• はてぶ
  • あとで
今夜は京都で酔いしれる。ビールをお洒落に楽しみたい貴方に捧ぐ7店

日本古来の風景を今でも楽しめる京都。しかし、そんな京都も最近は「クラフトビール専門店」という新ジャンルのお店が続々と増えてきているということをご存知でしたか?個性が光るお店がたくさん並びます。これで、あなたもビールの魅力に再度気づかされるはず。(掲載されている情報は2018年8月に更新したものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. BUNGALOW(バンガロー) / 大宮

素敵な雰囲気がプンプンと伝わってくる「BUNGALOW」は、筆者も大好きなお店の1つ!クラフトビールとナチュラルワインを取り扱うお店です。1階はオープンテラスなので、これからの時季には最高なシチュエーション。2階は広々とした空間が広がり、ゆっくりしたい人はそこもおすすめ。
こちらでは、常時10種類のクラフトビールをタップで楽しめます。サイズで均一料金なのが嬉しいポイント。全国のクラフトビールを幅広く揃えているので、クラフトビールで日本旅行を楽しめますよ。
カジュアルに楽しめる上に、ビールに合うアテまでもが最高に美味しいんです。あれもこれもおすすめしたいのですが、中でもこちらの「ポテサラ」は濃厚でたまりません。厚切りベーコンが良い仕事をしてくれてます。

詳細情報

2.CRAFTMAN(クラフトマン) / 四条烏丸

25種のタップが並ぶ光景は圧巻です。先ほどの「BUNGALOW」を仲間と楽しむ場所として使うなら、こちら「CRAFTMAN」はディナー後の余韻を楽しむ時間として、立ち寄るときに使うのも良いかもしれません。
海外のビールやビールの苦いという概念を覆されるフルーツビールなど、多くの種類が並ぶので銘柄を見ているだけでも楽しくなってしまいます。1階はスタンディング、2階はテーブル。3階はビアバーには珍しい半個室の空間が広がり、お洒落に楽しむ雰囲気は完璧です。

詳細情報

京都府京都市下京区二帖半敷町643-1

3.04 03

3. ICHI-YA / 河原町

京都のクラフトビール醸造所である「一乗寺ブリュワリー」プロデュースのお店がこちらの「ICHI-YA」です。一乗寺ブリュワリー以外にも、国内のクラフトビールを常時10種類揃えています。1000円で楽しめる3種の飲み比べセットは、迷ってしまう人にぜひおすすめ。
ビアバーにも関わらず、こちらでは“京都らしさ”をお料理で味わえます。燻製の盛り合わせや、おばんざい。中でも人気なのは「豆乳白味噌おでん」です。しっかりお出汁が効きつつ、優しい味わいに国籍問わず大人気メニュー!

詳細情報

4.BEER STAND BONSAI(ビア スタンド ボンサイ) / 伏見桃山

こちらの「BEERSTAND BONSAI」は、2018年1月15日(月)にオープンしたばかりのニューフェイス。1階の注文カウンターでそれぞれのビールの特徴を聞いて決めたら、2〜3階に上がりましょう。ちょっぴり急で、ちょっぴり幅狭な階段は、なんだかノスタルジック。
店名の通り、お店の至るところに盆栽を見つけることができますよ。本物の盆栽が置いてあったり、プラカップに描かれたイラストは盆栽だったり。ビールとの相性間違いなしの唐揚げとフィッシュ&チップスが置いてるあたり、憎いです。
とってもこじんまりとしたお店ですが、その“こじんまりさ”が良いんです。2階のスタンディング席を抜けて、3階に到着するとそこに広がるのは、まさかの畳席!美味しいビール飲んで、ほろ酔い気分で畳にゴロン。最高以外に言葉が見つからない。まるで自宅のような、これが究極の空間。

詳細情報

京都府京都市伏見区両替町4-294-3

写真を投稿する
3.06 00

5.BEFORE9(ビフォア ナイン) / 烏丸御池

日差しの入り方までも計算したのかなと思わせされるくらいに、装飾と影の関係が素敵なこちらは「BEFORE9」です。木の温もりを感じられる店内に、なんだかほっこり。居心地が良くて、ついつい長居したくなってしまいます。
BEFORE9の特徴は、クラフトビールだけでなく日本酒も飲み比べできること。「日本のクラフト酒を伝えること」をモットーに、このお店はあります。ビールも日本酒も造り手さんがいることに違いはないですからね。そんな熱意も素敵なお店で、乾杯するのも素敵では?

詳細情報

6.麦潤 / 京都市役所前

お洒落だけじゃなくて、ちょっぴり大人な雰囲気も欲しいときには「麦潤」は、いかがでしょうか?初めての人は入るのに少し緊張するような佇まいですが、ぜひその扉を開けてみてください。ビールを楽しむ空間は、まさにここ。
クラフトビールのチョイスも他店では見られないものばかり。ここなら、ビールとチョコの組み合わせも。美味しく味わうだけでなく、クラフトビールに対する価値観がここに来るとまた変わって来るかも。それは、クラフトビールをこよなく愛する店主さんがいるから。

詳細情報

京都府京都市中京区六角通富小路大黒町77 河村ビル2階

3.06 03

7.SPRING VALLEY BREWERY(スプリング バレー ブルワリー) / 河原町

京都の台所・錦市場の近くにある「SPRING VALLEY BREWERY」。築100年の町屋をリノベーションして作られていて、京都を感じさせる雰囲気に。京都でしか味わえない限定ビールをはじめ、“和クラフト”料理も楽しめます。
6種のビールに合わせたおばんざいが並ぶ「ペアリングセット」で、視覚からも大満足に。そして、なんと昼の11時からオープン。ということは…「昼飲み」できちゃいます。暑い昼下がり、キンキンに冷えたビールで乾いたノドを潤すなんて最高に贅沢。

詳細情報

京都のクラフトビールに、酔いしれる。

京都で酔いしれる夜も最高ですよ。老舗のクラフトビアバーも点々とあり、最近では続々とクラフトビール専門店が増えている京都。造り手の顔が見えるお店もあれば、ビールへの愛が深い店主さんたちがいるお店も。ぜひ、お気に入りのお店を発掘してくださいね。(掲載されている情報は2018年8月に更新したものです。必ず事前にお調べください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する