリーニ島やシチリア島をモチーフにした異国情緒溢れるつくりがとっても可愛らしいこちらのホテル。いたるところに青色や水色をしたタイルなどを見ることができ、真っ白な壁によく映えますね。
ホテルには、充実した滞在を過ごすための設備がたくさん!屋外にはミニプールがついていたり、海を眺めながら食事できるダイニングレストラン、海外リゾートにでもいるような感覚になるお洒落なバーもありますよ。夜はここでゆっくりカクテルを飲みたいですね。

デザインの異なるお部屋が可愛い!

2020年に新設されたスイートコテージや大型スイートルームも含め、全室オーシャンビューで、お部屋から美しい景色を望めるのが嬉しいポイント。こちらはギリシャのサントリーニ島をモチーフとした特別室で、50平米の広々としたスイートルームとなっています。
夏は窓を全開にして、海が一望できる半露天温泉風呂もついています。大型ソファもついてゆったりとくつろげるお部屋は白いインテリアに青色のクッションや床が可愛らしく、どこもかしこも写真を撮りたくなってしまいます。
こちらはイタリアのシチリア島をモチーフとした滞在型の特別室で、白とエメラルドグリーンを基調としたお部屋がより一層落ち着いた雰囲気に。インパクトある大きなソファやミニキッチン、洗濯乾燥機も完備しているので長期滞在をしたい方に特におすすめのお部屋です。
こちらは船の中を意識した漆喰の塗り壁が印象的なお部屋。船ならではの“舵”をモチーフにした時計など細部にもこだわりを感じられますね。この客室の魅力はプライベートテラスがついていて、そこに露天風呂とサマーベッド2台が設置されているんです。ゆったり滞在を満喫できそうですね。

ホテル自慢の美しいお料理

ディナーは海の幸、山の幸のBBQをオープンデッキでいただくコースの他に、和洋折衷のフルコースをムード溢れるダイニングでいただくコースなどもあります。朝獲れ地魚に新鮮野菜をふんだんに使ったホテル自慢のお料理はどれも美しく、絶品です。
新鮮な地魚をお刺身でいただけるのもこの土地ならではですよね。この他にも魚介のブイヤベース鍋や和牛のステーキなど充実したお料理を堪能することができますよ。ぜひ滞在に
あったお食事のプランを選んでみてくださいね。
一泊朝食付きのプランもおすすめ。新鮮野菜を使ったサラダにオムレツや香ばしく焼かれたベーコン、スープにパンなど盛りだくさんの洋朝食を。そして新鮮な魚と野菜を使った和食も用意されています。ロケーションも最高なので気持ちの良い朝食タイムを過ごせそう。

伊豆白浜へ行く際は「Sea Shell」へ

伊豆白浜のホテル「Sea Shell」をご紹介しました。いかがでしたか?すぐ近くに海を望む最高のロケーションと異国情緒溢れる素敵なお部屋が魅力的ですよね。ぜひ参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

詳細情報

bookingで見る

静岡県下田市白浜1755

3.29 1201

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する