雨降る季節、鎌倉日和。水に濡れても美しい“鎌倉の紫陽花スポット”11選

いよいよやってくる雨の季節。ちょっぴり憂鬱な時季ですが、雨が降っても楽しめる梅雨の絶景を見に出かけませんか。おすすめなのが、たくさんの紫陽花の名所が集まる鎌倉です。紫陽花が美しい鎌倉のスポット12選をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

明月院

「明月院」です。関東で紫陽花といえば、こちらを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。青で統一された明月院ブルーのしとやかな美しい紫陽花を見ることができます。見頃は6月上旬から下旬にかけてです。
あまりにも有名なこちら、「あじさい寺」とも呼ばれている、梅雨の時期にぜひとも訪れたいスポットです。また、優しい表情の「花想い地蔵」も、この時期には紫陽花を抱えるそう。今の時期にしか見られない特別な明月院へ訪れてみてはいかがでしょうか。

明月院

神奈川県鎌倉市山ノ内189

3.12 813807

一条恵観山荘

ご紹介するのは、「一条恵観山荘」です。寛永文化を鎌倉に移転した山荘となっており、2017年にオープンしました。ここでは、季節の花を楽しむことができ、梅雨の季節は、山アジサイを鑑賞することができます。
特に、定期的に入れ替わる花手水が魅力的で、紫陽花の花手水はフォトジェニックも間違いなしです。また、「一条恵観山荘」は、紅葉の季節も美しく、人気のスポットとなっています。山アジサイの見頃は、例年5月下旬から6月下旬です。

長谷寺

ご紹介するのは、「長谷寺」です。一年を通して、鎌倉の観光スポットとして有名ですが、特に紫陽花の見頃の時期には人気のスポットとなります。ここではブルーや紫、ピンクなどの色とりどりの紫陽花を楽しむことができちゃいます。
例年、紫陽花が見頃の時期になるとお寺の一番奥、眺望散策路が開放され、紫陽花を鑑賞できるようになります。ここからは由比ヶ浜の海も臨め、最高の眺めを見ることができます。五分咲きから見頃の最盛期を迎えるまでの期間は、拝観券のほかに「あじさい鑑賞券」の購入が必要です。詳しくは、公式ホームページをご確認ください。

光則寺

ご紹介するのは、「光則寺」です。鎌倉の大仏と長谷寺の間に位置するこちら、鎌倉幕府の御家人でありこの寺を立てた宿屋光則の墓や、彼が日蓮宗の弟子らを幽閉したと言われている土牢も残っています。
「花の寺」とも呼ばれていて、季節に合わせて様々な花を見ることができるお寺なんです。梅雨の時期には紫陽花が美しく咲きます。中でも注目なのが、「ヤマアジサイ」。少し小さめで、凛とした雰囲気が美しい花です。見頃は、例年5月中旬から6月上旬となっています。

稲村ヶ崎公園

ご紹介するのは、「稲村ヶ崎公園」です。江ノ電稲村ヶ崎駅からすぐの場所にある、目の前に海を望むことができるとっても気持ちの良い公園です。海の香りをほんのり漂わせる紫陽花の道で散策すると日頃の疲れをリフレッシュできますよ。
こちらでも梅雨の時期には紫陽花が咲きます。潮風と紫陽花って相性抜群ですよね。芝生の広場でも美しい紫陽花を見ることができますが、おすすめは展望台付近。展望台に至るまでの階段などに、溢れんばかりの紫陽花が咲き誇ります。見頃は6月上旬から中旬です。

鎌倉宮

ご紹介するのは、「鎌倉宮」です。醍醐天皇の御子を祀る神社であり、天皇自らが建てた神社です。親王が幽閉されていた土牢もなお残っていて、独特な雰囲気のある神社です。ここでは、淡いブルーの紫陽花を楽しむことができます。
鎌倉宮がもっとも魅力的なのが、紫陽花の季節。繊細で凛としたヤマアジサイを見ることができます。樹齢100年以上の大木によって、こちらの神社はあまり光が差し込みません。そんな環境がヤマアジサイにとって最適なんだそう。見頃は6月上旬から中旬です。

円覚寺

ご紹介するのは、「円覚寺」です。北鎌倉駅を降りてすぐ、鎌倉最大級であり、鎌倉を代表するお寺です。梅雨の時期は、1年の中で一番円覚寺が華やぐ季節と言っても過言ではありません。紫や白のタマアジサイを楽しむことができますよ。
広い境内のあちらこちらで美しく色とりどりの紫陽花を見ることができます。のんびりと散策しながら、歴史ある刹那と紫陽花を一緒に楽しみましょう。お寺には小休憩ができるお茶屋さんなどもあるので、のんびりしたい人におすすめ。見頃は、6月初旬から6月下旬です。

円覚寺

神奈川県鎌倉市山ノ内409

3.09 161043

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 梅雨の時期の風物詩と言えば、紫陽花ですよね。色とりどりの紫陽花が咲き誇る風景は…

  • 『次のおでかけはどこにしよう。』そんなときはドライブもよし、江ノ電に揺られて行…

  • 梅雨の風物詩『あじさい』。あじさいを見ずして梅雨を終えてしまうのは勿体ないです…

  • 雨の滴る休日。傘の下で哀愁漂う君の背中はいつもよりも愛おしい。一つ傘の下に二人…

  • 気づけば6月。2018年ももう半分が終わってしまいますね。6月は雨が多くてジメ…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する